グレーは淡青 hellblau - 2018年01月30日
FC2ブログ

グレーは淡青 hellblau

 
30
 
昨日の日本のネットニュースで日本の9大電力会社の自然再生エネルギー電力会社へのなんとも屈折した嫌がらせ(法律違反もはなはなだしい、悪既得権乱用)を知ることができました。

日本全国の送電線は自然再生エネルギー新電力会社の使用する余地がなく、膨大な使用量を支払わなければならないので断念する新企業が多いというのである。


このニュースでは京都大学自然再生エネルギー研究所の教授の良心的なコメント「現在送電線利用は2割程度なので、原発再稼働のために送電線容量を8割(福島事故前でも日本の原発電力の割合は24%程度なのに、アホもいい加減にせい!)も残しているという電力会社の意向である。」もあり、悪徳科学者がはびこる日本社会でこういう研究者がいることになにやら救いを覚える。


↓もう一度読んでみてー!、


電力自由化法案ができた時のヘルのブログ


「5年が経つ、50年、100年後まだ続くのです。。。」

世界最大の福島の原発事故の後も、この地震国日本は原発推進を今なお続けています。

原発からの電気は必要不可欠だと国民を騙し、国民も騙し続けられることに

慣れてしまったようです。


これからも原発事故は起きるのは必然で、国民は自分で自分の身を守らなければなりません。

琵琶湖が飲料水の根源である関西人には極悪関西電力が今年1月に稼働した高浜原発が

事故った時のことを常に頭に入れておかねばなりません。

まずは常時、1週間分の飲料水は買い貯めておくということはして置いた方が

初期内部被曝を少しでも避けれるかもしれません。





4月からの電力の自由化で消費者が会社を選べる

ようですが、もうそろそろ手続きを始められているとは想うのですが、?

それとも、選挙に行かないのと同じで、手続きなど面倒くさそうだから、

今までのままでいいやー、かなっ、そういう人きっと多いんだろうなぁ~

もう一度取り返しのつかない福島のような事故がおきても、文句ひとつ言えなく、

泣き寝入りが楽だと思う、なんとも不可解な易しい諦め国民のようですものねぇ~






世界でも高い電気料金をふっかけ、既得した原発利権になにがなんでもしがみつく現在の日本の

電力会社からこの自由化でやっと解放されるという喜びがもうすぐなのに少しも感じられなく、

新しいことへの不安からくる否定、反体制ではないかと怯える知性のなさ、

自由化されても、日本のお上の電力会社は安泰でもったいないので全ての原発を動かし、

原発からでる半分以上のエネルギーはこれまでのように海へばら捨て、国民にはふんだんに

電気を消費するように仕向けていくことでしょうねぇ~

それが日本のアカルイミライなのかもねっ、



これからも天災ではなく起こるべきして起こった人災事故の福島原発事故のように

日本の原発事故は続くのでありましょう、 (これがアカルイミライなのぉ~。。。)



いや、私は原発からの電気はいらないよー、って

4月から、やっと選べるようになったんですよー、


原発依存から抜け出るいいチャンスをあなたの手でつかんでねっ


それでも、まだあなたは原発を稼働した九電、関電の危険で価格も高い電気を使うのでしょうか。。。



ー以上ー









この記事にきたコメント4と返信4も読んでみる〜


Comment
2016.03.11 Fri 11:31

いつも読ませていただいています。

東日本大震災追悼の記事かと思ったのに原発のことばかり。原発問題も大切ですが、あの膨大な犠牲者そして今も苦しんでいる被災者に対する言葉が一つもないのは残念です。


コメント様、

いつも読んでいただいているようで、最初のコメントですねっ、

口先ではなんともでお悔やみは言えます、こちらのTVでも日本の
盛大な儀式の様子がながれました。

でも犠牲者の方々にはなんの救いでもありません。

ちっぽけなこのブログを読んで被災者への言葉がないと嘆かれる
あなた様はきっとすばらしい、優しい日本人なんですねっ、





2016.03.12 Sat 14:45 | 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



鍵コメ様、

このあなたからのコメントはブログをまた書いてもいいか、と念え うれしいよー、

毎月11日には今まで原発廃止へのことを書いてきたのに、5年目も同じようなことを
書いてはいけなかったのかと何やら不可解さを拭えません。

自分が想う以上にこのブログはいろんな方々に読まれているんだと、
なにやら嫌気がさしています。

まあ、建前の被災者への慰めの言葉を書けば嘆かれることもないのでしょうが、

人間ができてないんやわー、


時実新子大姉御の

寒菊の 忍耐という 汚ならし

に共感する○○○○人間なんです、  ふぅー  ためいき、







非難されたとお思いになられたのなら申し訳ありません。
ただ被災地出身のものとして犠牲になった友人、知人のことを思うと、もう思い出してもくれない人がいるのかと悲しくなったのです。故人にとっては思い出してもらえることが供養になると思ったものですから。
すみません、ヘルブラウ様はお書きにならないだけで心では思ってくださっているかもしれませんのに。

ちっぽけなブログと謙遜してお書きになられていますが、公開されている時点でかなりの方が訪問して読んでいられると思いますよ。


コメント様、

原発、原発のことばかりと非難されたんじゃないんですか?、

被災地出身でお知り合いに犠牲者もおられるのなら非難して然りなんですが、
コメントとして書いてこられたあなたの嘆きはやはりこのブログへの叱責です。

3.11はこちらではやはり福島原発事故のことで、日本ではどうも原発事故のことを
あまりとりあげたくないような気がしませんか、

謙遜ではなく、ちっぽけはちっぽけなブログなんですよ〜、
でも原発廃止のためにはもっともっと多くの方々に読んでほしいものです。

次のコメントではあなたの原発へのご意見聞かせてねっ!




私も原発反対派です。
実際、私の故郷は汚染され続けているわけですし。



コメント様

あのぉ〜、私は原発反対ではありませんよ〜

あなたはドイツ在住と想われますので、ブログ村ドイツ情報のブロガーさんが書かれた↓を読んでみてください。


ー このグループが出来たきっかけである5年前の東日本大震災のこと、海外在住の私たちでなにかできることないかと活動始めたことなど説明しました。実は、このイベントは図書館の読書週間の一環で、最初、最終日である3月11日を提案されたのですが、この日に日本の行事を開催すると震災関連、質問なども出てくるでしょう。もしかしたら、原発反対派が乗り込んでくるかも、、、など懸念して、読書週間のオープニングに変更してもらいました。ー


なんともやりきれないものです。。。 ー

3.11に関する催しはドイツ各地でもあっているようで、ハンブルクでの催しおさそいのメールがきていましたが、 2011年に集めた震災寄付金の使用に不正があったりしたようで、こういう会へは乗り込(笑)まないようにしています。 震災復興がおざなりで原発推進の日本政府への反対は在外選挙で原発廃止への私の意志を表しています。 あなたも原発反対の意思表示をしてねっ!


ブログの記事に一喜一憂はもうしてられませんし、疲れますのでこれでおしまいです。



ーコメントは以上ですー



ほんまに原発事故防ぎたいなら電力会社をチェンジやでぇー

奈良のヘルの終の住処は南向きのバルコニーにソラーパネルを置く予定です

そしてもともと高い関西電力なんやから自然再生エネルギー電力の新会社に

と変えて応援します。そして歳とるとガスコンロは危ないかと電気に変える予定でしたが

何があるかわからないので都市ガスコンロは一口でも残しておこうとおもうてますねん




そやけど日本人の銭湯戦闘好きには呆れてしまうわ〜、

Gブログ友さんは「安倍首相が平昌オリンピック出席するのはいかん」と書いてるし、

I ブログ友さんは「韓国の首相は卑怯ですかん」と言うし、

あの日の丸を背負った櫻井女史は 「韓国は失礼な国だ」と怒っているし、


なんや日本がアメリカに先駆けて朝鮮へミサイルでも一発かましたらんか

という世相におもえてくるんやけど、そんな危ないことしたらあきまへんでぇー、

ソウル、東京に住む何千万の人々、いや朝鮮半島、日本が全滅ということで

東アジア人種の滅亡ということですねんよ、


もともと日本はこの諍いの当事国ではないはずで、安保同盟がどうであれ

世界で唯一の日本の平和憲法をうまく利用するんが日本人の知恵ではありませんか

朝鮮人はいかん、好かん、失礼。。。などの言葉が蔓延する日本社会、

政治家、法律家、大企業が無茶な悪事を働いても裁かれない日本社会が

辿る道はもう皆さんにはお分かりでしょう。。。 チーン (オリンの音でし)








いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール




 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去記事(ログ)スクロール

2018/10 (2)

2018/09 (5)

2018/08 (5)

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (4)

2018/04 (3)

2018/03 (7)

2018/02 (6)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (2)

2017/10 (4)

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (8)

2017/06 (6)

2017/05 (9)

2017/04 (6)

2017/03 (5)

2017/02 (6)

2017/01 (5)

2016/12 (10)

2016/11 (5)

2016/10 (4)

2016/09 (5)

2016/08 (8)

2016/07 (8)

2016/06 (8)

2016/05 (8)

2016/04 (7)

2016/03 (6)

2016/02 (10)

2016/01 (8)

2015/12 (8)

2015/11 (6)

2015/10 (6)

2015/09 (10)

2015/08 (14)

2015/07 (20)

2015/06 (12)

2015/05 (12)

2015/04 (13)

2015/03 (11)

2015/02 (10)

2015/01 (14)

2014/12 (14)

2014/11 (12)

2014/10 (11)

2014/09 (12)

2014/08 (15)

2014/07 (14)

2014/06 (11)

2014/05 (14)

2014/04 (12)

2014/03 (12)

2014/02 (13)

2014/01 (12)

2013/12 (15)

2013/11 (11)

2013/10 (14)

2013/09 (14)

2013/08 (10)

2013/07 (20)

2013/06 (14)

2013/05 (14)

2013/04 (15)

2013/03 (12)

2013/02 (13)

2013/01 (17)

2012/12 (20)

2012/11 (15)

2012/10 (15)

2012/09 (16)

2012/08 (15)

2012/07 (17)

2012/06 (15)

2012/05 (19)

2012/04 (17)

2012/03 (16)

2012/02 (19)

2012/01 (16)

2011/12 (17)

2011/11 (17)

2011/10 (20)

2011/09 (14)

2011/08 (19)

2011/07 (29)

2011/06 (19)

2011/05 (15)

2011/04 (12)

2011/03 (14)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (18)

2010/11 (17)

2010/10 (17)

2010/09 (17)

2010/08 (16)

2010/07 (16)

2010/06 (18)

2010/05 (27)

2010/04 (18)

2010/03 (17)

2010/02 (19)

2010/01 (14)

2009/12 (17)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (17)

2009/07 (16)

2009/06 (17)

2009/05 (14)

2009/04 (15)

2009/03 (19)

2009/02 (23)

2009/01 (31)

2008/12 (21)

2008/11 (17)

2008/10 (9)

2008/09 (21)

2008/08 (20)

2008/07 (30)

2008/06 (27)

2008/05 (28)

2008/04 (27)

2008/03 (28)

2008/02 (1)

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday