其ニ、五七五 西洋かぶれ 戒める   淡青 - グレーは淡青 hellblau
FC2ブログ

グレーは淡青 hellblau

 
20
 

今日は今月のキャンペーン(はぁ~?)であるリサイクル記事でし!


2015年1月23日のブログを、写真だけ新しく後はそのままですねんけど、
読んで考えてみてコメントなどいかが~


( 準備はいいかい、トイレは先にすませたほうがええでぇー )



そうそう、前の記事には久しぶりにえらいたくさんのアクセスがありましたんよ、
やはりブログを読む人って好奇心が強そうなんで、できるだけ派手な題目にせんとあかんなぁ〜、


今回は地味やし、そやけどアホな読者に媚びることもないし、これでええねん。。。by 傲慢ヘル









今日は副題として「明治維新を糾弾する」というなにやら物騒な話へと言及しております。


このブログの親愛なる読書の方々はご存知だとおもわれますが、日本政府はある時期愚かにも、
いや本気で日本語をローマ字表記にしようと目論んでいたことがあります。

全てが西洋表記、アルファベットということなんです、現在パソコンで打っている表示そのままということになるのですが、幸運にも見事に日本語変換してくれるマシーンを使いこなす現代人には愚かな選択をしなかった先人達に感謝しています。

もしも愚かな判断をしていたならば、

Furuikeya Kawazutobikomu Mizunooto   Basho


ナンジャ!コリャ!??? ようわからん、アホくさ~


俳句の世界は海の藻屑となり遠く彼方へ消え去っていたことでしょう。。。


さてここで公共放送NHKの大河ドラマに話が移るのですが、第1回の「花の生涯」以来幕末から明治維新を扱ったドラマがなぜか大変多いもので、たしか今年は吉田松陰の妹が主人公の「花燃ゆ」でしたよねっ、

吉田松陰の思想は士農工商という封建制度を崩すという革命的なことであったはずなのに、

新しくできた明治政府は欧州ではすでにマルクス・エンゲルスの思想でヒエラルヒー(階級制度)を

なくし平等思考が台頭していたのに貴族制度という中世の名残りを受け入れたんだよね~

維新明治政府は吉田松陰の影響などほとんどないと言えるんじゃない、

まぁそれは日本政府だけでなくマルクス・レーニン主義とは程遠い共産主義の

顛末をみた現代欧州社会にも言えることだとは思いますが、


そういえば大阪のあの維新のくんはまだ政治家やっとりますようで、

あの維新男、はよ辞めてほしいわぁ~


さてもう一度軌道修正して、下手したら跡形も無く消え失せていたかもしれない俳句の世界ですが、戦前当時の日本政府による弾圧がありました、京大俳句会のメンバーが逮捕され憲兵に拷問を受け壊滅させられたという事件です。

同じ時期に京大俳句会のメンバーではありませんが、当時俳句界で活躍していた渡辺白泉はこの一句 ↓ 、


戦争が 廊下の奥に 立っていた


のために憲兵に捕らえられ拷問を受けているのです。それがどれほど辛いものであったかは戦後俳句会に戻ることなく生を終えたことでもわかります。戦後は静岡県で高校教師をしていた。

当時の牢獄での辛さだけではなく、自分が創る句により周囲の人にも巻添えが及ぶ事態がこれからもやって来るかもしれないと (日本は東京オリンピックが開催され順風満帆の時期に ) 教え子に語っているのです。











今日はハンブルク西側に住む日本人妻の食事会にお誘いがあり、あまり気が乗らなかったのですが行ってきました。7名(1名だけがヘルより年下であとは年増の婆さん)の参加で皆さんそれぞれ知ってる方のようでしたがヘルは3名は知らない方でその中の一人で側に座った方が安倍の坊やを賞賛するのでいろいろ質問してしどろもどろにさせてしまった話を次回は記事にしようかなっ、




どうぞ皆様の愛をカタチにしておくれやすぅ~

br_decobanner_20090831040225.gif にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://hellblau519.blog.fc2.com/tb.php/1749-1994d240
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール




 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去記事(ログ)スクロール

2018/09 (5)

2018/08 (5)

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (4)

2018/04 (3)

2018/03 (7)

2018/02 (6)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (2)

2017/10 (4)

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (8)

2017/06 (6)

2017/05 (9)

2017/04 (6)

2017/03 (5)

2017/02 (6)

2017/01 (5)

2016/12 (10)

2016/11 (5)

2016/10 (4)

2016/09 (5)

2016/08 (8)

2016/07 (8)

2016/06 (8)

2016/05 (8)

2016/04 (7)

2016/03 (6)

2016/02 (10)

2016/01 (8)

2015/12 (8)

2015/11 (6)

2015/10 (6)

2015/09 (10)

2015/08 (14)

2015/07 (20)

2015/06 (12)

2015/05 (12)

2015/04 (13)

2015/03 (11)

2015/02 (10)

2015/01 (14)

2014/12 (14)

2014/11 (12)

2014/10 (11)

2014/09 (12)

2014/08 (15)

2014/07 (14)

2014/06 (11)

2014/05 (14)

2014/04 (12)

2014/03 (12)

2014/02 (13)

2014/01 (12)

2013/12 (15)

2013/11 (11)

2013/10 (14)

2013/09 (14)

2013/08 (10)

2013/07 (20)

2013/06 (14)

2013/05 (14)

2013/04 (15)

2013/03 (12)

2013/02 (13)

2013/01 (17)

2012/12 (20)

2012/11 (15)

2012/10 (15)

2012/09 (16)

2012/08 (15)

2012/07 (17)

2012/06 (15)

2012/05 (19)

2012/04 (17)

2012/03 (16)

2012/02 (19)

2012/01 (16)

2011/12 (17)

2011/11 (17)

2011/10 (20)

2011/09 (14)

2011/08 (19)

2011/07 (29)

2011/06 (19)

2011/05 (15)

2011/04 (12)

2011/03 (14)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (18)

2010/11 (17)

2010/10 (17)

2010/09 (17)

2010/08 (16)

2010/07 (16)

2010/06 (18)

2010/05 (27)

2010/04 (18)

2010/03 (17)

2010/02 (19)

2010/01 (14)

2009/12 (17)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (17)

2009/07 (16)

2009/06 (17)

2009/05 (14)

2009/04 (15)

2009/03 (19)

2009/02 (23)

2009/01 (31)

2008/12 (21)

2008/11 (17)

2008/10 (9)

2008/09 (21)

2008/08 (20)

2008/07 (30)

2008/06 (27)

2008/05 (28)

2008/04 (27)

2008/03 (28)

2008/02 (1)

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday