女優の母娘 - グレーは淡青 hellblau
FC2ブログ

グレーは淡青 hellblau

 
31
 
私は書くことは好きであるけれどそれ以上に読むことが好きだ。パソコンの前でも他のブログを読むことに時間を多く使っているような気がします。

さて最近8月に休暇旅行に行くこともあってギリシャ神話に関する本にかなりはまっております。人間の感情といとなみがすべてここには語られているようです。

古典とも言われる映画『黒いオルフェ』、カミュ監督作、1959年カンヌグランプリ受賞ギリシャ神話をモチーフにしたものであることがわかります。

さて今日もまた本題からだんだんとそれていくようなのでここらで軌道修正で皆様は←ポチッをお願いします。

山本夏彦のエッセーの中で彼が東京で帝国ホテルに宿泊した時、そこをお住まいにしている女優山田五十鈴(まだご存命ですよね?)さんからお誘いがあり初めてお会いしてお話したことがあると書かれています。これを読んだ時私は彼女の娘でつかの間でしたけどやはり女優であった嵯峨三智子を思い出すのです。想うに彼女の方が母親より華があり女としては魅力的に想えた時期がありました。しかしそれゆえに、いや名声高い演技上手(黒沢作品のマクベスを題材にした『蜘蛛巣城』での演技は最高)な母の影になり薄幸な運命(本人はそう思ってないでしょうが)で薄命でありました。

最近外国映画でも有名女優母娘共演が見られます.でもなかなか母を超えることはできないようにみえます。

山本夏彦氏は山田五十鈴からの初めてのお誘いのあと、お互い情報を通して知っていて話もはずまなくただご挨拶だけということでホテルでの逢瀬なのに色気などなく年とったらこんな誘いに乗ってはいけないようなことを書かれていた。
面白い人でした夏彦さんはー。


庭に咲く夜のラベンダーの花
CIMG5151.jpg

友人の庭に咲く花
CIMG5602.jpg

Comment

2008.08.01 Fri 12:54  |  

 懐かしい 山田五十鈴さん おげんきにしていらっしゃるのでしょうか。
 別れるときは 身一つで出るという 豪儀な性格   特徴ある目と せりふ
 一度「たぬき」を見たかった。
 

  • #-
  • 小紋
  • URL

2008.08.01 Fri 15:55  |  

v-124 小紋さま、

山田五十鈴さんは女優のなかの女優という感ですよね、もう活躍されてはいらっしゃらないようなきがしますがかなりのお歳だとおもいます。私は彼女の舞台を見てみたかったです。
ところで小紋さんは水戸という姓も前はつけられていたのですね、そうか女性版水戸黄門様だったのですね。葵の御紋がみえましたので、へぇ~と下にくだりまーす。ありがたやーでーす。

2008.08.01 Fri 21:23  |  

博多で 1ケ月5000円 乗り放題のバス乗車記から はじまったし、好きな江戸小紋では 恐れ多くて( もっと恐れ多い) 水戸小紋にしてしまいました。はじめは 水戸黄門→からくる へんなのがいっぱいでした。

  • #-
  • 小紋
  • URL

2008.08.02 Sat 04:45  |  

【山本 夏彦】という名を聞けば黙ってられません。
歯に衣着せぬコラム・文章が大好きでした。
ずっと週刊新潮に山口 瞳と同時に長い間連載されていて、私はこのお二人から多大に影響を受けました。
そして、「こう生きるべき!」といった道標まで教えてもらったように今でも思えます。

さて、大女優山田 五十鈴ですが今でも京都・嵐山に静かに暮らしていらっしゃると聞いてますが・・・。
ご自身の人生は波乱万丈だったように思いますが、女優としては日本を代表するお一人ですね。

2008.08.02 Sat 08:48  |  

v-124 小紋さま、

再度コメントおおきにー
江戸小紋もいいですねー
手芸家の時はこの姓で、面白いかなりこける記事の時は水戸殿を使われたらいかが?!(笑)


v-124 boumamaまま、

あなたが夏彦ファン納得ですよー
そうですか嵐山で余生を確か浪速千栄子はんもそうでしたよ。
同じ歳の会話って次々にはずみそうですね(笑)






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール




 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去記事(ログ)スクロール

2019/10 (1)

2019/09 (4)

2019/08 (4)

2019/07 (4)

2019/06 (4)

2019/05 (3)

2019/04 (6)

2019/03 (4)

2019/02 (4)

2019/01 (5)

2018/12 (6)

2018/11 (4)

2018/10 (4)

2018/09 (5)

2018/08 (5)

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (4)

2018/04 (3)

2018/03 (7)

2018/02 (6)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (2)

2017/10 (4)

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (8)

2017/06 (6)

2017/05 (9)

2017/04 (6)

2017/03 (5)

2017/02 (6)

2017/01 (5)

2016/12 (10)

2016/11 (5)

2016/10 (4)

2016/09 (5)

2016/08 (8)

2016/07 (8)

2016/06 (8)

2016/05 (8)

2016/04 (7)

2016/03 (6)

2016/02 (10)

2016/01 (8)

2015/12 (8)

2015/11 (6)

2015/10 (6)

2015/09 (10)

2015/08 (14)

2015/07 (20)

2015/06 (12)

2015/05 (12)

2015/04 (13)

2015/03 (11)

2015/02 (10)

2015/01 (14)

2014/12 (14)

2014/11 (12)

2014/10 (11)

2014/09 (12)

2014/08 (15)

2014/07 (14)

2014/06 (11)

2014/05 (14)

2014/04 (12)

2014/03 (12)

2014/02 (13)

2014/01 (12)

2013/12 (15)

2013/11 (11)

2013/10 (14)

2013/09 (14)

2013/08 (10)

2013/07 (20)

2013/06 (14)

2013/05 (14)

2013/04 (15)

2013/03 (12)

2013/02 (13)

2013/01 (17)

2012/12 (20)

2012/11 (15)

2012/10 (15)

2012/09 (16)

2012/08 (15)

2012/07 (17)

2012/06 (15)

2012/05 (19)

2012/04 (17)

2012/03 (16)

2012/02 (19)

2012/01 (16)

2011/12 (17)

2011/11 (17)

2011/10 (20)

2011/09 (14)

2011/08 (19)

2011/07 (29)

2011/06 (19)

2011/05 (15)

2011/04 (12)

2011/03 (14)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (18)

2010/11 (17)

2010/10 (17)

2010/09 (17)

2010/08 (16)

2010/07 (16)

2010/06 (18)

2010/05 (27)

2010/04 (18)

2010/03 (17)

2010/02 (19)

2010/01 (14)

2009/12 (17)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (17)

2009/07 (16)

2009/06 (17)

2009/05 (14)

2009/04 (15)

2009/03 (19)

2009/02 (23)

2009/01 (31)

2008/12 (21)

2008/11 (17)

2008/10 (9)

2008/09 (21)

2008/08 (20)

2008/07 (30)

2008/06 (27)

2008/05 (28)

2008/04 (27)

2008/03 (28)

2008/02 (1)

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday