グレーは淡青 hellblau
FC2ブログ

グレーは淡青 hellblau

 
14
 
今回の帰国はお水取りと桜見を楽しみにしていて、もう充分堪能しました

はよ帰らんとハンブルクの家の庭の八重桜が見れんわー





最初の桜は大和文華館の前庭のしだれ桜、まだ五分咲きでしたが見事でした








金魚の展覧会はキレイでしたよ~

佐保川沿いの桜の満開の様子は前にUPしました







そして吉野の山桜、残念ながらお天気がイマイチで

やはり観光客が多く近場の桜見で満足やわ~






日本に来た時はお雛様が飾られていたのですが、今は五月人形が飾られていて

すでにVin坊には人形セット、鯉のぼり、着る物は送ったのですが

兜を作ったので、頼まれた絵本とまた送ってあげまひょ









いつも応援ありがとう !
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
11
 




8年と1ヶ月が経ちました









日本のメディアの長々と事細やかに

あやごを諭すかのようなお天気予報

傘を忘れませんようにー、とか

花粉症の人はマスクをつけるなどして
お気を付けてください!、とか

黄砂が飛んできてる(中国からだと~、アホはよし子さんだねっ)
ので洗濯物など外へ干されない方がいい!



もうほっといてんか!、怒るでぇー






あぁそれなのに、莫大な予算で設置していて今なお稼働してるはずのあの放射能測定器での測定値をまず1番にお天気予報で教えてほしいわ

放射能値が今日はちと高いので花見に行くのよしとこ~、とか思えるし、雨に打たれようが、花粉症で鼻ズルズルしようが(鼻早よかまんかい!)、 黄砂で洗濯物黄色くなろうが(そんなもん洗い直したらいいやん)

これからも起こる可能性大の原発事故の被害に比べるとそんなもんだわぁ〜



原子力発電政策が国の防衛(戦闘かもねっ)政策と深く関わっていることが よ~く解るんだわ、原発反対日本人が多くなっても(多くはなってないのかもねっ)原発廃止へはならないこの日本という国

あれだけの大事故を起こしておきながら、知らぬ存ぜぬ、広島、長崎を決して忘れませんと言いながら巧妙に忘れることを選んでいる日本人はずるい国民かもねっ








佐保川沿いの桜





いつも応援ありがとう !
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
05
 

たしか志賀直哉氏だったかしら

「奈良にはうまいもんなし!」

って言い切っておったんわ?

今は全くもって違いまっせ

「奈良にうまいもんあり!」

それもピンからキリまで美味しいんやわ~

ピンとキリ、どっちがどうなんか急にあやふやになってもたヘルヘロ??

ピンが最高級なもんだとの解釈なんで、ついてきてやー






このお家の前を通るたび 「なに屋さんなんやろー?」

看板達筆で読めへんわー、汗

近くの香り高いCafeのマスターが言うには

「そこ予約が取れへん和食屋でっせ、ミッシェランの星ももらってるしー」


いつの日かここで食してみたいと想うのでした


今回の滞在中は無理だと諦めていたところ

キャンセルがあり予約がとれましたので

お一人様の優雅な昼餉を頂きました



















ごちそうさまでした

明日から節食、節約に努めます

誰のこと〜?




いつも応援ありがとう !
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

関連記事
 
04
 
令和、 なんだかねぇ~

和令、の方が言いやすいんちゃう

使用を強制しなければええんやけど

西暦つこうたらあかん!、とかならんといてやー





奈良の綺麗どころを観てきました



海龍王寺の十一面観音像(光明皇后だと言われてる)






閑静なお住まいにいらっしゃいました

残念ながら写真は撮れません

でも側のお堂内の最古の五重塔をご覧ください












広島はやっぱりいいわー

「カモメのばぁばぁ」の愛犬アトム(8才、もうオッサン犬です)

fc2blog_20190404193219b41.jpg





デモクラTVでよく流暢な日本語で時事批評していたアーサー ビラードさんの

トークイベントがあり、間近かにみたよー、広島在住やて〜



広島城公園でのたまごっちイベントは楽しかったわ〜










いつも応援ありがとう !
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ



関連記事
 
26
 
ひとつの夢を諦め、求めたのは自分のための空間、比較はできないのですが決して豪華ではありません、気に入った場所で気に入った物に囲まれ、気軽に日本へ帰ってこれ、家族に頻繁に利用してもらえればいいんです

扉を叩くものには門戸を開いて、質素ですがあたたかな心で歓迎します

奈良には祭りが多いのもいいですよ~、

23、24日に開催された氷室神社のかき氷祭りとかねっ






桜はまだ蕾ですが木蓮の花がきれいで狛犬くんが愛らしいんだわ~、

ここのおみくじは氷につけて運がわかるんだわ~、おもろいわー








さて貴方の好奇心をちと刺激してみるぅ~、

スルーするのがええ人もいるんちゃう、ええねんよ~




fc2blog_201903260757152fc.jpg
狭い居間


どうにか二つ布団が敷ける客間


北向きの静かな私間


すべてリフォームした台所


洗面台だけ新しくしました




こうしてみると広そうやけど50平方メートル弱しかありまへん、広いとお掃除たいへんやし

あっそうだ、お掃除くんがいますねんよ!?、動いてるとペットみたいで

「あっ、そこもうしたでぇ~、あっちしてんか!」とか話しかけていますねんよ~笑






奈良は骨董店も多くそぞろ歩きに入っては見せてもらい

店員さんとお喋りをしてるうちになにやら買わねばという風になってまうんですわ~

実家にあった茶器セットを姉に譲って貰ったのにこの虫の文様に魅せられ買って小卓袱台にしたり






奈良の一刀彫のウサギを抱いた童女




吉野杉のテッシュ箱、干支の猪、おまけに福寿草





まだまだあるんやけど第1章はこのへんでぇ~、


次回はちと学んだことを掻い摘んでお話しさせてもらいませうか、まぁ眠気がおそってくるようなもう退屈であかん!というようなことになりかねませんが、なんや感や言うてもすべて自己責任やし生きてるうちが華やし、好きなようにブログ書かせてもらいますぅ~、ことわることもあらへんなぁー






いつも応援ありがとう !
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
25
 








ならまちで覗いた骨董屋さんでヘルを待っていたかのようなこの奈良一刀彫りの

うさぎを抱いた童女、残念ながら背後の帯の辺から木が割れているんやけど

前面を見てる分にはわかりまへん




下は古い箱入りの4段重箱が別の骨董店で売られていました、ちょうどTV台を探していて

これだー!って閃いたんよ、、ええやろー!












奈良県立美術館では久し振りに見応えがある肉筆の浮世絵を鑑賞しました

版画でしか見たことがない浮世絵作家の美人画は一つ一つの筆さばきが

じっくりと観ることができ、65歳以上は無料でしたのでお財布にも優しい

展覧会でした。(因みに外国人観光客も無料)

そこでみたのが森徹山の美人画、その徹山の銘と印が家にある猿の掛け軸

のと同じですねんよー、そやけど、うちのは雑やし同じ徹山にはみえへんわ〜






いつも応援ありがとう !
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
16
 

60から70kgの重さの松明が運ばれ、並べられていました



午後2時ごろに今夜の下見に二月堂へ行く途中で講社の親切なおじさんに声をかけられ

二月堂下柵内への入場リボンを手に入れることができラッキーでした

一旦家に帰り、軽い夕食をしてから5時半ごろに出かけたのです



待つこと2時間余、一番めの松明が階段を上がり舞台へ、

今回はカメラを持って来てなくスマホの写真なのでちと残念やわ~











舞台の左端で回し、中央で回し、そして右へ疾り、右端で高々と回すのです

その度に火の粉が闇夜に舞う様子はやはり圧巻やったわ~



11本の松明に火をつけた焚き木

fc2blog_201903132053503c7.jpg


内陣拝観した後に舞台の上から奈良市内を見渡し、祭りの後の寂しさを感じました

fc2blog_20190313205316bb1.jpg







厄除けになるというので松明の燃えかすを貰って来たのですが

焦げ匂いが部屋に充満して、御利益がありそうやわ~


















翌朝、飛火野でのホルンの音での鹿寄せを見学したのでした







梅が今が盛りに咲いています、ひとつの枝に紅白の梅の花が咲く源平梅もありました





最後は温かいお善哉でほっこりと暖まり、奈良の冬の風物詩を堪能したのでした






いつも応援ありがとう !
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

関連記事
 
11
 


8年が経ちました







東京オリンピック土木工事へ作業員がドーッと 流れていて

ただでさえ不足している原発事故処理作業員の確保が難しいんやて、

(そんなんわかっていたことやん、罪人な都知事たちめー)

研修という名目で日本に来てるアジアの若者を作業員として使ってるんだとぉー、





戦争の最高責任者で今だに責任をとってない天皇家の代が変わるからといって

なんも騒ぐことはないし、いい加減面倒な元号やめてほしいもんだわ〜

押し付けのお祝い事はもうやめてんかー!

















修二会(しゅにえ)お水取りの時期に奈良へ戻っております青衣の女人でござりー、ハァ〜?

3月1日から14日まで毎晩松明の様々な行事があり、最大の12日の夜のために

今日はお天気も良く遊びに来た友人と一緒に下見に行って来ました









さて今日のお題目は、死への手助けと書いていたのを書き直しました

ともすれば罪になりかねないのですが、人が生まれてくる時に手助けする

産婆のような存在が死に向かう者にもあれば、それは死への道しるべと

なるのでは、そしてそれは死者の救いになるかもしれない。。。


朧夜にうつうつと想い巡らすばかりですが、今度お坊さんとの茶論に参加するので

知恵を窺ってみまひょ、期待せんと待っててや〜






話は最近ヘルも参加してるシニアブログで知ったんですが



ガンを宣告され手術をして、その後の余命治療を自己判断した患者が治療が

必要になった時すぐに入院させてくれない日本の医療機関に憤り感じる

いや怒りを覚えます。 看取られていく場所がない、なんとゆとりがない日本社会だろう







身体がよう動けん、痛みもある

もうすぐ死ぬんだろうか

そやけど心臓動いとる、息もしとる




人間細胞でできとる、息吸い込んで

酸素送り込むだけでいいんやでぇ〜

そんなもん簡単やん

なんでぇ できなくなるんやろー

悔しいなー、ほんま悔しいでー





I have a dream

人間が人間らしく生きて死ねる社会








いつも応援ありがとう !
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ



関連記事
 
22
 






ウィーンはいたるところにCafeがあり、コーヒーを注文すると水が付いてくるのがとてもいい習慣やと思うています、そやけど最近ウィーンのコーヒーが不味くなったと評判のようです。上の写真は有名Cafeじゃないけど娘の所の近くだけでも数軒はすぐにみつかるんよ~








そしてMuseumも数多く、今回は美術史美術館でWes Anderson監督(「The Grand Budapest Hotel」の監督)の収集展覧会が開催中で孫ちゃんも一緒に行ってきました。














お雛様のようなお顔だこと。。。


Museumの後はいつもウィーンに行くと歩いていける和食屋「めっちゃまっちゃ」で幕の内弁当を食べ、今日は苺大福もいただきました、お薦めですよ〜


いつも応援ありがとう !

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
17
 





先に↓この二つの記事を読んでいただければヘルの言う恐さ
怖さ、こわさがよくわかりますよー!




天邪鬼でええねん「あり得ない額」があり得てしまう…


グレーは淡青「もうすでに憲法改正(悪)に向け…




外務省のお偉いさんが安倍政権に忖度して、大学の同期(きっと東大やわ~)が経営する広告会社(きっと電通やわ~)に儲け話がすでに通じていて、海外在住の選挙民はどうせ問題にはしないであろうと早目に作成されたのが↓このチラシ












もうすでに広報活動が始まっています、この偏執安倍政権は何がなんでも気にくわない隣国(アメリカになるかも、)に戦いを挑んでいくかのようです。先の戦争時の日本人より、今の私たちが平和を望む日本人だとは決して思えなく、対外にもそうは見えなく、さらに酷くなるような気がします





気向くまま 舵とる先の 眩しさよ 淡青













次回の更新は音楽の都ウィーンからやわ~、?







いつも応援ありがとう !
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ



関連記事

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール




 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去記事(ログ)スクロール

2019/09 (3)

2019/08 (4)

2019/07 (4)

2019/06 (4)

2019/05 (3)

2019/04 (6)

2019/03 (4)

2019/02 (4)

2019/01 (5)

2018/12 (6)

2018/11 (4)

2018/10 (4)

2018/09 (5)

2018/08 (5)

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (4)

2018/04 (3)

2018/03 (7)

2018/02 (6)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (2)

2017/10 (4)

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (8)

2017/06 (6)

2017/05 (9)

2017/04 (6)

2017/03 (5)

2017/02 (6)

2017/01 (5)

2016/12 (10)

2016/11 (5)

2016/10 (4)

2016/09 (5)

2016/08 (8)

2016/07 (8)

2016/06 (8)

2016/05 (8)

2016/04 (7)

2016/03 (6)

2016/02 (10)

2016/01 (8)

2015/12 (8)

2015/11 (6)

2015/10 (6)

2015/09 (10)

2015/08 (14)

2015/07 (20)

2015/06 (12)

2015/05 (12)

2015/04 (13)

2015/03 (11)

2015/02 (10)

2015/01 (14)

2014/12 (14)

2014/11 (12)

2014/10 (11)

2014/09 (12)

2014/08 (15)

2014/07 (14)

2014/06 (11)

2014/05 (14)

2014/04 (12)

2014/03 (12)

2014/02 (13)

2014/01 (12)

2013/12 (15)

2013/11 (11)

2013/10 (14)

2013/09 (14)

2013/08 (10)

2013/07 (20)

2013/06 (14)

2013/05 (14)

2013/04 (15)

2013/03 (12)

2013/02 (13)

2013/01 (17)

2012/12 (20)

2012/11 (15)

2012/10 (15)

2012/09 (16)

2012/08 (15)

2012/07 (17)

2012/06 (15)

2012/05 (19)

2012/04 (17)

2012/03 (16)

2012/02 (19)

2012/01 (16)

2011/12 (17)

2011/11 (17)

2011/10 (20)

2011/09 (14)

2011/08 (19)

2011/07 (29)

2011/06 (19)

2011/05 (15)

2011/04 (12)

2011/03 (14)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (18)

2010/11 (17)

2010/10 (17)

2010/09 (17)

2010/08 (16)

2010/07 (16)

2010/06 (18)

2010/05 (27)

2010/04 (18)

2010/03 (17)

2010/02 (19)

2010/01 (14)

2009/12 (17)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (17)

2009/07 (16)

2009/06 (17)

2009/05 (14)

2009/04 (15)

2009/03 (19)

2009/02 (23)

2009/01 (31)

2008/12 (21)

2008/11 (17)

2008/10 (9)

2008/09 (21)

2008/08 (20)

2008/07 (30)

2008/06 (27)

2008/05 (28)

2008/04 (27)

2008/03 (28)

2008/02 (1)

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday