先人が想い描いた未来とは - グレーは淡青 hellblau

グレーは淡青 hellblau

 
11
 
6年と5ヶ月が経ちました




東北大震災と福島原発事故の動画をUPすると1週間以内に消されてしまうようです、やはりかなり日本は報道規制、統一化が進んでいるようだねっ、 恨めしや〜〜

9日の長崎原爆式典での田川市長の国連の核廃止条約に日本もぜひ賛成してほしいという演説を安倍首相は聞き流し、わけわからん橋渡しに日本は尽くすとか神妙な顔で言いよって、長崎の人に「アナタはどこの国の総理ですか ?」と聞かれていたようです。



そして、今日のリサイクル記事を読むにつけ、また昨今の政治情勢をみて思うことは、


日本には核シェルターを持つ建物はどれほどあるのだろうか ?







今日は久しぶりのリサイクル記事(ブログ「なんか文句ある!」のひろやんを思い出すなぁ〜、)でやんす


↓ 2011年4月2日「グレーは淡青」より





先日のこのブログ記事「世界原発数状況と日本」の後、このブログへのアクセスがかなり増え、履歴にも初めての方が多くなり、かなりこのブログに神経を尖らせてる人々がいらっしゃるようで、傲慢ヘルはブログ更新が少々嫌になっておりますが、まぁそのうちに失望された一見さんは来なくなるでしょうから、今更誰に気兼ねしましょうやら、気の向くまま更新することにします。

さて、皆さんは確か1950年代に書かれたオーウェルの「1986年」という本をご存知でしょうか、あのすべてが管理社会となり記号化された人間はコントロール下におかれて生活をするという描写が将来を予知しているのではと想われていたのですが、いざ1986年を迎えた時そうはなっていなかった世界がありました。そして映画の世界でいうとキュービック監督の『2001年宇宙の旅』とは違った2001年を私たちは迎えたような・・・

さて、ヘルが言いたい事は、車が空を飛んでいたり、宇宙都市のような建造物、核シェルターの中のような室内、食物はすべて錠剤、このような未来都市がフィクションの中ではすでに出来上がっていたはずなのに、実際の2011年はすでに皆さんもご存知のとおりです。

地震、津波、放射能にも強い建物ができていたならば、どれだけ多くの日本人が被害にあわないでこれからの生活を続けることができたでしょうに・・・と絵に描いた餅のように想い、ただため息をついているばかりです。










↓は家の階段の壁に飾られたクレーの複製画です。
当時、デジタル化されてなく、ましてやコンピューターなどもまだ形もない頃に描かれた絵なのです。

P1070080 (640x480)

P1070081 (640x480)




理屈ではなく行動は大切よねぇ~


人気ブログランキングへ
br_decobanner_20090831040225.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://hellblau519.blog.fc2.com/tb.php/1962-c80f8d7a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


br_decobanner_20090831040225.gif

↑ クリックいつもありがとう!


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール






 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去記事(ログ)スクロール

2018/04 (2)

2018/03 (7)

2018/02 (6)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (2)

2017/10 (4)

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (8)

2017/06 (6)

2017/05 (9)

2017/04 (6)

2017/03 (5)

2017/02 (6)

2017/01 (5)

2016/12 (10)

2016/11 (5)

2016/10 (4)

2016/09 (5)

2016/08 (8)

2016/07 (8)

2016/06 (8)

2016/05 (8)

2016/04 (7)

2016/03 (6)

2016/02 (10)

2016/01 (8)

2015/12 (8)

2015/11 (6)

2015/10 (6)

2015/09 (10)

2015/08 (14)

2015/07 (20)

2015/06 (12)

2015/05 (12)

2015/04 (13)

2015/03 (11)

2015/02 (10)

2015/01 (14)

2014/12 (14)

2014/11 (12)

2014/10 (11)

2014/09 (12)

2014/08 (15)

2014/07 (14)

2014/06 (11)

2014/05 (14)

2014/04 (12)

2014/03 (12)

2014/02 (13)

2014/01 (12)

2013/12 (15)

2013/11 (11)

2013/10 (14)

2013/09 (14)

2013/08 (10)

2013/07 (20)

2013/06 (14)

2013/05 (14)

2013/04 (15)

2013/03 (12)

2013/02 (13)

2013/01 (17)

2012/12 (20)

2012/11 (15)

2012/10 (15)

2012/09 (16)

2012/08 (15)

2012/07 (17)

2012/06 (15)

2012/05 (19)

2012/04 (17)

2012/03 (16)

2012/02 (19)

2012/01 (16)

2011/12 (17)

2011/11 (17)

2011/10 (20)

2011/09 (14)

2011/08 (19)

2011/07 (29)

2011/06 (19)

2011/05 (15)

2011/04 (12)

2011/03 (14)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (18)

2010/11 (17)

2010/10 (17)

2010/09 (17)

2010/08 (16)

2010/07 (16)

2010/06 (18)

2010/05 (27)

2010/04 (18)

2010/03 (17)

2010/02 (19)

2010/01 (14)

2009/12 (17)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (17)

2009/07 (16)

2009/06 (17)

2009/05 (14)

2009/04 (15)

2009/03 (19)

2009/02 (23)

2009/01 (31)

2008/12 (21)

2008/11 (17)

2008/10 (9)

2008/09 (21)

2008/08 (20)

2008/07 (30)

2008/06 (27)

2008/05 (28)

2008/04 (27)

2008/03 (28)

2008/02 (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday