グレーは淡青 hellblau

グレーは淡青 hellblau

 
11
 



7年と1ヶ月が経ちました











先日こちらのニュースのトップで取り上げられていたのはトルコ(地震国)が最初の原発をロシアの原発事業と協定のもと設立するというセレモニーがトルコのエドワン首相、ロシアのプーチン首相の出席のもと開催された様子でした。

確か日本(東京電力)もトルコの2機目の原発建設(事故時損害も保証という、なんともおバカな協定付)を請け負うという調印を呆れたことに福島原発事故の後に安倍坊首相はしたんじゃないかなぁ~

このブログで取り上げた 関連した記事 ←クリックして読んでみてねっ



あぁ〜、日本、世界の原子力ロビーは核戦争を起こし人類を滅亡させたいんだねっ、



福島、長崎、広島と最大級の原子力被害を受けた日本も今だに展望のない原発促進を掲げて、放射能流出中の福島原発のことは考えたくもなく、なかったことにしたいようですが、どうにもならない過酷な現実は存在しているし、そのツケは必ずやってきます。

被害はできるだけ少なくしなければと思うのは真っ当なことで、子どものために被災地からできるだけ遠くへ逃げた親たちをヘルは尊敬します。

危険から遠ざかるという動物本能は尊重されなくてはなりません!




このブログではこれからも言い続けていきます


 「除染したからといっても汚染水は飲みたくありません!、あのグラスいっぱいを飲み干した偉いさんはその日だけその一杯だけを飲めばいいんだもんねぇ~・・・」

 「福島の汚染地からの作物は小出先生が勧めても、いくら歳とっていても食べたくありません!



高い電気代は払えないのでさらに節電しなくてはなりません!

 「利権で絡まった原子力政策を推し進めてきた日本政府を断固糾弾していきます!」








オマ(ヌ)ケ





今年の恒例のイースター日曜のブランチは次女娘の彼氏も来てくれたので、かなり気合いが入ってるやん、誰も見たくはないようでしたが、自己顕示欲がポロッとねっ、 笑







以上は予約投稿でした
ご訪問ありがとうございます




フーテンのヘルは気ままな旅の空でござる〜、 ふ〜〜ん、どうでもええねん





いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
29
 



↑ 週始めに飾った時はこんなんでしたのに

↓ 今朝のハンブルクは白銀の世界です






明日からこちらでは Ostern(イースター祭)の休暇となり、ミュンヘンに住む次女娘がハンブルクに帰ってきます。彼氏もイギリスからやってくるので若者が住みたがるシァンツェ地区に3日間部屋を借りたようで家には娘が1人になる最後の1日しか泊まらないんですけどねっ、でも明日の夕食は家でするし、土曜日は日本レストランで昼食、そして恒例のオースターブランチはもちろん家でということでまぁ頻繁には2人には会うことになるので楽でええかもねっ、



一昨日気がついたのはヘルの新しいiPhoneの電話機能がダメになってるんですわー、新しいSimカードを入れて娘に教わったように設定して電話使えていたのんにぃー、メールの設定の時どうもマイクロソフトを刺激したようで頻繁に英語のメールが来ていてそれもどうにかせんとあかんし、もう近代メカにはついていけへんわ~、汗、涙

昨夜はまた古いiPhoneを活性化させ電話だけの為に使っていますが、まぁ明日娘が来るんで設定をやり直してもらいましょう、そやけどまた小馬鹿にされるんやわ~、辛抱、辛抱






佐川証人喚問をみていたんやけど、公務員って国民のために仕事してるんじゃなかったのね~、というのがまさにみえてきますよねぇ、あなた1人じゃどうにも罪を背負えないのにどうも勘違いの教育を受けてきたようでニッチもサッチも行かないような人間を観るようでした、

しかしこういう今の日本政府を容認す人々が物見遊山でテレビの前でお煎餅でも齧りながら観ているだけで、何もしないで、まぁ、なるようになるんやろ~、誰かがどうにかしてくれるんとちゃう~、

そんなもんでしょう、日本人は










日曜のブランチの様子、興味ある人はコメント頂戴ねっ!、 ふ〜〜ん



いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
22
 




半端な藍色の食器と日本から持ってきたけど使わない藍色の布類






4月からの新生活スタートは若者だけの特権ではないわよねっ、

気に入った家庭用品を揃えてると新生活へのワクワク感が膨れ上がるのです。



今まで帰国の時の味気ないホテル暮らしからの解放、もうあちこち旅行する

気力も体力も衰えているようなので、日本での拠点、日本が好きな娘たちにも

心の拠り所となれる場所、好きな時期に滞在できるという安心感、これからは

日本でいろいろと活動の場も広がりそうで、歳をとることを楽しんでいる老女が

いてもいいんじゃな~い、とかなんとかおもうんですわ~



まぁ億万長者でもなければ、業、才能もないんやしそれなりに妥協せねば

ならんのやけど、それがまたなにやら楽しいんですわ~、








こちらでも結構和風の住まいではあるのですが、

今ネットオークションで家具探しを楽しんでいますんよ


画像はYahooオークションより拝借







ねっ、素敵でしょう〜、

でもねぇ、膝曲がらんし、座ることようできひんのですわ〜、







いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
13
 
ブログ「みんなどこか変わってるから大丈夫」のポン太さんもヘルと同じことを言ってますが

それは、明らかに公文書の改ざんと言うべきを、若い選挙民にもよく理解(忖度)できる

ようにとでも言うか、いやアホな国民をうまく抑えられるという悪知恵か書き換え

になってるんよ、書き換えということで罪が少しでも軽くみせるかのようなメディアの政権へ

の思いやりがヘルにはどうも見えてきて今までのようにまたほんまの悪人たちは見逃されていき

彼らの指示で働いた部下たちは自分の存在を抹消することでしか立場がなくなっている

悲しい日本の公務員の姿が浮かび上がってくるのです。






ここで話がハンブルクのことになるのですが、

ハンブルク市長であったショルツ氏(SPD、社会民主党)がドイツ国の大蔵大臣に決まり

ベルリンへいくので市長の後任として党より指名された氏がいたのですが、市長になると

まだ幼い子ども3人との家庭での時間がとれなくなるので~と、市長の職を蹴ってしまい

ましたんよ、なんと素敵な人間でしょうね、命をかけるところが真っ当なんだわ~







さて、またわが日本へ戻るんでついてきてや、


辞任した国税庁官は安倍首相がよく口を割らなかったと見返りのような昇進させたんだったよねっ、

公文書改ざんの財務局のトップは麻生財務大臣だよねっ、彼に呼び捨てされていた佐川くんだけに

責任をなすりつけることにどうもしたいようだし、ヘルにはどうしても納得できないなぁー




そして7年目の東北大震災式典で東宮家ではなく秋篠宮家が天皇の代理として出席していた

のもなにやら腑に落ちないし、変だとは皆さん思わへん?、そして想ったのは

来年天皇が生前退位をされるのだから、そろそろ天皇制を廃止する時期にきているのかも

現行の男子直系の天皇制を守るためとはいえ慌てて子作りしたこの品がない宮夫妻には

所詮国民の象徴になれる天皇は育つはずはなく、いずれ問題となるのはわかるようやし

日本のしゃちこばった、かといって責任はとらない体質を変えるためにも、まずは天皇制

宮家、宮内庁をスッキリさっぱり廃止して、神の国とか、世界で最も古い家系とか、それが

どうしたー、ってことなんやけど、そろそろお国(天皇)のために死んでいった兵士たち、空爆、

原爆で死んだ民間人への責任を天皇家自らとるべきではないかと思う今日この頃なんです。







ミュンヘンのジューディシュ博物館、

ベルリンには最大規模の博物館があり、ドイツの大都市には必ずあるもので
ドイツ人がナチス時代にしたユダヤ人への迫害、虐殺を忘れないためでもあります。





いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
11
 
福島原発事故の後の汚染瓦礫処理を被災地への 思いやり、

絆、日本特有の連帯感で国中に放射能をばら撒くという、

無茶なことをするのに最初に名乗り出たのが静岡県島田市でした。

その後北九州市、大阪市(橋下徹市長時)が名乗り出て

東から西への莫大な運搬料に税金を注ぎ且つ放射能をばら撒くのに

愛と精を注ぎ、情け深い国民は酔いしれていたんだよねっ、


さて話は最初の島田市に戻るんですが、2013年から染谷絹代(1954年生)市長

なんやけど、この人は福島県いわき市出身で東京育ち、なんや静岡県島田市

とは関係あらしまへんがな、上級国家公務員の天下り?いう政府の采配という

ことなんやなっ、それも女性市長にということで安倍政権の悪巧みを感じるわー、



あの情が厚いふりするのんが上手い橋下徹元大阪市長が関西国際空港に

近いゴミ焼却炉で汚染瓦礫を燃やした年の帰国時には金属が燃えるような

と言いますか、多分ブログにも書いた思うんやけどいつもの大阪の空気とは

ちと違っていたんやわ~、





春の音連れのようです




もう瓦礫処理は終了してるとは思うんやけど、汚染水は溜まる一方やし

なんや外国からの技能研修生を福島原発汚染処理労働者として使って

いるとかともいわれ、なんやとんでもないことも日本人はしてるようで

大阪城公園駅の近くに仰山あったブルーシートは今ではほとんどみれへんし

あの人たちどこへ行ってしもうたんでしょうねぇ





先週、石牟礼道子(「苦海浄土」の作者)さんの訃報知りました、

水俣病が公害として認められるまでに長年の月日が経ったことか

皆さん思い出してください!、福島原発事故による甲状腺異常さえも

まだまだ国は認めようとはしない現実があるのです。

最初の検査で甲状腺癌がみつかり摘出手術した85人中、8名も再手術をしなくては

ならないという公にはしたくない驚愕の事実はこれからさらに悪くなるのは

次第に証明されていくことでしょう。




日本列島の夜は今なお景気に浮かれたように明るくより明るく輝いてるし、


「それがなぜ悪いんだ、うるせーんだ、このくそババー、黙れー」って

これからも生きていければいいんだけど、そうは問屋が卸さないかもねっ


災難が自分の身に降りかかってこないと痛みも痒みもわからないのは、

想像力のない人の世の常なのでしょうから、まぁご愁傷様さまということです。







7年が経ちました






いまなお原発に頼る日本、埼玉県の議会で新潟県の柏原原発を再稼働させると
いう決議をしたとか、東京電力のため埼玉県民が忖度とはねぇ、狂ってるよー


ちっぽけなヘルブラウですが、残念ながら大半の日本人が踏み外した原発廃止への
道のりをこれからも歩き続けようと心新たにおもう7年目の今日なのです。







東北大震災、福島原発事故の被災者の方々に
あらためてお悔やみ申し上げます。






久しぶりに小出裕章氏の7年目にむけての今年1月の講演会のチューブをUPするねっ
ちと長いけどぜひ聞いてみて~、






いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
03
 
2018.03.04 Sun 21:53 | 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

#
2018.03.04 Sun 23:04 | 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


やはり読めないローマ字で日本から深夜に出されたようで、6日に気づきましたんよ

前回の2件のコメントを取り上げてもらったのでうれしくなったのかしら〜、

次はいつものように無視削除にさせてもらいますぅ〜、スンマソー



2件のコメントは昨年3月11日の↓この記事にきました


6年が経ちました

6年前の日本中を震がせた東北大震災、東北の海岸沿いの多くの市町村のすべてを飲み込んでいった大津波、その後電気を作るための原発が電源喪失というなんとも呆れてしまう(人間の技術はそんなものかも、)不手際で放射能大放出の世界最悪の福島原発大爆発を東京電力はおこしたのです。

1年後に当時の野田豚(豚に失礼かも、)首相(いかにもいい人ぶってるけど極悪犯罪人だよねぇ〜、)は原発事故収束(偽証罪あり)の宣言をして、すぐに政権をこともあろうに安倍右翼坊ちゃんに放り投げたのである。

広島、長崎で世界最初(最後だと願う)の原子爆弾による過酷な体験した日本人は原子力の恐ろしさを8月6、9日の両記念日に毎年確認していたはずではなかったのかしら。。。

福島原発爆発当時の恐怖、喪失感は福島の人たちだけではなく、原発は反対しなくてもすぐにでも無くなるものであると想った日本人は多かったはずなのです。


ところが、6年後の今日、現実は皆様のご存知の通りです。



ヘルが信頼する原子力学者故高木仁三郎先生が代表をされていた情報室

で原発とはを6年目にまた再読してみよう!



なぜ脱原発?、CNIC ←クリック




「グレーは淡青」は毎月11日は必ず更新しますのでお忘れなく!、


「忘れないということがいちばん被災者を励ます」

阪神大震災を経験した精神科医、中井久夫さんの言葉です。

201104122006528ba.jpg
NANTEIさん作







木漏れ日に 凍土を揺する 芽の息吹   淡青



しゅんぞ〜 さん へ、

「ご婦人はおしがたしということなんだろう、。。。げに恐ろしきは????」

↓ このジャニスはお好きですか?、 はっはっは(母)ー (笑い声ですねんよ)





Comment

2017.03.11 Sat 02:18 | 僕の青春そのもの

ジャニスは僕の青春であり、70年代が終わるころようやく彼女を偲ぶ「ローズ」をみて人目も気にせず映画館で何度泣いたことか、その涙が自分の奔放な「自由」への別れでもあったので余計「自由からの惜別」のときもを感じさせたのでした。

いま、あらためて聞いても彼女が彷徨のあげく傷ついたであろう繊細な「心のゆらぎ」に激しくシンクロし思わず抱きしめたくなってしまいます。

時代も人種も違うけれどもし僕がもし彼女と遭遇できていたなら何も言わずにただ静かに「ハグ」していたに違いない「今も」思っています。

とっても悲しいんだけど、、、その悲しさが彼女の「音楽」そのものだんたんでしょう。

#-岩下俊三URL
2017.03.11 Sat 20:36 | Re: 僕の青春そのもの



岩下俊三様、

今晩は、しゅんぞ〜さん、

今朝のこちらの最初のニュースが6年目の東北大震災と福島原発事故でした
こちらの人の原発事故への意識の高さを日本人も身につけて欲しいと願っています。

ジャニスをUPしてよかったー、と とても嬉しいです。
昨年彼女についての新しい映画を観た時(映画のカテゴリーに書いているはずです)

