グレーは淡青 hellblau - 2018年09月
FC2ブログ

グレーは淡青 hellblau

 
03
 





僕 🕺🏽こんな感じで生まれてキターー

母ちゃんは2日間も病院で僕を産むのに

よう頑張ってくれはった

僕はもう少しだけ胎内でノンビリと

浸かっていたかったんやけどぉ~

そろそろ出て行かんと、母ちゃんの

お腹切られそうやったし

まぁ、母ちゃんの母ちゃんにも

はよ~会いとうなったし

この世界で生きていく覚悟を決めたんやわ~





ファティー(父)もムティー(母)も僕が生まれたことを

とても喜んでくれたよー

オパ(爺)とオマ(婆)がウィーンにお祝いに来た時

オマが撮った僕↓はなかなかいけてるよねっ!








掃除嫌いなヘルが娘に出産祝いにプレゼントしたのは

拭き掃除をしてくれるロボット↓ なんですよー






とても活躍してくれているようで、娘に喜ばれています

ヘルもバァちゃんにしてくれてありがとうと喜んでいますよ〜



いつも応援ありがとう !

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

関連記事
 
07
 
今日は毎月11日に福島原発事故を思い出す記事を書き続ける

このブログですが、今月11日(もちろん更新します!)前に

2011年5月7日の記事読んでみてー




ネットで日本の新聞を読んでいて、やはり日本人には原発を止める力はマスメディアの力が大きいとすればと永遠に持てないように想われる。中部電力など管首相の要請などすぐに聞く耳は持たぬ(戦時中の軍部と同じ)と宣言しているのである。そして社民党と共産党を除く他の党(国民の多くが参政する)は利権丸出しの党の実態をさらけ出してはいませんか・・・、特に宗教がらみの公明党の「東海大地震の危険性は前々から指摘されていることだが、なぜ今なのか。いきなりすぎる。信じられない。」、この発言には今の日本の状態がやはりなんもわからん強欲雲古党であったことが暴露されたのではないかしら・・・  フン!


以下はMSNニュースより

石原伸晃自民党幹事長「電力供給はどうなるか、今後のエネルギー政策も含めて総合的に判断したのか。国会で十分な説明を求めたい」

 石破茂自民党政調会長「唐突な感じがする。いかなる権限で首相が原発停止を要請できるというのか。その決断をダメだとはいわないが、要請するからには根拠をきちんと示してくれ。それが政府の責任だ。とにかく止めろといわれても中部電力も困ってしまうだろう。このままではあちこちの原発を止めろという話にもなる」

 東順治公明党副代表「東海大地震の危険性は前々から指摘されていることだが、なぜ今なのか。いきなりすぎる。信じられない。東西日本の電力周波数の統一など他の手だては十分なのか。復興に向けて立ち上がろうとしているときに十分な検討を加えた上でのことなのか」

 福島瑞穂社民党党首「首相の英断を高く評価する。脱原発の未来を切り開く大きな一歩となる。東海地震が起きる前に決断してくれて良かった」

 穀田恵二共産党国対委員長「浜岡原発は活断層の上にあり、停止要請は当然だ。これを機に『安全神話』との完全な決別が必要だ」

 細野豪志首相補佐官「首相は4月初旬から浜岡原発を非常に意識していろいろな見解を聞いてくるような指示があった。中部圏の経済に与える影響が最大の懸念だった。非常に難しい判断だと思う」


管首相は党の中でも孤立してるんでしょうねぇ~・・・






 
現在の福島原発事故で政府、東電発表は信用できないと想われる方はどうぞ→小出祐章(京大助教)非公式まとめ
↑は毎日更新されています。 

必見Youtube

1988年にこの動画ができていたのに・・・

続きは上のまとめでみれますよ~!


↓ 前のヘルのブログ記事をもう一度読んでください!

ドイツのTVのエネルギー問題の番組をみていたのですが、火山国(地熱)、国土の70%が山岳地帯(水力)、海に囲まれている(風力)日本であるから、原子力発電から他の電力への転換が世界でも一番早くできる国ではないかというコメンターがありました。



5月6日 ヘルのつぅ言ったー

日本のニュースで菅首相が浜岡原発の全機停止を中部電力に要請したということで遅いのではありますが、仕方なくとも想えますがいろいろと反対勢力も多い中、決断されたことを評価しますが、でも停止ではなく廃止といって欲しいなー!!!



いつも応援ありがとう !

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
11
 

8月末の北海の船上からみるどこまでも平らな北ドイツ、 ( Büsum市沖合から撮影 )





7年と6ヶ月が経ちました




北海道での強い地震は稼働中の原発がなかったのは不幸中の幸いであったのに、

あの金の亡者のホリエモンは原発推進を得々と述べ、アホの感染に侵される

多くの日本人は電力供給の危うさを原発停止のせいにしてさらに滅亡への稼働へ、

日本は昔から台風、地震は大なり小なり頻繁にあったもので、でも日本人はそれなりに

復興してきていたんだよねっ、でも原発事故が起るとどうか?

皆さんにはいちいち説明しなくてもチェルノブイリ、福島の原発事故でわかるよねっ

世紀最大のような台風21号に襲われた関西での工事中のクレーン、建付けの悪い物干し台

安易に取り付けられた看板、縦高のトラック、乗用車等が紙切れのように飛ばされていく映像は

もしこの破片が人間にあたったらという恐怖で怯えましたが、

それでも7年半前の東北大地震の後、電源切れで原子炉冷却ができなく爆発して莫大な放射能を

世界中に撒き散らした福島原発事故時の脱落感にも似た恐怖は今以上で忘れることはできません

今だに原発事故では死人は出ていないとか嘘っぱちを得意げに言う役人、知識人が多いのですが

誰も責任を取らない、取れない 原発は廃止するのが

真っとうな人間がすることですが、悲しいかな、日本人はできないんだよねぇ~




福島原発事故の前に新設されて今まで動かすことがなかった松江市近距離の

島根原発を動かそうとする悪人たち(安倍政府、島根県知事、中国電力)の

意のまま、なぜにあえて国存亡の危機を日本人は受け入れるのだろうか

次は青森県に作られている大間原発も早急に動くことになるであろうか

危険な原発がなくても電力供給はこの7年間はほとんど節電などもしとらんし

原発が動いていても強い台風、地震では停電するんだし、原発動かないことで

不都合なことはなんなのか、誰かよ~くわかるように教えてくれへん!

原発は危険ではないなどとほざくアホ、バカが今だに多い日本だからね~


故郷に帰りたいんじゃなく、お上が帰したいんだよー、

言いなりになるしかないのかな~?




先日リオデジャネイロ最大美術博物館が全焼して世界の貴重な遺産が一瞬で消滅しました

日本と違ってかの地の人々は政府の管理対応の杜撰さを大きなデモで訴えています


デモや裁判で訴えるなど優しい間抜けな日本人には考えられないのかもねぇ~


ヘルの意地悪口はもううんざりでしょうから、最近のチューブして考えて観るー!






いつも応援ありがとう !

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
16
 








林檎はそのまま食べたり、ムースにして冷凍庫へ

そのうちにアップルパイに使われることでしょう

花梨は久し振りにゼリーを作って、お母さんになった娘へ

ノド薬として送ってあげましょう


さて、

作ろうか作るのよそうか思案中なのが

ハーゲンブーテ(薔薇の実)のジャム







↓は来年きっと実をつける筈の葡萄、ワインが作れるようになれるかしら~





↓は綺麗な赤い実ですが食べれないナナカマドの実








いつも応援ありがとう !

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
19
 
樹木希林さんが亡くなった

彼女は初めから女優にはなれなく俳優であった

彼女の奇抜な人生を大々的に日本社会は褒め称えているようだが

傲慢ヘルにはどちらかというと嫌いな俳優で、演技上手というより

容姿へのコンプレックスが強く感じられ、すべてをあきらめた

ような不自然体が観客には自然体と好意な勘違いをさせたのではないか

とさえ想ってしまうのである


ヘルより8歳上なのだが、彼女は50代に網膜剥離で片方の眼を失明している

やはり50代で網膜剥離なったヘルは手術を拒否した樹木希林さんを知り

テレビドラマで活躍していた頃の彼女に感じた虚無、諦め、自虐等を

改めて確信したのです


彼女が惚れたロックシンガーとの結婚生活も他人が口出しすることでは

ないのだが、なんとも性をおろそかにしたもののようで

彼女の強かな世渡りの巧さにヘキヘキして日本社会での評判とは

違った感があります


昔から老いを晒していたので、もう充分生きたということでしょうか


ヘルが好きな是枝監督の作品で最後の俳優人生を閉めくったということは

樹木希林さん、来世ではあなたは劣等感ではなく優越感で吹っ飛ばしてねっ!










2年前の記事「追悼 コーエン」を「追悼 樹木希林」にさせてください



60年代後半、疾風怒濤とも言える時代の好きなミュージシャンでした

82歳だったそうで、まぁ寿命全うしたと言えます

「パルチザン」を歌う今昔老若のコーエンの姿に物思いに耽るヘルです



















コーエンの「ハレルヤ」はいいねぇ~




理屈ではなく行動は大切よねぇ~
br_decobanner_20090831040225.gif にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール




 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去記事(ログ)スクロール

2018/12 (4)

2018/11 (4)

2018/10 (4)

2018/09 (5)

2018/08 (5)

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (4)

2018/04 (3)

2018/03 (7)

2018/02 (6)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (2)

2017/10 (4)

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (8)

2017/06 (6)

2017/05 (9)

2017/04 (6)

2017/03 (5)

2017/02 (6)

2017/01 (5)

2016/12 (10)

2016/11 (5)

2016/10 (4)

2016/09 (5)

2016/08 (8)

2016/07 (8)

2016/06 (8)

2016/05 (8)

2016/04 (7)

2016/03 (6)

2016/02 (10)

2016/01 (8)

2015/12 (8)

2015/11 (6)

2015/10 (6)

2015/09 (10)

2015/08 (14)

2015/07 (20)

2015/06 (12)

2015/05 (12)

2015/04 (13)

2015/03 (11)

2015/02 (10)

2015/01 (14)

2014/12 (14)

2014/11 (12)

2014/10 (11)

2014/09 (12)

2014/08 (15)

2014/07 (14)

2014/06 (11)

2014/05 (14)

2014/04 (12)

2014/03 (12)

2014/02 (13)

2014/01 (12)

2013/12 (15)

2013/11 (11)

2013/10 (14)

2013/09 (14)

2013/08 (10)

2013/07 (20)

2013/06 (14)

2013/05 (14)

2013/04 (15)

2013/03 (12)

2013/02 (13)

2013/01 (17)

2012/12 (20)

2012/11 (15)

2012/10 (15)

2012/09 (16)

2012/08 (15)

2012/07 (17)

2012/06 (15)

2012/05 (19)

2012/04 (17)

2012/03 (16)

2012/02 (19)

2012/01 (16)

2011/12 (17)

2011/11 (17)

2011/10 (20)

2011/09 (14)

2011/08 (19)

2011/07 (29)

2011/06 (19)

2011/05 (15)

2011/04 (12)

2011/03 (14)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (18)

2010/11 (17)

2010/10 (17)

2010/09 (17)

2010/08 (16)

2010/07 (16)

2010/06 (18)

2010/05 (27)

2010/04 (18)

2010/03 (17)

2010/02 (19)

2010/01 (14)

2009/12 (17)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (17)

2009/07 (16)

2009/06 (17)

2009/05 (14)

2009/04 (15)

2009/03 (19)

2009/02 (23)

2009/01 (31)

2008/12 (21)

2008/11 (17)

2008/10 (9)

2008/09 (21)

2008/08 (20)

2008/07 (30)

2008/06 (27)

2008/05 (28)

2008/04 (27)

2008/03 (28)

2008/02 (1)

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday