究極の対比語とは - グレーは淡青 hellblau
FC2ブログ

グレーは淡青 hellblau

 
18
 
と悪、と憎、白と黒、と醜、と若、金持ちと貧乏、昨日の記事の題名山の幸海の幸もそうである。まだまだ数多く、一つの言葉に、否、不、um,aus,non,an...etcをつけることによって相反する語にかなりなるような気がします。

さて究極の対比語は皆様はなんだとお考えですか?

私は「生と死」だとおもいます。

4年前の8月に私の友人は大腸ガンで彼女の一人娘(当時有名私立中学校に受験入学)成長を気にしながら帰らぬ人になりました。その年の2月に彼女のご主人様から私はあと3ヶ月の命だと知らされていました。娘さんの入学式に出席するために病院から一時帰宅をされた時私は電話で彼女と話すことにしました。何を話せばいいのか彼女の声を聞くまで何もわからなく逃げ出したい気持ちでした。その時点ですでに賢明な彼女は病気のことは納得はできなくても知っていたようです。

まずは娘さんの入学祝いをし、次に受験の母親の苦労を聞き出すことにして、さらにおつむ転々は自分の娘の愚痴を並べそちらへ留学させるから教育し直して欲しいとまで言うのであった。彼女の生は私の中ではいつものようにずっと続くのであるから普通の会話しかできなかったのである。

7月にやはり大腸ガンで亡くなられた物理学者戸塚洋二先生の記録書を読んで今日は生と死を考えています。しかし死についてはまだ考えられなく考えたくありません。




クレタ島旅行出発の日、
ハンブルクはどんよりとした灰色の雲に覆われていたのに突き抜けるとこんな素晴らしいヘルブラウでした。
CIMG5920.jpg

エーゲ海に浮かぶ島々
CIMG5922.jpg

今日は現在の生を謳歌するためにポチッだよねー

場所もうわかるよね!忘れたらうらめしやーどすえ~

Comment

2008.08.18 Mon 09:52  |  

生きてるだけで丸儲け・・・
ヘルブラウさんもご存知の「明石家さんま」さんがこの言葉から、子供さんの名前を「いまる」と付けたそうです。彼女はそろそろ20歳くらいになると思うので、20年前にこの言葉を知ったのです。その時に変わった名前と思うより・・・その言葉に吸い寄せられました。「丸儲け」に「生きているだけ」が付くんです!
命があることは「丸儲け」なんです・・・
ご友人に普通に会話・・・ご友人は間違いなく生きておられて命は続くのですもの!
でも逝ってしまわれたのですね・・・
究極にあるもの・・・生と死です。

2008.08.18 Mon 19:42  |  

v-124 nnyaさま、

さんまさんはなかなかの吟遊詩人ですねー

戸塚洋二さんは自分より若いやはり大腸ガンに冒されている方に末期のころ
ブログで正岡子規の言葉を送っているのです。

ー悟りといふ事はいかなる場合にも平気で死ねる事かと思っていたのは間違いで、
悟りといふ事はいかなる場合にも平気で生きている事であったー

私も彼女に最後まで平気で生きてほしかったような気がします。

なんかかなり個人的なコメントのお返事になったみたいで反省!

2008.08.19 Tue 03:02  |  

夫は胃がんでした。愚痴をこぼさない人でしたが、出社したとき腫れ物に触るような扱いをする人や避けるようにして声をかけない人がいることにとても傷ついていました。反面、変わらぬ態度で接してくれた人にずいぶんと救われる気持ちだったようです。闘病中の方に、まして不治の病を宣告された方に声をかけるのはとても難しく、勇気のいることですね。そして普段どおり接することも。でも互いに生きている今を見つめて、今を大切に、離れ離れになる最後の瞬間まで「平気に生きて」少しでも楽しい思い出を作っていく、それが大切かな・・と思います。
お友達は「いつも通り」のヘルブラウさまがとても嬉しかったと思いますよ。

2008.08.19 Tue 04:53  |  

姑の入院から 自分の死を考えるように なりました。まづ 趣味の古布のかたづけを どうしておくかということです。いまだに かたずいていません・・・・・今日は グーたらしていますが 気合を入れなおして すこし整理しよう。

  • #-
  • 小紋
  • URL

2008.08.19 Tue 08:19  |  

v-124 yuchiさま、

あなたにとってはまだまだ色あせない苦っきりの出来事でなんかごめんなさいって言いたい気持ちです。
私にも友の死はきつく実はこの記事は頭が締め付けられそして目に涙があふれてくるので、
感情をできるだけ出さない文章でと気を締めながら書きました。
ただ願うことは病よ近寄らんといてーです。


v-124 小紋さま、

私は小学生の頃中学生の姉の友が急に死にました。その前の日に母からのお使いでその家に何かを届けに行ったのを覚えています。後でそこのおばさんが姉の友が最期に私が持ってきたアイスクリームを食べたいと言ったというのです。冬だったのでアイスを持って行ったわけはないのですが。
その前に祖母の死は見ていましたが、自分の死を考えるようになったのはこの時からです。
私もいろいろと整理したいことは多いのですが頑固な無精者は到底うまく整理などできないようでーす。
コメントとてもうれしいんですよ!またよろしくー

2008.08.19 Tue 16:53  |  

東京で暮らす従姉妹は今女性特有の癌で闘病中です。
高校1年の息子の進学を心から喜んでいた矢先の発見でした。
病巣の治療ために受けた放射線の影響で、腸が癒着し、腸の4分の3を切除しました。
親戚の全員が彼女の回復を祈るような思いで待っています。
病院嫌いの私もこの秋、ドックに入ってみるべく申し込みを済ませました。

2008.08.19 Tue 17:32  |  

v-124 紫さま、

従姉妹さんのことご心配ですね。
しかし最近の医学の癌に対する多方面での発達は
かなり延命治療もできるようで癌細胞の自然消滅も夢ではありません。
ご本人も周りの方も希望をなくさないでほしいです。
私も毎年1回ガン検診をしています。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール




 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去記事(ログ)スクロール

2019/09 (3)

2019/08 (4)

2019/07 (4)

2019/06 (4)

2019/05 (3)

2019/04 (6)

2019/03 (4)

2019/02 (4)

2019/01 (5)

2018/12 (6)

2018/11 (4)

2018/10 (4)

2018/09 (5)

2018/08 (5)

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (4)

2018/04 (3)

2018/03 (7)

2018/02 (6)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (2)

2017/10 (4)

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (8)

2017/06 (6)

2017/05 (9)

2017/04 (6)

2017/03 (5)

2017/02 (6)

2017/01 (5)

2016/12 (10)

2016/11 (5)

2016/10 (4)

2016/09 (5)

2016/08 (8)

2016/07 (8)

2016/06 (8)

2016/05 (8)

2016/04 (7)

2016/03 (6)

2016/02 (10)

2016/01 (8)

2015/12 (8)

2015/11 (6)

2015/10 (6)

2015/09 (10)

2015/08 (14)

2015/07 (20)

2015/06 (12)

2015/05 (12)

2015/04 (13)

2015/03 (11)

2015/02 (10)

2015/01 (14)

2014/12 (14)

2014/11 (12)

2014/10 (11)

2014/09 (12)

2014/08 (15)

2014/07 (14)

2014/06 (11)

2014/05 (14)

2014/04 (12)

2014/03 (12)

2014/02 (13)

2014/01 (12)

2013/12 (15)

2013/11 (11)

2013/10 (14)

2013/09 (14)

2013/08 (10)

2013/07 (20)

2013/06 (14)

2013/05 (14)

2013/04 (15)

2013/03 (12)

2013/02 (13)

2013/01 (17)

2012/12 (20)

2012/11 (15)

2012/10 (15)

2012/09 (16)

2012/08 (15)

2012/07 (17)

2012/06 (15)

2012/05 (19)

2012/04 (17)

2012/03 (16)

2012/02 (19)

2012/01 (16)

2011/12 (17)

2011/11 (17)

2011/10 (20)

2011/09 (14)

2011/08 (19)

2011/07 (29)

2011/06 (19)

2011/05 (15)

2011/04 (12)

2011/03 (14)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (18)

2010/11 (17)

2010/10 (17)

2010/09 (17)

2010/08 (16)

2010/07 (16)

2010/06 (18)

2010/05 (27)

2010/04 (18)

2010/03 (17)

2010/02 (19)

2010/01 (14)

2009/12 (17)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (17)

2009/07 (16)

2009/06 (17)

2009/05 (14)

2009/04 (15)

2009/03 (19)

2009/02 (23)

2009/01 (31)

2008/12 (21)

2008/11 (17)

2008/10 (9)

2008/09 (21)

2008/08 (20)

2008/07 (30)

2008/06 (27)

2008/05 (28)

2008/04 (27)

2008/03 (28)

2008/02 (1)

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday