雨雨ふれふれ母さんが - グレーは淡青 hellblau
FC2ブログ

グレーは淡青 hellblau

 
04
 
今朝は久しぶりの雨です。
本当に恵みの雨なんです。
庭が乾燥遊牧地状態だったのです。


CIMG5212.jpg
CIMG5216.jpg


幼なじみのNIMAちゃん!(前の記事「皇居の草取り」で活躍雨がやんだらうちの草取り皇居のようには広くないけんに来てちょうだーい!!!

雨の日のセピア色の思い出、

小学校の頃雨が降ると母が傘を持ってお迎えにきていました。ある日、友達のお迎えはもう来ているのになかなか母が来ません???
私は子ども心にとても心配しました。
するといつもの紫陽花のようなお方(その時は神様のようでした)が来られました。私は「なんで早くこんかったん」、すると母は「いつも恥ずかしいけんはようこんでよかー」と言いしゃるけん、そうさせてもらいました。

母のありがたみを思い知らされました。




125年前の昨日(7月3日)フランツ・カフカ(作家)が生まれたとラジオでいっていました。

彼はチェコのユダヤ人でドイツ語で小説を書いた。作品はある朝目覚めたら芋虫とか化した男の心象を表現した「変身(DIE VERWANDLUNG)」、そして「城(DAS SCHLOSS)」も面白い作品です。

Comment

2008.07.04 Fri 16:06  |  

いつもは 誰もいない家に帰るの。
雨の日は ただいまって帰ると おかえりって迎えてくれる人がいるのがうれしかったな。
いまはね 雨が降るとおむかえコールがある。誰が悪いって、親があまいんだ!とわかってるんだけど・・・。学校の周辺は車の行列よ。

  • #-
  • kuwatyann
  • URL

2008.07.04 Fri 22:21  |  

v-124 kuwatyannさま、

そういえば娘たちも小2までそんなに遠い学校ではないのに車で送り迎えをしました。
私も甘い親でありました。
途中で雨が降ってきた学校に親たちが傘を持ってきていた情景はあの童謡とまったく同じの時代の人間なんですよー
コメントありがとうございます。

2008.07.05 Sat 02:14  |  

mimiへのお見舞いありがとうございます。
今は何事も無かったように走り回っています。
ブログを拝見すると広くて憧れてしまいそうな、お家!!ステキですね!!!
パソコンにまだまだ不慣れな為、なかなかお返事できずにいます。お許しを・・・。

2008.07.05 Sat 03:25  |  

時代は変わっても「母の愛」は不変ですね。

子供の頃母のそばで昼寝してフト目覚めて母がいないと泣きながらそこらじゅう探しまわった甘えん坊で泣き虫の私がいました。

そして、予想もせず傘を持って迎えに来てくれた時は嬉しすぎて素直に喜ぶ顔をしてあげられなかった私。

弱虫の私もこのカフカの「変身」を読みましたが内容は曖昧な記憶だけ・・・・

2008.07.05 Sat 07:42  |  

v-124 koukoさま、

愛猫の病気は子どもの病気と同じで心配ですよね。
ミミちゃん幸せです。いいお母さんが側にいますから。

私も機械は無理にいじらないことにして、できる機能で満足にしていますよ。


v-124 boumamaさま、

やっぱり同年代のお方は同じような体験をされているーうれしかー
カフカは私もあやふやですよ?!
「城」のなかでDIE BEAMTE(公務員)という章があるのですが昔から公務員ってこうなんだというのが解りますよー

2008.07.06 Sun 04:49  |  

ヘルブラウさんの思い出・・・雨雨フレフレ母さんが~~♪
今みたいに降水確率とか・・・なあんにもない時代・・・家に母が居てお迎えが・・・当たり前で・・・雨が降ってるのに母が来ないと・・・ど~~したんだろ~~??と・・・母の傘待ちのはずが・・・だんだん母自身のことが気になった・・・そんな子供だったことを思い出しました・・・
言いしゃるけん!なあんて素敵な響きなんでしょ♪友人の博多言葉です!大好きなの!
ヘルブラウさんの言葉の響き大好き!
私のおばあちゃんもう~~んと昔皇居の草取りに出かけました。皇居からのお礼は『菊の紋章入りの煙草』父たちが数本ずつ分け与えられていた事を思い出します。

2008.07.06 Sun 08:37  |  

v-124 nnyaさま、

あなたのコメント文そのままこの記事の文にしたいです。
自慢じゃありませんが私結構語学に長けているんですよ。
まず関西弁(これにもまた2カ国あるんです。私が話せるのは大阪と京都)、九州弁(長崎と博多、鹿児島弁は意味不明です。)、江戸っ子弁、日本語の標準語は苦手でーす。それにこれも苦手なドイツ語と英語。
けっこう多いでしょう?!
そちらのOMA様も高徳なお方ですね(笑)
OPA様のタバコのために頑張られたのでしょうね?!


2008.07.06 Sun 10:18  |  

こちらも、今、雨が降り始めました。。
しとしと、、と言う感じですが、遠くで雷の音もしていたので
そのうち雷くんも来るかもしれません。

毎日、蒸し暑いので「よいおしめり」になると思います。
「雨の日に、傘を持って迎えにきてくれるお母さん」
は、誰の心の中でも子供時代の原風景になっているカモね。

その日のアスファルトの匂いまでが、鼻の奥に
たちのぼってくるようです。

あ、、、本降りになってきました。
夕立かもしないなぁー。

「クライマーズ・ハイ」にコメントを下さってありがとう。
やはり、映画のことになると、いつものコメントの
キャラとはひと味違いますね、ヘルブラウさん☆☆

  • #-
  • BECCAN
  • URL

2008.07.06 Sun 14:44  |  

v-124 BECCANさま、

若いあなたのいい文章、そして紹介してくれる記事の目の付けどころ、娘は変なのが2人いるのでもう結構なんですが、こんないい娘ならもう一人いてもいいかなー
あなたの意向も聞かないで勝手に娘にしていますよー(笑)

日本映画紹介してくれてありがとうさん!

2008.07.08 Tue 11:20  |  

あ、、、ありがとございます☆
非常に光栄であります。
お母さんが一人増えた!!
わぁい☆わぁい☆
しかも、一人っ子の私にいきなり妹(多分)が二人できた!!
わぁい☆わぁい☆

  • #-
  • BECCAN
  • URL

2008.07.08 Tue 14:57  |  

v-124 BECCANさま、

上が今年26歳、下が16歳、二人ともちょっと抜けていますが可愛い妹にしてやってください。
今度この二人が生意気なことをいうものなら、
もうあんたらみたいな娘はいらん、日本によか長女がいるけん!!!
と啖呵切るのが楽しみです。うっふっふー






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://hellblau519.blog.fc2.com/tb.php/116-4d00e02f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール




 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去記事(ログ)スクロール

2019/09 (3)

2019/08 (4)

2019/07 (4)

2019/06 (4)

2019/05 (3)

2019/04 (6)

2019/03 (4)

2019/02 (4)

2019/01 (5)

2018/12 (6)

2018/11 (4)

2018/10 (4)

2018/09 (5)

2018/08 (5)

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (4)

2018/04 (3)

2018/03 (7)

2018/02 (6)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (2)

2017/10 (4)

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (8)

2017/06 (6)

2017/05 (9)

2017/04 (6)

2017/03 (5)

2017/02 (6)

2017/01 (5)

2016/12 (10)

2016/11 (5)

2016/10 (4)

2016/09 (5)

2016/08 (8)

2016/07 (8)

2016/06 (8)

2016/05 (8)

2016/04 (7)

2016/03 (6)

2016/02 (10)

2016/01 (8)

2015/12 (8)

2015/11 (6)

2015/10 (6)

2015/09 (10)

2015/08 (14)

2015/07 (20)

2015/06 (12)

2015/05 (12)

2015/04 (13)

2015/03 (11)

2015/02 (10)

2015/01 (14)

2014/12 (14)

2014/11 (12)

2014/10 (11)

2014/09 (12)

2014/08 (15)

2014/07 (14)

2014/06 (11)

2014/05 (14)

2014/04 (12)

2014/03 (12)

2014/02 (13)

2014/01 (12)

2013/12 (15)

2013/11 (11)

2013/10 (14)

2013/09 (14)

2013/08 (10)

2013/07 (20)

2013/06 (14)

2013/05 (14)

2013/04 (15)

2013/03 (12)

2013/02 (13)

2013/01 (17)

2012/12 (20)

2012/11 (15)

2012/10 (15)

2012/09 (16)

2012/08 (15)

2012/07 (17)

2012/06 (15)

2012/05 (19)

2012/04 (17)

2012/03 (16)

2012/02 (19)

2012/01 (16)

2011/12 (17)

2011/11 (17)

2011/10 (20)

2011/09 (14)

2011/08 (19)

2011/07 (29)

2011/06 (19)

2011/05 (15)

2011/04 (12)

2011/03 (14)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (18)

2010/11 (17)

2010/10 (17)

2010/09 (17)

2010/08 (16)

2010/07 (16)

2010/06 (18)

2010/05 (27)

2010/04 (18)

2010/03 (17)

2010/02 (19)

2010/01 (14)

2009/12 (17)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (17)

2009/07 (16)

2009/06 (17)

2009/05 (14)

2009/04 (15)

2009/03 (19)

2009/02 (23)

2009/01 (31)

2008/12 (21)

2008/11 (17)

2008/10 (9)

2008/09 (21)

2008/08 (20)

2008/07 (30)

2008/06 (27)

2008/05 (28)

2008/04 (27)

2008/03 (28)

2008/02 (1)

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday