グレーは淡青 hellblau
fc2ブログ

グレーは淡青 hellblau

 
13
 
奈良に住いを持ってよかったことは大都市とさして変わらぬ催しが結構多くほとんどが淡青庵から歩いて行ける距離であることなんです(が、春と秋年2回のハンブルクからの行程がやはり長時間飛行でしんどくなってるんやわ~いつまで続くことやら。。。)さてつぶやきはよしこさんにして、京都から長年のブロ友さんが奈良へきてくださった時、丁度東大寺の普段は非公開の観音院でのKUMAさんこと篠原勝之氏 の展覧会「空っぽ法師」の初日で彼の姿も垣間見ることができました。





鉄の彫刻家として知っていたクマさんは多才な方で書も陶芸も素晴らしい作品が多い展覧会でした







奈良では一人分の食料品を買って料理して食べるのは高値で無駄が多くなるというのが実感で日に一食を外食で美味しいものを食べるということでよく出入りしてるんが雛菊さんのお店「阿滋味」です。12月になってお昼の定食が800円から1000円と値上がりましたが、旬の地元産の材料を豊富に使った美味しい味付けは2、3倍払ってもええと思うねんよっ

その雛菊さんは坂本流の踊りの師匠でもあり、一度彼女の踊りを観たいといつも言ってたんやわ~、ほならヘルさんがドイツへ帰る前にいつも集まってる仲間内の雛の会を今回は老舗和菓子屋の中西与三郎さんとコラボでやるでー‼️ということで念願の踊りをみることができました。





会場の玄関先でお迎えしていただき、お弟子さんもご一緒に開演のご挨拶をされました

昨年開店されて女性(姉妹二人で経営)が握ると評判で行ったことがある「はなこ」のうまい鮨が入り雛菊さんのいつもの小鉢物の豪華な御弁当


和菓子を作る体験もすることができ↑右が作った椿でお抹茶と一緒に美味しくいただきました










 クリック Click !!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
04
 


コロナ前までは東大寺金鐘ホールで定期的に映画会が開催されていたのがなくなっていたのが月1の割合で猿沢池の近くにある尾花ホテルのホールであってるのがわかりこのスウェーデンでの実話を元にした仏映画『アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台』をみました。囚人たちが舞台で演じるのはサミュエル-ベケット作の戯曲「ゴドーを待ちながら」で興味あるのですが映画としてはうう〜んだったわねっ。


行ってみたかった寺に初めての北陸新幹線に東京から帰りに乗ってやってきました。

新高岡から高岡はまさに新大阪と大阪のようで住民困らせのJR悪影響やわねっ、でも瑞龍寺(江戸時代初期建立)はいいお寺で高岡大仏(昭和初期作)もおっとりしたええ顔してはったわ〜











さて次は展覧会のこと

広島のririさんからのお知らせで広島を愛した反骨の画人浜崎左髪子の展覧会を知り終了前日に観てきました。





左の菊の絵はヘルが持ってるセミの絵と同じ額縁でしてん😍


会報とか映画手帖のイラストもいいんだわ〜






自画像が描かれている絵がみあたらなかったのが残念ですが↓この絵の人物が彼のような気がしています。






富山の駅にしか売ってなくわざわざ行き買ってきた玉天(一度食べてみたかったんだわ〜)、2つの店舗のものを買って食べ比べ❣️

右は旅から帰り遅めの夕食で解凍したバゲットに明太子をのせ焼いたんと広島のネギたこと穴子の契り天ぷらをそえ、奈良登大路第一回陶器市で買ったマグカップで大和ほうじ茶を飲む美味しい一人ご飯でしてん❣️



 クリック Click !!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
27
 





奈良公園の見事に黄葉の銀杏、近くでウエディングドレス(かなり胸開き)を着た花嫁の撮影をしてたりでヘルとおたまちゃんは見惚れてしまったわ~、うちらもまだいけるでぇー、はぁ~⁇


大正時代に造られた知事公邸が今は高級ホテルとなっていてお泊まりするんは敷居高そうやけどお茶でも飲んだろか~ってなもんで入ったら宿泊玄関先の方でせっかくやし案内してもらいましてん、建築当時の様式を残してはり、蔵が雰囲気ある寿司屋になってたりで昼も営業してるようで500円玉貯金がたまったら行ってみようかなっ❣️







左は昭和天皇はんが座った部屋、右は淡青庵でオコタの上に座らせての記念撮影




おくどはん(カマド体験)の様子










品評会用の菊にアゲハ蝶がうずもれていたわ~




田原地区で買った柚子、ゆず湯で疲れをとる






 クリック Click !!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
16
 
今日は今回奈良へ来て食した美味しいもん紹介だよん 😋


今年の10月に近鉄線富雄からJR奈良駅近くに移転した中華「春暁」の夜のコース(13000円→10000円開店限定)、前菜だけでも8種類もあり全コース20種という豪華版でしたが写真は抜粋で充分やわねっ⁉︎












↑京都でのブリッジ会の時お昼をした天麩羅定食(1300円)、ここのご主人さんが作る来年の干支の辰の木彫りいただきました。


↓ 奈良で常連客となった雛菊さんの店の小鉢定食(1000円)







「西安市を知ろう!」の講座の2回目で作った水餃子もみたって~、大きめだけどいい味でしたよ~





東向き商店街に新しく開店した餅の料理店の餅御膳(1750円)、美味しいそうな餅の湯気に誘われて~









さてさてまたまバスに揺られて田原地区にプチ田舎暮らしー串柿としめ縄ーという講座の1回目を受けに行ってきました。






風通しのいいベランダに吊るしてますねんよっ

竹竿を使って柿取りの経験もして各自10個お土産もあって楽しかったわ~










朝食はできる限りウチでドイツから持ってきたコーヒー豆を挽いて奈良地産のもので美味しく食べてんよー





 クリック Click !!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
11
 






12年と8ヶ月が経ちました





忘却とは忘れ去ること、どこかであったわねっ


忘れることが幸せ? 忘れられない痛みはどこまでもー、だよねっ!


狭いベランダでも南向きだから太陽光線ずいぶん充電できそうなので本格的にソラー充電器具の購入を考えています。








来年で奈良市と中国の西安市友好姉妹都市50周年を迎えます

西安は長安と言われていた唐の時代より奈良とは関係が深く数多くの政治、宗教関係者が遣唐使として渡り交流を深めたゆかりある中国の街なのです。「西安を知ろう!」という全2回の講座に参加することができ最近日本以外には旅をしてみたいところがなかった者にも「そうだ!西安へ行こう❣️」と盛り上がっているようです。





   ↑ ⭐️西安市

長安が明の時代から西安とよばれているんよ、奈良(平城京)の都造りの原型をみるようだわ〜





素晴らしい城壁と城門が遺跡として保存された人口大の大都市で中国ドラマでもお馴染みの街です。

孫悟空の師の像と現代の摩天楼のはしりのような塔が街の中心地にあり行事開催や市民の憩いの場となっているようです。





西安から車で30分の所にある兵馬俑(へいばよう)





2回目は食の西安で餃子の発祥地ということもあり水餃子を作って食べるんです! こんな講習会大好きやわ〜















有田の青花窯に注文して買ったシャルターケース

使ってなんぼのマイセンの皿とコーヒカップセット 








 クリック Click !!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
02
 

とりあえず和室の箪笥の上に置いてます


2年前?にならまちにある勇斎ギャラリーで個展を開かれていた仏像鉛筆画家の鎌田芳治氏ご夫妻とお話ししたことがあり、気に入った埴輪の絵↓を購入しました.その時ヘルが阿修羅より好きかもしれない五部浄の話をしたような。。。

今年の春に幼馴染と訪れた有田の青花窯のオンラインショップで陶器のスイッチカバーを注文していてその日に配達だったので部屋にいてそれを受取った後もう一度宅急便だというチャイムが鳴ったのです???


想いもよらぬ素敵な贈物にどう感謝していいかわからないのですが、とりあえずブログで取り上げてこの作家さんの絵を皆様にご紹介したいものです



居間のソファーからどんな角度で見ても眼が合いみつめてくれる飛鳥埴輪ねんよ














娘も姉も水やりをしてなく枯れてしまった竹のかわりにバオバブの木?のような盆栽をダイソーで330円で買ったんよ

右は小菊がこれから咲くであろう苔玉







ベランダには秋の花を選んでみました







 クリック Click !!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
24
 



バスの窓からみえた薄紅色の秋桜畑、柳生公民館への道すがらみえた紅葉橋


民家の石垣に咲く濃い黄色の秋桜


奈良はこの時期柿があちこちに実ってるよ〜




さて奈良滞在で様々な講習会に参加してるヘルはこの「プチ田舎暮らし・柳生-発酵食品でイタリアン」という何やら身体によさそうで美味しそうなコースに時差ボケの中早起きしてバスに揺られやって来たのは柳生公民館(4年前に一度ここでは受講体験有り)、今回は17名の受講者があり料理実習室では3名1組のグループとなり、みなさんテキパキとされていて早目のパスタランチとなりました。

生地に塩麹を入れるのとソースに味噌を使うのがやはりこのカルボナーラを美味しくしてるんやわ〜











帰りのバス時刻まで1時間ほど余裕があったので柳生藩家老屋敷の見学をしましてん、柳生にゆかりある作家山岡荘八氏が買って住まわれていたこともあるこの屋敷は現在奈良県へ寄贈されていて当時の面影を残しております。












家具がすでに作り付けされていてミニマリストが感激する日本家屋の良さがみられるものでした。









 クリック Click !!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
18
 



おぉ奈良よ 今宵はどこで 月愛でる




今回もよく利用するフィンエアーでヘルシンキから羽田まで12時間で満席ではあったけどまぁ不都合なこともなく順調な飛行便でしたわねっ



ヘルシンキ空港ラウンジにムーミンがいましたよ~、ここで2時間待ちを飲んだり食べたりで快適に過ごしましてん






さて無事羽田空港に着き今回も伊丹への乗り継をせんとあかん飛行便でターミナルへの移動が大きなトランク2個を持って行かへんとだめで寒冷地から来たヘルには汗をかく暑さだったのでシャツを着替えようとトイレ(確実に女子トイレ)に入ったんやわ~、そこであった腹立つ変な侮辱が今日の話題ですねん

着替えて用も足し個室から出たらなんと洗面台のところで手を洗ってる男の人がいるんよ、もうビックリ‼️、

まぁ間違ったんやなぁと想い「ここ女子トイレですよねっ?」と優しくさとすように言ったんやけど、なんやこの人変な意図があったんちゃうかしら、なんと彼ではなくヘルが男子トイレに間違えたように強い剣幕口調で「これは犯罪だからでるところへいこうか!」とか言い出すんよっ

幸いなことにそこへ女性の清掃員が入ってきたのでその人に女子トイレであることを確認していたらその男そそくさに逃げて行きよりました、この時点でやはり変質者だったと思ったわよっ

なんや胸くそ悪く怒りがおさまらへんしこれから被害者も出るかもしれへんので警視庁のバッジをつけた見回り署員を後でみつけたのでさっきのトイレでの事を話することにしたんやけど被害もなかったのでやめときゃよかったとおもうような取り調べ(こちらが犯罪者になったような)でなおさら腹たってしもうたわ~


要らんお節介はもう日本ではせんとこ~と思う日本第一目でした⁉️






 クリック Click !!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
17
 

ハンブルクで開催された2回目のポラリスメッセ(アニメオタクたちがコスプレしていて観ていて楽しかったわよ〜)は3日間で33万人の観客があり盛況でした


人混みを避けて写真撮ったので雰囲気がよくわからんけど見てみるぅ〜










↑ 着物や帯で作ったがまぐち、自然の物で作ったジュエリー、アンティーク着物、帯などが並ぶ友人のブース




近くの映画館で久しぶりのヴィム ヴェンダーズ監督のAnselm Kiffer(現代彫刻家)についてのドキュメンタリー映画をみました。詳細は別の機会にでも書くねっ?




映画を観る前にBocconeで食べたvòngole、これとても美味いんだわ〜、白ワイン(トレヴィアーノ)とサラダもいいのよ〜






次の更新は奈良からだわねっ、❣️ 🦌〜




 クリック Click !!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
11
 




12年と7ヶ月が経ちました





1週間前ぐらいかしらラジオで福島原発汚染水の海への流出を東電は止めたと言ってましたよ~、よかったわー(ちょっとだけどねっ!)



↓ リンク欄ーみどりの1kWhーさんの9月の記事だけど読んでみて~

フクシマ汚染水の海洋放出




↓先日お知らせした友人のハンブルクでのメッセのホームページを下記します

ポラリスハンブルクメッセ





↓ 2022年のポラリスメッセの様子







↑ 日本の友人が送ってくれた居間から見る小さな中秋の名月




誰かさんが誰かさんが誰かさんがみつけた~

小さい秋小さい秋小さい秋 みつけた~♪〜


この歌今でも好きだなぁ~




 クリック Click !!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール




 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細は鍵コメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去記事(ログ)スクロール

2024/03 (1)

2024/02 (3)

2024/01 (4)

2023/12 (4)

2023/11 (4)

2023/10 (5)

2023/09 (3)

2023/08 (5)

2023/07 (4)

2023/06 (4)

2023/05 (5)

2023/04 (5)

2023/03 (4)

2023/02 (3)

2023/01 (5)

2022/12 (5)

2022/11 (5)

2022/10 (5)

2022/09 (4)

2022/08 (3)

2022/07 (4)

2022/06 (6)

2022/05 (7)

2022/04 (6)

2022/03 (6)

2022/02 (5)

2022/01 (7)

2021/12 (7)

2021/11 (7)

2021/10 (7)

2021/09 (6)

2021/08 (6)

2021/07 (6)

2021/06 (7)

2021/05 (9)

2021/04 (4)

2021/03 (4)

2021/02 (4)

2021/01 (4)

2020/12 (5)

2020/11 (2)

2020/10 (5)

2020/09 (5)

2020/08 (5)

2020/07 (5)

2020/06 (4)

2020/05 (7)

2020/04 (11)

2020/03 (3)

2020/02 (4)

2020/01 (3)

2019/12 (3)

2019/11 (3)

2019/10 (2)

2019/09 (4)

2019/08 (4)

2019/07 (4)

2019/06 (4)

2019/05 (3)

2019/04 (6)

2019/03 (4)

2019/02 (4)

2019/01 (5)

2018/12 (6)

2018/11 (4)

2018/10 (4)

2018/09 (5)

2018/08 (5)

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (4)

2018/04 (3)

2018/03 (7)

2018/02 (6)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (2)

2017/10 (4)

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (8)

2017/06 (6)

2017/05 (9)

2017/04 (6)

2017/03 (5)

2017/02 (6)

2017/01 (5)

2016/12 (10)

2016/11 (5)

2016/10 (4)

2016/09 (5)

2016/08 (8)

2016/07 (8)

2016/06 (8)

2016/05 (8)

2016/04 (7)

2016/03 (6)

2016/02 (10)

2016/01 (8)

2015/12 (8)

2015/11 (6)

2015/10 (6)

2015/09 (10)

2015/08 (14)

2015/07 (20)

2015/06 (12)

2015/05 (12)

2015/04 (13)

2015/03 (11)

2015/02 (10)

2015/01 (14)

2014/12 (14)

2014/11 (12)

2014/10 (11)

2014/09 (12)

2014/08 (15)

2014/07 (14)

2014/06 (11)

2014/05 (14)

2014/04 (12)

2014/03 (12)

2014/02 (13)

2014/01 (12)

2013/12 (15)

2013/11 (11)

2013/10 (14)

2013/09 (14)

2013/08 (10)

2013/07 (20)

2013/06 (14)

2013/05 (14)

2013/04 (15)

2013/03 (12)

2013/02 (13)

2013/01 (17)

2012/12 (20)

2012/11 (15)

2012/10 (15)

2012/09 (16)

2012/08 (15)

2012/07 (17)

2012/06 (15)

2012/05 (19)

2012/04 (17)

2012/03 (16)

2012/02 (19)

2012/01 (16)

2011/12 (17)

2011/11 (17)

2011/10 (20)

2011/09 (14)

2011/08 (19)

2011/07 (29)

2011/06 (19)

2011/05 (15)

2011/04 (12)

2011/03 (14)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (18)

2010/11 (17)

2010/10 (17)

2010/09 (17)

2010/08 (16)

2010/07 (16)

2010/06 (18)

2010/05 (27)

2010/04 (18)

2010/03 (17)

2010/02 (19)

2010/01 (14)

2009/12 (17)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (17)

2009/07 (16)

2009/06 (17)

2009/05 (14)

2009/04 (15)

2009/03 (19)

2009/02 (23)

2009/01 (31)

2008/12 (21)

2008/11 (17)

2008/10 (9)

2008/09 (21)

2008/08 (20)

2008/07 (30)

2008/06 (27)

2008/05 (28)

2008/04 (27)

2008/03 (28)

2008/02 (1)

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday