グレーは淡青 hellblau - 文字と言葉

グレーは淡青 hellblau

 
23
 
ヘルの旧いブロ友さくらがいさんは今年7回目の干支を迎えられたステキな紳士です。

このブログでは以前彼の1901年生まれの母堂様の33回忌に3人の息子様たちが編集された

句集を紹介しました。→「 1901年生まれの佳人の句集



そして、やはりお母様からの俳句への憶いはさくらがいさんに確かに受け継がれたようで

句会等の投稿で素晴らしい評価を受けていて、今月の誕生日に初句集を出版されました。










この句集からヘルの好きな句を皆様にご紹介します。













案内書にはみられない京都の隠れ処を知りたい方は

さくらがいさんのブログ「桜貝のぶらり京都たび」を訪ねてみてくだされば、

格別な京都が発見できるでしょう!





理屈ではなく行動は大切よねぇ~


人気ブログランキングへ
br_decobanner_20090831040225.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
 
18
 
今年のノーベル文学賞にボブ・ディランが選考されたようです

結構な賞金ももらえるようなのでディラン氏はきっと喜んで受賞されるでしょう

ところで今までにこの賞を辞退した作家がいたでしょうか、

いましたー、


ー以下はグーグって転載しましたよー



旧東側(社会主義国)では,政治的圧力によって辞退した例等があります。

ただ,自発的辞退は,フランスの文学者・哲学者サルトルによる文学賞辞退だけです。
彼は「文学作品の価値は人民によって決定される。偉そうな賞は嫌いだ。」とかっこいいことを言って辞退しました。

ちなみにサルトルは,文学者・哲学者として一流であると共に,あらゆる権威・権力と闘った気骨の人でした。第2次世界大戦中はレジスタンスに参加してナチスドイツと闘いつつ,20世紀最大の哲学書と言われる『存在と無』を書き上げています。

フランスの植民地だったベトナムでフランス軍がホーチミン率いるベトナム独立軍に敗れたとき,「フランス軍がいかに強くても,歴史の歯車を逆に回すことはできない」と喝破したのは有名です

また,広島・長崎への原爆投下を知ったとき,「アメリカも黄色人種だと思ってよくやるな。ドイツには絶対に落とさなかっただろうな」と,アメリカの人種差別を指摘した発言もあります

ベトナム戦争時には人民法廷を開いてアメリカの戦争犯罪を断罪しています。

こういう人ですので,ノーベル文学賞など眼中になかったことも当然と思われます。

なお,サルトルが亡くなったとき,フランス政府は国葬にしようとしましたが,事実上の妻であったボーボワールが断って一人で葬儀を行いました。しかし,サルトルを慕う人々がなんの呼びかけもないまま5万人も集まり,サルトルの葬列のあとについてモンパルナス墓地まで行列を作りました。私はフランスでサルトルの墓を見ましたが,サルトルの名前と生没年だけが記載され,十字架さえない本当にシンプルな墓でした。しかし,誰が手向けたのか,幾つも花がおかれていたのが印象的でした。



ー以上グーグってみつけましたー




物語性を問うなら↓この歌も結構いいわねぇ〜










↓は My back Page (アラッ、これはディランの歌の題名だわ、この歌好きだなぁ〜) より、



あの津波と原発爆発の映像で世界中の多くの人々は暗黒の脅威に包み込まれ、

そして今もなお脅威に怯える人々、言葉では語りつくせそうもありません・・・

自然の驚異は人間の驕りを思い知らされるもので、そのことを謙虚に享けとめます、

所詮人間にはそんなことぐらいしかできないものなんですが、

強欲な人間ほどあがくようで、でもあがかない人間も困ったものです・・・

安全嘘にどっぷり浸かりたがりの鈍重な人々には悪魔の声も天使の声だもんねぇ~、





P1120206 (405x540)P1120207 (405x540)P1120208 (405x540)

3つの違った花瓶に白いバラをいけてみました、いかがかしら・・・




理屈ではなく行動は大切よねぇ~
br_decobanner_20090831040225.gif にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
 
02
 

3月末日のハンブルクの家の近所の桜





ネットで観る日本の桜は全国津々浦々で美しく開花してるようで、家の桜のようなまだ蕾ののんびりの日本のサクラちゃんがヘルが日本に着く頃に開花してくれるといいなぁ〜

いつもの身勝手なハン子どす。。。


日本ではブログ友さくらがいさんririさんとは毎回帰国の度にお会いしていて、昨年は春にKuwaちゃん、秋にお夕さんにお会いできた果報者のヘルブラウなんですが、いつもお会いしたいと念いつつ機会がないままお会いしてないおたまちゃん、それに前に何度かお会いしたしぇるさんにもまたお会いしたいなぁ〜。。。

いつも念うているねんけど、なかなか縁は持てへんみたいやし、今回もきっとダメでしょうね〜、淋






願わくは 桜盛りの 京の庭   淡青






芭蕉の桜の句集の映像作品でひとときを楽しんでみますぅ〜









うたのすけ殿のブログ「昔男の流」という題の由来がこの歌人だということで、最後にこの歌を



世の中に絶えて桜のなかりせば
       春の心はのどけからまし    

                  在原業平






理屈ではなく行動は大切よねぇ~
br_decobanner_20090831040225.gif にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
 
05
 




ウィーンに住む娘が本の出版(2015年10月発行)記念パーティーに出席するために

先々週ハンブルクに来ていました。その本を家の近くの本屋に注文(Amazonでも

注文できますが好きじゃないんだわ~
)して買いました。


この本は2014年に 娘たちがハンブルクの Filmmacher(映像作家)10名をインタビューと

映像で作家ごとにメトロポリス(映画館)で上映したものの集大成なんですが、イラストや

写真がないので、なかなか読んでみようとはおもわなく本棚の肥のようです。



その点、淡青の句集(2014年2月27日発行)は写真と小文付き(文字が小さいのが玉に瑕)の

一暇な時間に好きな写真、好きな句をボーッと眺めることができるなかなか素敵な本の

ようです。(ふ~~ん)




20年ほど前の春の句



9年前の秋の句



8年前の冬の句





この淡青の五七五「ここ」を手にとってみてみたい好奇心旺盛の素敵なあなたに
しおまち書房さんが販売を始めました。 書籍販売 ←ここをクリックしてみてねっ、






理屈ではなく行動は大切よねぇ~
br_decobanner_20090831040225.gif にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
 
27
 

ベルリンのBröhan-Museumの庭




勇足への箍が外されてしまいました。

自民、公明党の議員たちの笑いは、なんとも腹立たしいもので、何故こういう法案を作らねばならなかったかという、彼等が言う危険性など所詮誰も深刻には考えてないからヘラヘラと笑っていられるんでしょう。。。







ヘラヘラと 笑う門には 鬼来たる   淡青

へらへらと わらうかどには おにきたる








理屈ではなく行動は大切よねぇ~

br_decobanner_20090831040225.gif にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
 
27
 






左はデモクラTVでお馴染みの軍事ジャーナリストの田岡俊次さんの宛名とサイン入りの本

ドイツから注文して大阪の姉のところへ送ってもらっていたのです。彼の見識の深さから来る

的を射る発言はヘルがデモクラTV会員を続けるソースであり、この本にはまだまだ様々な

今まで知らなすぎた世界の出来事が浮き彫りとなっていき、これからの日本の行く末が示唆

されているようで興味があります。




右は在阪の時はよくお邪魔する平岡珈琲店の3代目店主の小川清さんが書かれた本で、

ひょんなことから頂くことになりました。前に大阪ガスビルで平岡珈琲店の歴史のセミナーに

姉と一緒に参加した時にただの珈琲店のマスターではない知識人だとは想っていたのですが、

この本「淀川の治水翁、大橋房太郎伝」はこの大阪の歴史上の人物が生き生きと甦える文才で

次回からは彼の淹れる一杯の珈琲がさらに味わい深いものになるようです。















早いものでこのハンブルク日本映画祭が開催されてもうすでに16年が経つのですねぇ~、

当時はインターネットで映画やドラマを観れる時代ではなく、吹き替えがメインの

ドイツの映画界で日本語がそのまま聴ける日本映画が観れる唯一の映画祭で、日本公開前に

観れた映画などもあり、娘たちも毎年楽しみにしていたのです。


今夜のオープニングは『ルパン3世』で観たい映画ではありませんが、招待券を2枚

いただいているので第1回から長年にわたりこの映画祭を応援してきているし、

娯楽映画で字幕があるようなので家人を連れて行くことにします。


映像作家の友人も今日ハンブルクに着くようで、元気だったら会場(メトロポリス映画館)に

駆けつけるとメールがきていたので会えるでしょう。






↓ 続けております、クリックしてねっ!
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ br_decobanner_20090831040225.gif






 
13
 

訃報


先ほどニュースでグュンタ・グラス

リューベックの病院で亡くなったといってます。

ヘルの好きなドイツ文学者で「ブリキの太鼓」

シュレンドルフ監督がすばらしい映画にしています。

グラスは絵も描いていて彼のリトグラフィーを25年ほど前の展覧会で

とても気に入り家に飾っています。





それからズッーと彼はドイツで暮らすヘルを見守っていてくれたような気がします。








 
03
 






すでに欧州生活が日本より長くなったヘルですが、こちらの初めて会う幼い子どもの眼は今なお正直に異質なものをみる眼であります。しかし成長すると親や社会の影響を受けた眼になってるんよ〜



話はネットでみた記事のことで、

ガクトという日本ではカッコいいかもの芸能人がパリのレストランで席案内であきら様なアジア人に対しての偏見を受けたと叫んでいるのに、その中で中国人観光客のマナーの悪さを取り上げているのがなにやらわけわからんわぁ~、彼が外が見える席へ座りたいなら聞いてみればいいことだし、後から中国人が大勢来たからその席が嫌になったんじゃないのー?

しかし、そのパリのレストランは人種による差別をしているのでボイコットすればいいのです。

有名だからと行って差別されて、その腹癒せを他のアジア人を差別するアホな日本人の典型やわ~


こんな差別には敏感なのに、日本政府があきら様に強引に施工している沖縄辺野古新基地建設に

なぜに日本人は怒りを現さないんだよー
( あきら様=あからさま、いつもの汚文だけどそのまましとこっ、と 笑 )





健全な偏見を忘れた愚民なのか、私たち日本人は!








 
23
 
今日は副題として「明治維新を糾弾する」というなにやら物騒な話へと言及しております。


このブログの親愛なる読書の方々はご存知だとおもわれますが、日本政府はある時期愚かにも、いや本気で日本語をローマ字表記にしようと目論んでいたことがあります。

全てが西洋表記、アルファベットということなんです、現在パソコンで打っている表示そのままということになるのですが、幸運にも見事に日本語変換してくれるマシーンを使いこなす現代人には愚かな選択をしなかった先人達に感謝しています。

もしも愚かな判断をしていたならば、

Furuikeya Kawazutobikomu Mizunooto   Basho


ナンジャ!コリャ!??? ようわからん、アホくさ~


俳句の世界は海の藻屑となり遠く彼方へ消え去っていたことでしょう。。。


さてここで公共放送NHKの大河ドラマに話が移るのですが、第1回の「花の生涯」以来幕末から明治維新を扱ったドラマがなぜか大変多いもので、たしか今年は吉田松陰の妹が主人公の「花燃ゆ」でしたよねっ、

吉田松陰の思想は士農工商という封建制度を崩すという革命的なことであったはずなのに、

新しくできた明治政府は欧州ではすでにマルクス・エンゲルスの思想でヒエラルヒー(階級制度)を

なくし平等思考が台頭していたのに貴族制度という中世の名残りを受け入れたんだよね~

維新明治政府は吉田松陰の影響などほとんどないと言えるんじゃない、

まぁそれは日本政府だけでなくマルクス・レーニン主義とは程遠い共産主義の

顛末をみた現代欧州社会にも言えることだとは思いますが、


そういえば大阪のあの維新のくんはまだ政治家やっとりますようで、

あの維新男、はよ辞めてほしいわぁ~


さてもう一度軌道修正して、下手したら跡形も無く消え失せていたかもしれない俳句の世界ですが、戦前当時の日本政府による弾圧がありました、京大俳句会のメンバーが逮捕され憲兵に拷問を受け壊滅させられたという事件です。

同じ時期に京大俳句会のメンバーではありませんが、当時俳句界で活躍していた渡辺白泉はこの一句 ↓ 、


戦争が 廊下の奥に 立っていた


のために憲兵に捕らえられ拷問を受けているのです。それがどれほど辛いものであったかは戦後俳句会に戻ることなく生を終えたことでもわかります。戦後は静岡県で高校教師をしていた。

当時の牢獄での辛さだけではなく、自分が創る句により周囲の人にも巻添えが及ぶ事態がこれからもやって来るかもしれないと (日本は東京オリンピックが開催され順風満帆の時期に ) 教え子に語っているのです。






蘭の花が見事に咲いていてまだまだ蕾も多いのでこれから楽しみ、右の小さな白い蘭もホンモノですよ〜





今日はハンブルク西側に住む日本人妻の食事会にお誘いがあり、あまり気が乗らなかったのですが行ってきました。7名(1名だけがヘルより年下であとは年増の婆さん)の参加で皆さんそれぞれ知ってる方のようでしたがヘルは3名は知らない方でその中の一人で側に座った方が安倍の坊やを賞賛するのでいろいろ質問してしどろもどろにさせてしまった話を次回は記事にしようかなっ、




どうぞ皆様の愛をカタチにしておくれやすぅ~

br_decobanner_20090831040225.gif にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
 
20
 
淡青は芭蕉、蕪村、一茶が好きです。

子規、秋桜子の捉え方もいいと想います。

放哉、山頭火の感性も共感できます。


これら人々は全て俳句界ではそれなりに存在したことを認められた先達人たちです。

陽があたる山の頂上付近の俳人たちを語る前に山の裾野を彩る名もなき野の花にも似た

俳人を第一回にとりあげてみました。







上の句集からまずはヘルの好きな句を紹介します。



列に逆らい 吾が道を行く 蟻一つ   芳女


まっ白に 足袋ならべ干し 老機嫌   芳女


噴水の ひくきは高きに 追ひつけず  芳女


とにかくに 生命ありてぞ 屠蘇を酌む  芳女



まだまだ好きな句はあるのですが、あと2句ほど。。。



残り香も 哀し形見の 夏羽織   芳女


ある時期まで、松江を山陰の京都に例えられ、そして山陰の奈良と言われた
出雲・広瀬の生家にある文久元年(1861年)頃の歳月を経ても艶やかな雛人形を
四季折々の日本行事のこれからまずは迎えるお雛様、桃の節句の句を最後に。。。



百年の 春を見て来し 古雛 (ふるひいな) 芳女









この1901年生まれのまさに20世紀を生きられたこの女性はヘルのブログ友で今ではリアル友となっていますさくらがいさんのお母上様で昨年33回忌の供養として兄弟ご三方(さくらがいさんが末っ子だそうで皆様ご健在)で句集を製本されました。

淡青は1951年生まれですので、芳女御姉のちょうど半世紀あとではありますが、若い頃にロサンジェルスでお仕事されたりで早くから日本をでて海外での生活体験され、それに俳句を自己表現にされることなど、なにやら親近感がもて洋装初期の大正モダンガールのこの素敵なお姿は俳句にも垣間みられる斬新さ感じます。

戦前の句はこの句集にはないので想いは及びませんが、最初にとりあげた句には当時の女性の、いや人間の息苦しさからの発散が感じられるもので好きな句です。

句集名の「稜線はるか」は1981年80歳での旅立ちを意識しておられたかもしれませんというご子息の言葉がそのままの句ではないでしょうか、



引鴨の 稜線はるか 去りにけり   芳女



どうぞ皆様の愛をカタチにしておくれやすぅ~

br_decobanner_20090831040225.gif にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


br_decobanner_20090831040225.gif

↑ クリックいつもありがとう!


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール






 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去記事(ログ)スクロール

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Web page translation