貴方が言う「その悲しさが彼女の「音楽」そのままだったんでしょう。」

私もまさに同じ感がしたんですよ、その時の映画館ではほとんどの観客(60,70代)
が最後まで席を立たずに明かりがつくまで余韻に浸っているようでした。

ジャニスは1970年10月に27歳で没、その年の暮は三島由紀夫の割腹自殺、
ヘルは19歳、しゅんぞ〜さんは21歳かなっ、

あぁ〜お互い長く生きすぎたようですねっ、

これからは嫌われ、意地悪バァさんになって生きよう!、(意味不明)
しゅんぞ〜さんはこれからも好々爺で生きてください!、

コメントおおきにぃ〜、Danke〜






2018.03.03 Sat 00:25 | 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


2018.03.03 Sat 02:14 | 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです





↑ が読めない変なコメント2件で日付が2018年3月3日です

まぁ想うに7年目の今月の11日も忘れんとヘルに記事書いてねっ、と

いうことやと解釈しましてん!     
すべてポジティブ思考だねっ、 笑     






いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif

関連記事
 
01
 
業務連絡のような記事でスンマソー

さてブログ10周年祭のキリ番踏みも終え、ピコピコボーイズはすでに退散しております。

3つの数字が同じ時にブログ訪問された方ということで2月初めから27日まで20回以上の

キリ番があったのですが、踏まれたのはririさんお1人で、彼女は1違いも2回踏んでおられ

たので3回分の景品(↓ しょうもないものでスンマソー、)を送ることにします。







皆さまから10周年のお祝いコメントもいただくこともなく、

祭の後の淋しさをどうまぎらわしていいかわからないヘルブラウです。。。 ふ~~ん










いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif

関連記事
 
01
 


fc2blog_2018022818101292d.jpg





まずは2月にミュンヘンで観た映画Shape of Water

この映画はなぜかヘルに懐かしいETを思い出させたんやわ~

若くはない、歳とってもない口が不自由だが想像力豊かな女性と

アマゾン河で捕獲された未確認生物との交流なんやけど、

無駄に大きいアメ車(パスカルカラーのキャデラックスが走ってる〜)の時代

のアメリカで、ミュージカル風でなにやら懐かしんやわ~、

まさによきハリウッドという映画かもねっ、

映画っていいな~って思える映画なんですよー






さて次は、










1月にはおなじみハンブルクアルトナ地区の映画館 Zeise Kino で観たのは

ThreeBillboards outside Ebbing Missorri

娘を殺された母親の復讐ストリーではあるのですが、この母親役の女優さんが

いいんですわ~、カウボーイではなくカウガールを髣髴させるような銃バーン

バーンですが、こんなジャンル分けももう古いんですが、社会派映画とでも

言いますか、まぁヘルのオススメ映画のようです、なんやいい加減だこと。。。





いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
27
 

先週土曜の買物時に車の中から撮った青空のハンブルク (ダンスする建物と中央駅)






祝10年祭








2008年2月27日にこの「グレーは淡青」は産声をあげました、そして早10年はあっと

いう間だった、しかし読み返してみると長かったようでもあり、感慨にちと耽ってます



1年祭の時、↓ こんな記事を書いているんです



2008年2月27日に映画になるのを夢見る脚本と同じ題名のこのブログ『グレーは淡青』はスタートしました。このブログの管理人はデラシネの風の吹くまま気の向くままという風で凝り性だがそれ以上に飽き性でもあるという人間性でまずは3日続けば、そして1ヶ月続けばイイなんて想いながら、なぜか1年続いてしまいました・・・ってのが今の正直な気持ちです。

最初の2ヶ月はかなり夢中で中毒状態で、それから5月末にどうもこの切り口上が誤解、禍の元になり非難轟々の嫌がらせも受け、10月末にはまた不徳の至りから脅迫のようなものもされ、その上毎日のように来るエロコメ、変な勧誘など正直言ってブログを続けるメリットはなくそれよりマイナスなことばかりでした。

それじゃ、なぜ続けてきたのか・・・?・・・


ひとつは刺激された自己顕示欲だと分析します。(かなり正直者)

そしてもうひとつはこの一年祭を盛り上げようと想うきっかけともなった素晴らしい人々とこのブログを通して知り合えることになったという事実、それを断ち切ることは辛いのでここまで続いてこれたような気がします。




10年経ってもさして変わらない心境のヘルブラウのようですが、ただ自己顕示欲は

もう薄れ、自己保守の老いいく醜い姿を晒していくような気がしています。

一家に同じ干支の子も産まれるという幸運(こういうこと信じているねんよっ、笑)

にも恵まれそうで、ただただ嫌味で傲慢なブログになりそうなのもねぇー、

あっ、これはあなた様には関係ない、ヘルのまだ残ってる美学の問題ですねんけど、

今このブログを読んでる方にはただ面白い記事があれば読むだけのことでしょうから

今日は古いLPレコード盤をお見せするので愉しんだって〜



fc2blog_20180225215921fa3.jpg

fc2blog_20180225215634dd6.jpg



今はもう秋 誰もいない海♪〜、お昼の連ドラで彼女の物語演ってるみたいやけど、朝ドラの方はよく観てますねんけどこれはほとんど観てへんし、このLP盤がなぜここにがようわからへんのやけど、越路吹雪さんは好きやねん、

先日幼いヘルの憧れの市川雷蔵さん主演の『ぼんち』をたまたま観てましたら、なんと彼女が京マチ子、若尾文子という女優さんたちと一緒にお風呂入ってはるシーンがありましてん、きれいな肌しとりましたわ〜


さて下の2枚のLPはよう聴いていたのでもうすり減ってると想うわー

ブレヒトの戯曲の中で歌われるのも 確かこのパガニーニだよねっ



fc2blog_201802252158267c6.jpg



さて今日は久しぶりにチューブ聴いてみるぅ〜、

デビット・ガレット(バイオリニスト)が演じる映画パガニーニでの演奏です。












キリ番踏みの報告は次回ということにしますねっ、
こちらは8時間遅れで、日本は27日になったばかりやし、
まだまだチャンスはありますぞー!



いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
21
 
fc2blog_2018022117460360e.jpg

fc2blog_20180221174657b45.jpg

fc2blog_2018022117473987a.jpg

fc2blog_20180221174836c56.jpg
赤ちゃんをおんぶしてるよー




ねっ、ちらっと観ただけでも展示品が素敵でしょう~

古代エジプトの発掘品を展示してる博物館は大英博物館やベルリンのボーデ

博物館のようなちと薄暗く歴史の重さをズシッとこれでもかと背負わさせる

ような気がするのですが、ミュンヘンのエジプト博物館(2006年設立)は

まさにZeitlose (時間無、現在にも通じる)という風で、奈良のお寺さんの

運慶の仏像と同じものを感じる展示品が多いのでした。


ミュンヘンへ旅される方へのヘルのお薦めMuseumですよ~


















ブログ10周年誕生祭のキリ番踏みはあと1週間となっています、これからゾロ目はチャンスが多くなるはずですので訪問されたらまずは左欄のピコピコカウンターをみたってー!





今までキリ番踏んだんは333のririさんお一人だけのなんとも盛り上がらない

淋しいお祭りですねんよっ、 憂愁、静寂、啖青、漆黒。。。。。






いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif

関連記事

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール




 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去記事(ログ)スクロール

2018/06 (4)

2018/05 (4)

2018/04 (3)

2018/03 (7)

2018/02 (6)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (2)

2017/10 (4)

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (8)

2017/06 (6)

2017/05 (9)

2017/04 (6)

2017/03 (5)

2017/02 (6)

2017/01 (5)

2016/12 (10)

2016/11 (5)

2016/10 (4)

2016/09 (5)

2016/08 (8)

2016/07 (8)

2016/06 (8)

2016/05 (8)

2016/04 (7)

2016/03 (6)

2016/02 (10)

2016/01 (8)

2015/12 (8)

2015/11 (6)

2015/10 (6)

2015/09 (10)

2015/08 (14)

2015/07 (20)

2015/06 (12)

2015/05 (12)

2015/04 (13)

2015/03 (11)

2015/02 (10)

2015/01 (14)

2014/12 (14)

2014/11 (12)

2014/10 (11)

2014/09 (12)

2014/08 (15)

2014/07 (14)

2014/06 (11)

2014/05 (14)

2014/04 (12)

2014/03 (12)

2014/02 (13)

2014/01 (12)

2013/12 (15)

2013/11 (11)

2013/10 (14)

2013/09 (14)

2013/08 (10)

2013/07 (20)

2013/06 (14)

2013/05 (14)

2013/04 (15)

2013/03 (12)

2013/02 (13)

2013/01 (17)

2012/12 (20)

2012/11 (15)

2012/10 (15)

2012/09 (16)

2012/08 (15)

2012/07 (17)

2012/06 (15)

2012/05 (19)

2012/04 (17)

2012/03 (16)

2012/02 (19)

2012/01 (16)

2011/12 (17)

2011/11 (17)

2011/10 (20)

2011/09 (14)

2011/08 (19)

2011/07 (29)

2011/06 (19)

2011/05 (15)

2011/04 (12)

2011/03 (14)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (18)

2010/11 (17)

2010/10 (17)

2010/09 (17)

2010/08 (16)

2010/07 (16)

2010/06 (18)

2010/05 (27)

2010/04 (18)

2010/03 (17)

2010/02 (19)

2010/01 (14)

2009/12 (17)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (17)

2009/07 (16)

2009/06 (17)

2009/05 (14)

2009/04 (15)

2009/03 (19)

2009/02 (23)

2009/01 (31)

2008/12 (21)

2008/11 (17)

2008/10 (9)

2008/09 (21)

2008/08 (20)

2008/07 (30)

2008/06 (27)

2008/05 (28)

2008/04 (27)

2008/03 (28)

2008/02 (1)

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday