グレーは淡青 hellblau
FC2ブログ

グレーは淡青 hellblau

 
03
 



現在のわが家の庭ではジャスミンの花が咲き誇っています

仄かな香りを家の中にも運んでみました














今年の薔薇は薄紅色

蜂たちには色、野バラとか関係なくセッセと営みに励んでいるようです








庭に咲く花で好きな順位を問われれば、この風露草の花、この紫色のエレガント!







先月奈良でお会いしたおたまちゃんがブログで書いてるんやけど

ヘルは エレガント やてー

ということで今日はエレガントな記事にしましてん 🧚‍♀️

(註釈するとこがエレガントじゃナイン、ちゅうねん!)




いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
30
 


この写真を撮った後、消火に手を差し伸ばしたんだろうか?、
まさにこの瞬間に居合わせたんだよねぇ


集団誘拐された少女たち(14~21歳)をモデルにした写真、なんかようわからん!











この嘆願する子どもたちをジープの上から撮る写真家は、なんだかねぇ。。。


サハラ砂漠でマラソン大会開催とはこはいかにぃー








左は食料供給場、右はゴミ捨て場 (写真をクリックで拡大するよ~)


飲料水危機は伝わらないけど、キレイな写真だねっ









中国の洞窟住居に住む老人たちがパソコンを見てるよ~、レンブラントの絵画のようだわぁ!


自然の驚異の美しさだねっ、カメラの性能の高さかなっ












昨年までこの展覧会を無料で開催していた大手出版社はもうそんな余裕はないようで

今年から5€の入場料を払うことになったので、観客が昨年より少なかったような。。。

まぁ、連日真夏日のようなハンブルクで屋内の展覧会へ、という人が少ないのかもねっ






この写真展で昨年のロンドン橋でのテロ事件、ハリウッドでのビルの上からの野外コンサートの

観客に向けられた拳銃乱射事件などの被害者のことなども思い出すキッカケとなるのでした





話題が変わりますよ、ついて来てやー、



チューブで籠池夫妻の出獄の会見をみて想うことは、

あの奥様のいかに日本社会に適応するかということが最優先の様子、

いや彼女は 洗脳 されている人形

同じ日本女性として恥ずかしいんだわー、

夫婦共々10ヶ月も刑務所に拘留されていたことにもっと怒らんかい !



俳句の世界、いや言語の世界では先達たちに全てのことが

すでに言い尽くされてる感がします

淡青にはどんな言葉で独自性を表現できるか

それは現在の自然、社会を直視することやと思うねんよ





今を視る 芭蕉放哉 できぬこと








いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
20
 




日本から帰ってきた翌日が淡青(ヘルブラウの和訳)の誕生日でしたんよ、

還暦でリセットしたもので、やっと人生始まったお年頃のようですわ~、オホホ

マメな旦那が買っていた花束がテーブルの上に飾られていました、(気づいたんはお昼過ぎ、汗)

急いで久しぶりのドイツ朝食をさっさと済まし、こちらは月曜がファイヤターグ(祝日)なので

週末が長くなるんでまずは食料品の買い出しをせねばならなく、運転手、運び人付きで

まずは食料品の買い出しへ行くのです… すでに日本は遠い彼方へ〜、ちと虚しさ残るんです









枯れたと思っていた青ヤツデが咲いてるよー、赤ヤツデもだいぶ大きくなりました

例年この頃満開の藤の花は残念ながら力なく垂れ下がってる無残な姿なのでカットでした


現在家の庭で我物顔で咲き誇ってる西洋ツツジ




時差ボケで欠伸しながらなんでこのへんでぇ~、すんまそー




いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
14
 

庭の林檎の花とフリーダ(ライラック)の花の写真が飛んで来たよ~、帰るまで咲いててねっ



さて、3日間の広島への旅は充実の旅でした

一昨年パン修行の旅ということでハンブルクへ立ち寄ってくださったセンちゃんが夕食に招待してくれ、建築家のネギちゃんが建てられた自宅での晩餐会はほんまに素敵で美味しかったわ~






ちょうど広島ではお坊さん画家の宮武さんが主催のような西広島の素敵なギャラリーでの骨董市展があり、念願の宇根さんの足のマッサージをうけた後、広電を使い行ってきたのです。



ririさ~ん、みたってー




お猿と枇杷の掛軸、客室にまぁ合ってるかなぁ~




広島の画家 浜崎左髪子の初期の頃のこの蝉は色よしなんとも味があり、めっけものでした。





昔のかき氷のお皿はベットの側ではずしたアクセサリー入れで活用、
伏見で買ったランプともあってるんよー





青のホーローの小物入れ鳥の彫りが素敵なグラス、右はちょうど「カモメのばぁばぁ」で
個展されてた作家さんの桃太郎さんが吹ける鳩笛






いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
11
 

7年と2ヶ月が経ちました



死者とその遺族の時は止まったまま、しかし原発は止まろうとしない

これでいいのか、ニッポン ‼︎








被害者としては卑屈で

加害者としては傲慢な

日本人




戦後70余年も広島、長崎の原爆被災(害)国として

毎年8月6日、9日には「三たび許すまじ原爆をー」、「忘れまじ原爆をー」

とか願い、祈っていた日本人は 単なる儀式的なものだったということが

福島原発事故の対応で、嫌という程よーくわかったのです

原爆を落とした加害国アメリカにはまともに訴えることもなく、

戦争を始め負けた日本だからということなのか、そやけどなんとも卑屈な

対応しかできない日本国のようです


加害者としては、慰安婦問題にしても戦争だったのだからとかお金を渡せば

それで解決とでもいうようななんとも傲慢な態度で、近隣諸国を有無を言わせず

強引に統治したという事実を忘れ、被害国の訴えを批判することでしか

日本の存在感を示すことができない国のようです







転害門 (源頼朝の奈良への凱旋門かなっ)、手前の柱だけが当時からのもの





大仏に 声を挙げよと 希う人





4月末に気丈にも残っていた奈良の八重桜







昨日の雑記

京都の新幹線待合室で国会中継をみてるんやけど、時間潰しのようで怒りが湧いてくる



安倍坊首相は武器、兵士を持つ、戦争ができる日本国にしたいために憲法改正をしたいのが彼が首相の地位にしがみついてるようなもの、日本国民を守る為など口先だけのおべんちゃら、ちゃんちゃらおかしんだわー


護憲派をアホみたいに言う改憲派は、ヘルには天皇制を後生大事にするアホな国民をまたいいように騙す、日和見で弱虫やのに好戦的にみえますんやわ~、


様々な意見、考え方があってしかりやねんけど、平和憲法は天皇制と同じで神聖なものにせんとあかんねん、それが世界唯一の原子力爆弾の被爆国日本の生きる道、ボーッとしててもいいねん、無視されてもいいねん、攻められることを想定して身構える、そんなアホなことせんと、戦争を放棄したということの素晴らしさをもっと大事にすればええねん、







奈良近辺にお住いの方へ、

↓ こんな案内が貼られていましたよー




この憲法学者の話はぜひ聞いてみたいものだなぁ~、奈良滞在を延ばそうかしら。。。





いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif


関連記事
 
26
 
皆様にどう想われてるか知りませんが、

周囲の人を一方的に批判することなどヘルはようしまへん

そして淡青の俳句は他人へというより自分への戒めであり、慰めであるのです

そやから、今日のお題の「 口先で 祈るばかりの 日本人 」は

娘の安産祈願に行った中山寺(おたまちゃんのブログで知る)での心情ですねんよ








ハンブルクに帰ったら、お守り、お札、腹帯を早よウィーンへ送らんとあかんわ~




雑記


別に聞き耳立ててへんのに、耳に入ってくるんが声高の関西のおばちゃん連の会話


A : ええスカーフしとるなぁ~ (すでに触っとるー)

B : ええやろー、物がええねん! このメーカー(ブランドのこと?)な、
ほらあの女流作家の、そや曽野綾子さんもよう買いに来るとこやてー!

A : ほぅ、そんなええとこのものかいな~、(もう一度触っとるー)

C : ええ~、曽野綾子ってもう80過ぎのお婆さんとちゃう〜、

B : そやなぁ、違う作家さんやったんかなぁ? (林真理子とちゃう?)



知らず識らずのうちに( 消音 )でヘルも会話の中へ入ってますねんよ、笑




雑記


奈良で行き交う人々は、おばちゃんは群れ組んでる人が多いし、おっちゃんは独り者が多く、
リュック背負ってカメラ持って歩きやすい靴履いて、静かに足取りもしっかりしてはるわ~

ヘルもしっかり丈夫なOma(ばぁちゃん)靴履いて静かに、足取り悪く、100均が詰まった
大きなビニール袋持って、背筋は傲慢にピン伸ばしで奈良を徘徊しております。
(見かけても声かけんといてー!)

せっかくの世界文化遺産、奈良にいてなんもみらんとドイツに帰りそうになりそうなんを
どうにかせんとあきません、行きつけになった小料理屋の女主人さんに頂いた
「春日大社のすべて」の招待券、いつ行きまひょ、何かと忙しく慌ただしいんですわ、
70超えてたらようできひんかったわぁ、年に何カ月も住まへんのやけど、ヘルの長年の
夢の許される贅沢やし、人生楽しんでなんぼのもんやし、

(なにゴチャゴチャゆうてるん、誰も聞いてへんでぇ~)









ある日の朝食、姉がお土産に持って来てくれた蓬莱の焼売がメイン
ある日の夕食、豪華に刺身盛り合わせといきました、焼酎付き



コメントできますよ〜、
返信がちょっとおかしいんやわ?




いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
17
 
日本に着陸してあっという間に10日間が経ち、10年がひと昔なら10日間は~?、
とかなんとかくだらないこと考える余裕がでてきてます。

今回はハンブルク出発の前日にストライキでヘルの便が飛ばないかもしれない
という緊急メールがきてん、なんで今回に限ってエアフランスにしたん?、
と悔やみましたが、当日はなんも問題なく時間通りにパリでの乗り継ぎも楽で
10時間の短縮飛行で無事関空へ着きました。

(10という数が何回でたかしら?、正解者には。。。、うぁ、ゴメン、ブログ10年祭は終わったんやわ~)


今回の帰国は滞在型とでも言いますか、ヘルの奈良の庵(そんなええもんではありましぇ~ん)
を住みやすくするために毎日務めておりまする。洗面器1つ買うにもなにやらウキウキで
新生活を始めるってこんなに楽しいんだと初めての経験をしています。

(今までどんな生活のスタートだったかと思い起こせば、どんより暗く重いんだわ~、)










畳に布団の方が人数が多くても融通が利くので畳3枚と布団買ったんやけど、寝起きが
どうもあかんし、やはりベットを注文してん、はよう届いてんか!

(新畳のい草の香りに癒されてますぅ〜)

その他にも低めのソファーやスタンドライト、障子衝立等、待ってるんやけど、
3、4月は移動の時期で配達が混んでるみたいやねっ、

(そやけど、ネットショッピングってくせになりそうやわ~、汗)





ほんじゃ今日はこれで、生存のお知らせまで~






いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
11
 



7年と1ヶ月が経ちました











先日こちらのニュースのトップで取り上げられていたのはトルコ(地震国)が最初の原発をロシアの原発事業と協定のもと設立するというセレモニーがトルコのエドワン首相、ロシアのプーチン首相の出席のもと開催された様子でした。

確か日本(東京電力)もトルコの2機目の原発建設(事故時損害も保証という、なんともおバカな協定付)を請け負うという調印を呆れたことに福島原発事故の後に安倍坊首相はしたんじゃないかなぁ~

このブログで取り上げた 関連した記事 ←クリックして読んでみてねっ



あぁ〜、日本、世界の原子力ロビーは核戦争を起こし人類を滅亡させたいんだねっ、



福島、長崎、広島と最大級の原子力被害を受けた日本も今だに展望のない原発促進を掲げて、放射能流出中の福島原発のことは考えたくもなく、なかったことにしたいようですが、どうにもならない過酷な現実は存在しているし、そのツケは必ずやってきます。

被害はできるだけ少なくしなければと思うのは真っ当なことで、子どものために被災地からできるだけ遠くへ逃げた親たちをヘルは尊敬します。

危険から遠ざかるという動物本能は尊重されなくてはなりません!




このブログではこれからも言い続けていきます


 「除染したからといっても汚染水は飲みたくありません!、あのグラスいっぱいを飲み干した偉いさんはその日だけその一杯だけを飲めばいいんだもんねぇ~・・・」

 「福島の汚染地からの作物は小出先生が勧めても、いくら歳とっていても食べたくありません!



高い電気代は払えないのでさらに節電しなくてはなりません!

 「利権で絡まった原子力政策を推し進めてきた日本政府を断固糾弾していきます!」








オマ(ヌ)ケ





今年の恒例のイースター日曜のブランチは次女娘の彼氏も来てくれたので、かなり気合いが入ってるやん、誰も見たくはないようでしたが、自己顕示欲がポロッとねっ、 笑







以上は予約投稿でした
ご訪問ありがとうございます




フーテンのヘルは気ままな旅の空でござる〜、 ふ〜〜ん、どうでもええねん





いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
29
 



↑ 週始めに飾った時はこんなんでしたのに

↓ 今朝のハンブルクは白銀の世界です






明日からこちらでは Ostern(イースター祭)の休暇となり、ミュンヘンに住む次女娘がハンブルクに帰ってきます。彼氏もイギリスからやってくるので若者が住みたがるシァンツェ地区に3日間部屋を借りたようで家には娘が1人になる最後の1日しか泊まらないんですけどねっ、でも明日の夕食は家でするし、土曜日は日本レストランで昼食、そして恒例のオースターブランチはもちろん家でということでまぁ頻繁には2人には会うことになるので楽でええかもねっ、



一昨日気がついたのはヘルの新しいiPhoneの電話機能がダメになってるんですわー、新しいSimカードを入れて娘に教わったように設定して電話使えていたのんにぃー、メールの設定の時どうもマイクロソフトを刺激したようで頻繁に英語のメールが来ていてそれもどうにかせんとあかんし、もう近代メカにはついていけへんわ~、汗、涙

昨夜はまた古いiPhoneを活性化させ電話だけの為に使っていますが、まぁ明日娘が来るんで設定をやり直してもらいましょう、そやけどまた小馬鹿にされるんやわ~、辛抱、辛抱






佐川証人喚問をみていたんやけど、公務員って国民のために仕事してるんじゃなかったのね~、というのがまさにみえてきますよねぇ、あなた1人じゃどうにも罪を背負えないのにどうも勘違いの教育を受けてきたようでニッチもサッチも行かないような人間を観るようでした、

しかしこういう今の日本政府を容認す人々が物見遊山でテレビの前でお煎餅でも齧りながら観ているだけで、何もしないで、まぁ、なるようになるんやろ~、誰かがどうにかしてくれるんとちゃう~、

そんなもんでしょう、日本人は










日曜のブランチの様子、興味ある人はコメント頂戴ねっ!、 ふ〜〜ん



いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
22
 




半端な藍色の食器と日本から持ってきたけど使わない藍色の布類






4月からの新生活スタートは若者だけの特権ではないわよねっ、

気に入った家庭用品を揃えてると新生活へのワクワク感が膨れ上がるのです。



今まで帰国の時の味気ないホテル暮らしからの解放、もうあちこち旅行する

気力も体力も衰えているようなので、日本での拠点、日本が好きな娘たちにも

心の拠り所となれる場所、好きな時期に滞在できるという安心感、これからは

日本でいろいろと活動の場も広がりそうで、歳をとることを楽しんでいる老女が

いてもいいんじゃな~い、とかなんとかおもうんですわ~



まぁ億万長者でもなければ、業、才能もないんやしそれなりに妥協せねば

ならんのやけど、それがまたなにやら楽しいんですわ~、








こちらでも結構和風の住まいではあるのですが、

今ネットオークションで家具探しを楽しんでいますんよ


画像はYahooオークションより拝借







ねっ、素敵でしょう〜、

でもねぇ、膝曲がらんし、座ることようできひんのですわ〜、







いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール




 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去記事(ログ)スクロール

2018/08 (3)

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (4)

2018/04 (3)

2018/03 (7)

2018/02 (6)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (2)

2017/10 (4)

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (8)

2017/06 (6)

2017/05 (9)

2017/04 (6)

2017/03 (5)

2017/02 (6)

2017/01 (5)

2016/12 (10)

2016/11 (5)

2016/10 (4)

2016/09 (5)

2016/08 (8)

2016/07 (8)

2016/06 (8)

2016/05 (8)

2016/04 (7)

2016/03 (6)

2016/02 (10)

2016/01 (8)

2015/12 (8)

2015/11 (6)

2015/10 (6)

2015/09 (10)

2015/08 (14)

2015/07 (20)

2015/06 (12)

2015/05 (12)

2015/04 (13)

2015/03 (11)

2015/02 (10)

2015/01 (14)

2014/12 (14)

2014/11 (12)

2014/10 (11)

2014/09 (12)

2014/08 (15)

2014/07 (14)

2014/06 (11)

2014/05 (14)

2014/04 (12)

2014/03 (12)

2014/02 (13)

2014/01 (12)

2013/12 (15)

2013/11 (11)

2013/10 (14)

2013/09 (14)

2013/08 (10)

2013/07 (20)

2013/06 (14)

2013/05 (14)

2013/04 (15)

2013/03 (12)

2013/02 (13)

2013/01 (17)

2012/12 (20)

2012/11 (15)

2012/10 (15)

2012/09 (16)

2012/08 (15)

2012/07 (17)

2012/06 (15)

2012/05 (19)

2012/04 (17)

2012/03 (16)

2012/02 (19)

2012/01 (16)

2011/12 (17)

2011/11 (17)

2011/10 (20)

2011/09 (14)

2011/08 (19)

2011/07 (29)

2011/06 (19)

2011/05 (15)

2011/04 (12)

2011/03 (14)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (18)

2010/11 (17)

2010/10 (17)

2010/09 (17)

2010/08 (16)

2010/07 (16)

2010/06 (18)

2010/05 (27)

2010/04 (18)

2010/03 (17)

2010/02 (19)

2010/01 (14)

2009/12 (17)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (17)

2009/07 (16)

2009/06 (17)

2009/05 (14)

2009/04 (15)

2009/03 (19)

2009/02 (23)

2009/01 (31)

2008/12 (21)

2008/11 (17)

2008/10 (9)

2008/09 (21)

2008/08 (20)

2008/07 (30)

2008/06 (27)

2008/05 (28)

2008/04 (27)

2008/03 (28)

2008/02 (1)

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday