グレーは淡青 hellblau -      中国、四国
fc2ブログ

グレーは淡青 hellblau

 
03
 
やってきました広島へ、というよりブログ友ririさんのギャラリーCafe「カモメのばぁばぁ」へという方があっています。横川商店街通りの末席あたりに見えました!彼女のブログでおなじみのあの看板が・・・ヤッター!迷わずストレートフラッシュ!?
CIMG8379.jpg

居ました!、ブログではよくお顔を拝見しているririさんと彼女を知るきっかけとなったやはりブログ友の健風さんが迎えてくれました。お二人とも若くカッチョイイ!、

CIMG8377.jpg

そしてririさんとこのすばらしい常連さんたちです。皆さんブログへの登場OKということでUPです。

CIMG8374.jpg



広島は水路が多く川沿いに咲く桜は今が盛りのようでした。遠くの中央に見えるのが原爆ドームなのですが、20年前に来たときに比べると周囲のビル群に見下ろされている観があります。
CIMG8380.jpg
CIMG8382.jpg

この広島で見つけた若い才能がある画家のことはまたゆっくりハンブルクに帰ってからお話しすることにします。そして明日は今日行った日本三景の宮島と文学、映画の舞台となった尾道のことのUPかな~、でも風の吹くまま気の向くままで保証できるものじゃございましぇ~~ん。(な~んか『フーテンの寅さん』みたいね・・・笑)

あっ、でもポチッはよろしくね!


映画全般70%、小説・文学30%で参加しています。
お手数ですがポチッしてやって下さいませ!


 
05
 
CIMG8400.jpg
CIMG8399.jpg
あんさんとはどこかでお会いしましたな~

えっ?、それはないやろー、わて宮島はじめてだっせ・・・

いやいや、どこかでお会いしましたでぇ~


なんや~きもちわる~~

そやそや!奈良どしたわー、あんさん毎年奈良公園で鹿にはやらんとせんべいボリボリかじってはる人やわー

なんやのこの鹿、いいかがりつけよって~、悪いけど急いでますねん、ほな~さいなら!


あんさんいつもせわしいなぁ~、そんなんやと長生きしまへんでぇ~

ほっといてんかー、もうスカンわーこのボケ鹿!

すぐに怒りはるし、どうもまだ人間がなってまへんなー・・・(笑)



CIMG8405.jpg
CIMG8408.jpg
美の達人西行の気持ちがわかるような・・・こんな桜の下で生を終えたいものです。



ポチッしてから尾道へはいらしてね!

映画全般70%、小説・文学30%で参加しています。
お手数ですがポチッしてやって下さいませ!



CIMG8422.jpg
CIMG8420.jpg
一人の女性の力で昨秋再開した尾道唯一の映画館です。


CIMG8417.jpg
そして尾道は文学の町でもあり小説の神様だと言われた志賀直哉の「暗夜行路」の舞台でもあり、放浪の作家でー花の命は短くて苦しきことのみ多かりしーと言う名文を残した林芙美子の生まれた街でもあるようです。
 
06
 
直島の宮浦港にある草間弥生の赤いかぼちゃ、実物はそんなに大きなものではありません.そして地中美術舘へのバスから見えた黄色のかぼちゃ、生憎この日は一日中雨で気持ちいい瀬戸内海は望むことができなく残念!いつもいいお天気ばかりではないことを思い知るのです。
CIMG8449.jpg
CIMG8426.jpg
CIMG8425.jpg


そして安藤忠雄設計の地中美術館は写真撮影禁止、しかしBenesse美術館では「今日お天気が悪いからここだけ撮っていいよ」と言う学芸員さんの好意で一枚だけ、2枚目はCAFEから撮ったものです。なにせ雨なものでこの建築のスカッとしたさわやかさを伝えることはできまへん。

CIMG8432.jpg
CIMG8429.jpg
CIMG8434.jpg

ここで必ずポチッしてもらいます!


映画全般70%、小説・文学30%で参加しています。
お手数ですがポチッしてやって下さいませ!

外は雨でも中は愉快な旧家の家主の奥様がボランティアで家の中の調度品の説明をしてくれ明るいものでした。暖簾がかかってなかったのに気持ちよく楽しいお話をしていただき、その上波止場まで車で送っても下さり感謝感激でございました。
CIMG8443.jpg
CIMG8441.jpg


 
07
 
ゲッゲッゲーの鬼太郎電車に朝もはよから乗ってやってきたのは境港です。

~たのしいなぁ~、うれしいなぁ~、お化けにゃ、学校も試験もなんにもな~い~

このフレーズが幼いころの娘は大好きで大きな声で歌っていました。母も同様で楽しさ2倍でありました。

CIMG8468.jpg
CIMG8470.jpg
米子駅から境港駅までこんな妖怪電車に乗って架空の妖怪駅を通り越しながらのどかな風景の中をゆっくりと電車はすすみま~す。

街ですぐに目に付いたのがパン屋のショーウィンドーに飾られた鬼太郎の愉快な仲間パンたち?!

CIMG8474.jpg

赤ん坊鬼太郎とお父さんの像、境港が好きな京都のブログ友トレビアンさんとこで前に見たオモロイ像はどうも見落としたようなんです。ここは鬼太郎生みの親である水木しげるの故郷で大通りには数多くの妖怪仲間たちの像がたっています。
CIMG8476.jpg

中でも好きなのはこの像で~す。
ゆっくり生きなはれ

CIMG8473.jpg

帰りの電車もこの方がご相伴してくれはりお天気もよく楽しい一日でございました。

CIMG8478.jpg


面倒ではありますが、妖怪さんたちも喜んでくれますんでポチッよろしゅうに!


映画全般70%、小説・文学30%で参加しています。
お手数ですがポチッしてやって下さいませ!
 
02
 
P1000545.jpg
ガタゴトとこんな電車に乗っていたら気持ちよくどうも眠りこんでしまい終点境港にはすでに着いていたようで見慣れない折り返しのお客さんにはっと気がつき飛び降りたら外は雨・・・、

ゲゲゲの鬼太郎の電車のことはここ→「妖怪電車に乗って~」

でぇ~歩く気がないこのお大尽がタクシーで乗り付けたところではこんな古美人が迎えてくれました。
P1000556.jpg


ここは境港で最も美味しい魚料理が食べれるという「魚山亭」、境港は近くの海が北の寒い海に生息する魚と南の魚が交流するところでそれぞれの魚の収穫量が多いところであるからだそうです。駐車場には神戸、岡山ナンバーの車も駐車していました。
P1000554.jpg


これはブログ友のトレビアンさんも食べたという「おまかせ定食」、大変満腹満足でございました。こんなことで活きてるという実感をもてる結構単純なヘルなんですぅ・・・汗
P1000550.jpg


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へもどうぞお立ち寄りくださいませ!

ポチッはいつでも歓迎!
更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ b_03.gif br_decobanner_20090831040225.gif


日曜日は母の形見として、着物と指輪をいただくことになってます。着物は姉も弟の嫁も小柄なので当時結構大柄だった母のものが着れるのは私だけというのも多分母の願いだったのではと都合よく考えております。でも長い間風を通してないのですべてもう着れるものではないかもしれません・・・
 
03
 
日本海に沈む夕日
P1000580_convert_20091003231323.jpg


天使の誘惑???、この題と一枚の写真だけの方が意味ありげで、いろいろ書くよりもいいのかも~・・・笑

期待されるような・・・えっ、なにを~?・・・記事ではありません。まずはポチッを先にすませてくださいね!



ポチッはいつでも歓迎!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ b_03.gif br_decobanner_20090831040225.gif



記事を読む前にこれ→「日本の土が産んだ品」 万暦を読んでくださいね!



P1000564_convert_20091003224547.jpg


酒飲みの弟にはやはりその方面の知り合いが多いようで前も記事にした洞爺湖サミット時、各国代表に振舞われた芋焼酎「万暦」の鹿児島の西酒造さんよりこの「天使の誘惑」が送られてきていました。弟の次男坊は障害があるので将来弟は息子と焼酎を鹿児島で作りたいとかなんとか勝手な設計を立てているようです。一石二鳥とでも考えているような愚弟なんですぅ・・・汗、

今夜は息子のこともあって障害者救済の神社での小椋圭のコンサートに弟は行っているようです。

「境港で美味しい魚をお昼に食べてきた。」とヘル姉が言うと彼が知る米子の魚料理屋さんへ行くということになり、そこで二度目となる「のどぐろ」とこれは初めての「やがら」という魚の刺身を食べました。

のどぐろ(鯛科)→

P1000566_convert_20091003230531.jpg←やがら(嘴が長い魚)


このお店には漁師さんが一本釣りで釣った魚を直接運んでくるらしい・・・、「天使の誘惑」のロックとこの刺身、そして〆はのどぐろのおかしらのおいしっい味噌汁でした。魚三昧の日でした。

 
26
 
地中海の島々はかなり制覇したかのような海賊の子孫ヘルなんですが、日本の地中海と言われる瀬戸内海の島で足跡があるのは淡路島と一昨年行った直島の二島だけという淋しい海賊の子孫のようなので今回好きな俳人の尾崎放哉が晩年を過ごした小豆島に彼岸のお墓参りもかねて行ってきました。



ここで話が突然時事問題になるのですが、ヘルが小さいころ、韓国の済州島といえば怖い代名詞のようなものでありました。日本の漁船が魚を追いかけて領域を踏みはずしよく拿捕され、済州島で拘留されてると大人たちが話していました。今では韓国のリゾート地だそうですが人間のイメージはなかなか変えることはできないようです。

そしてあんなに広大な中国なのにチベットを中国だと主張してダライ・ラマは亡命を余儀なくさせられその強引さの前には国際世論は何の助けにもなりませんでした。

領海を侵したものはそれなりに罪を問われなくてはなりません、日本の船も今まで隣国に罪を問われてきた事実があるのですから、そして三権分立を外交的なことへも適用して責任逃れをするかのような政府の対応は老婆心にも情けないというものです。




小豆島のことはどうなったん?!

なにやら疲れ気味で、写真のUPに時間がかかりそうなんで次回ということでぇ~ごめんやし!



旅はトラブルはまだまだ続きますのんでまた寄って見てくだされ!、
そんでもって忘れたらあかんのはポチッでっせ!


P1040864_convert_20100926190843.jpg


それにしても最近ランキングかなり低迷で意気消沈でござります・・・
P1040854_convert_20100926212504.jpg


ポチッはいつでも歓迎!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ b_03.gif br_decobanner_20090831040225.gif

OUT数が少ないことは愛好されてるとは想うのですが、それはアクセス数が少ないことでもあるのでは、でもあらためてすごいな~上位のブログは・・・    フン


別亭「淡青の五七五」へもどうぞお立ち寄りください!New  「山頭火が愛した放哉の島」
「古今東西骨董我楽苦多店」 ←  覗いてみますぅ~、 「ちょっと面白可愛い物」



P1040847_convert_20100926214255.jpg

P1040848_convert_20100926211851.jpg

P1040851_convert_20100926212019.jpg

P1040849_convert_20100928053738.jpg

 
13
 
広島からJR山陽本線で30分ほど三原方面に東へ行くと空に何本もの煙突がそびえているのが見えてきます。ここは昔から水に恵まれ美酒が産まれるという西条市、ここで年に一度の酒祭りということでやってきました。

P1050067_convert_20101013190823.jpg

P1050071_convert_20101013190716.jpg

うぁ~、ここのお酒は是非とも試飲しなくっちゃ~ー
P1050070_convert_20101013190936.jpg

この酒まつりは年に一度ということでお天気もよく人に溢れていました。
P1050077_convert_20101013191057.jpg

古い建物が今も酒蔵、住居としても使われています。
P1050092_convert_20101013191232.jpg

P1050091_convert_20101013191326.jpg

賀茂鶴、賀茂泉、福美人、そしてこの白牡丹、まだまだなじみのある銘酒が軒を並べていました。
P1050105_convert_20101013191442.jpg


その夜は「カモメのばぁばぁ」の近くの河原桟敷で美酒鍋を囲んでホームレスの女性たち(+男性一人)のパーティもあったので試飲は3軒ほどでやめておきました,何杯飲んだのかはいわぬが華だとはおもいまへ~ん・・・笑






いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ b_03.gif br_decobanner_20090831040225.gif


別亭「淡青の五七五」へもどうぞお立ち寄りください!New  古い記憶
「古今東西骨董我楽苦多店」 ←  覗いてみますぅ~、 「ちょっと面白可愛い物」

 
14
 
最近お題目が長くなってるようでぇ~、ただそれだけで記事には関係ないというような気もします。

広島のririさんが女の細腕(太腕かもしれない?)で細々(この反対語は何かしら?)と経営してるカモメのばぁばぁでは展覧会とは別にいろいろな催しが企画されています。

たとえば毎月28日は夜の美術館といって音楽を奏でたり、文学、詩や絵本など読んだりという高尚なものから、ヘルも特別会員ということで先日参加した俗に言う河原乞食の会(別名ホームレス女性の会、英語のなんたらという略称名も持つ)という、ようは河原で暗い中いわゆる闇鍋を囲んで飲んで食べるだけ・・・

さて今回は海外在住特別会員のために広島名物美酒鍋(塩と白胡椒と酒で味付け)という想像するだけでもヨダレが出そうなお鍋を囲むことになりやした。元来、Wの一文字も入る女性だけの会ではあるが、明日から市の中心街で個展が始まるという丹田先生も特別参加ということではじまり~、はじまり~、後は画像で想像してちょだいなっ!


P1050112_convert_20101014235546.jpgP1050118_convert_20101014235840.jpg

P1050114_convert_20101015001444.jpg

P1050121_convert_20101015001001.jpg

そして次の夜食べたのがかの有名な広島お好み焼き、ヘルには初めての麺入りお好み焼き、
ウンとっても美味しい!
P1050168_convert_20101015003246.jpg





まだまだ広島では宮武、丹田両先生のそれぞれの個展の様子、因幡先生が案内してくれた基町高校の校舎(京都駅と同じ設計家)の写真もまたぼちぼちUPしたいと想っています。

それに足利市の素敵な街並、これから行く城崎温泉の様子は気が向いたらということになりそうです。




見事に下がったわねぇ~、更新の頻度でもなさそうやし、まぁ~お祭りですのんでつづけませう~・・・

いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ b_03.gif br_decobanner_20090831040225.gif



別亭「淡青の五七五」へもどうぞお立ち寄りください!New  物想いの初秋
「古今東西骨董我楽苦多店」 ←  覗いてみますぅ~、 「ちょっと面白可愛い物」
 
17
 
ヘルのつぅ言ったー

18日NHKの朝の7時のニュースの日本社会への暴動がひどくなってる中国からの現場の声(中国人)を聞いてなんか変なのよねぇ~、その場の人にインタビューしたかのようだが「どういう人々がデモに参加してるのか」と聞かれ即座に「社会人は少なく学生がほとんどだ」と答える中国人をNHKはまぁ~どこかの通信社から買った映像でしょうが、ニュースとして流れていた・・・

学生が多い?、ふぅ~んそうかなぁ~・・・、この答えた人は中国政府のスポークスマンかもしれないねぇ~・・・

そして夕方のニュースでは暴徒化は近辺に広がってるという傍ら、また大きな被害はでていないといいながら、多分ネットに載せられて中国政府当局に消される前の日本レストラン、日本車等の被害映像は流され被害がでているのは子どもでもみればわかるのにー、日本のマスコミはどれだけ独自で情報収集してニュースとして流すのでしょう?・・・、

被害が増えてきた時、日本政府はどのような対応をするのでしょう・・・、




すでに日にちは経ってしまいましたが、やってきましたバブル崩壊前に建てられた広島市立基町高校ririさんのところでもたしか個展をされた○○先生がこの学校の美術教師をしているということで校内を案内してくれることになりました。


正面玄関を入ると4階まで一気に上れるエスカレーターが豪快でなるほど京都駅と同じ建築家だと納得、
P1050123_convert_20101017201250.jpg

最上階の現在バナナ園となりつつある屋上庭園
P1050136_convert_20101017201108.jpg


内部も光があふれ開放的
P1050147_convert_20101017201601.jpg P1050126_convert_20101017201419.jpg

教室から見える広島城、額縁のような窓からの真っ青な空、
P1050149_convert_20101017201947.jpg P1050144_convert_20101017202045.jpg

通路の一角に置かれた白いグランドピアノ、側に建つビルの群れ
P1050140_convert_20101017203418.jpg

教室の片隅にアトリエを持つ美術教師の因幡先生と先生の作品
P1050143_convert_20101017202900.jpg


とても丁寧なご案内、あいがとうございました!




ランキング見事に下がったわねぇ~、更新の頻度でもなさそうやし、まぁ~お祭りですのんでつづけませう~・・・笑

いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ b_03.gif br_decobanner_20090831040225.gif



別亭「淡青の五七五」へもどうぞお立ち寄りください!New  物想いの初秋
「古今東西骨董我楽苦多店」 ←  覗いてみますぅ~、 「ちょっと面白可愛い物」

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール




 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細は鍵コメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去記事(ログ)スクロール

2024/03 (1)

2024/02 (3)

2024/01 (4)

2023/12 (4)

2023/11 (4)

2023/10 (5)

2023/09 (3)

2023/08 (5)

2023/07 (4)

2023/06 (4)

2023/05 (5)

2023/04 (5)

2023/03 (4)

2023/02 (3)

2023/01 (5)

2022/12 (5)

2022/11 (5)

2022/10 (5)

2022/09 (4)

2022/08 (3)

2022/07 (4)

2022/06 (6)

2022/05 (7)

2022/04 (6)

2022/03 (6)

2022/02 (5)

2022/01 (7)

2021/12 (7)

2021/11 (7)

2021/10 (7)

2021/09 (6)

2021/08 (6)

2021/07 (6)

2021/06 (7)

2021/05 (9)

2021/04 (4)

2021/03 (4)

2021/02 (4)

2021/01 (4)

2020/12 (5)

2020/11 (2)

2020/10 (5)

2020/09 (5)

2020/08 (5)

2020/07 (5)

2020/06 (4)

2020/05 (7)

2020/04 (11)

2020/03 (3)

2020/02 (4)

2020/01 (3)

2019/12 (3)

2019/11 (3)

2019/10 (2)

2019/09 (4)

2019/08 (4)

2019/07 (4)

2019/06 (4)

2019/05 (3)

2019/04 (6)

2019/03 (4)

2019/02 (4)

2019/01 (5)

2018/12 (6)

2018/11 (4)

2018/10 (4)

2018/09 (5)

2018/08 (5)

2018/07 (3)

2018/06 (5)

2018/05 (4)

2018/04 (3)

2018/03 (7)

2018/02 (6)

2018/01 (6)

2017/12 (4)

2017/11 (2)

2017/10 (4)

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (8)

2017/06 (6)

2017/05 (9)

2017/04 (6)

2017/03 (5)

2017/02 (6)

2017/01 (5)

2016/12 (10)

2016/11 (5)

2016/10 (4)

2016/09 (5)

2016/08 (8)

2016/07 (8)

2016/06 (8)

2016/05 (8)

2016/04 (7)

2016/03 (6)

2016/02 (10)

2016/01 (8)

2015/12 (8)

2015/11 (6)

2015/10 (6)

2015/09 (10)

2015/08 (14)

2015/07 (20)

2015/06 (12)

2015/05 (12)

2015/04 (13)

2015/03 (11)

2015/02 (10)

2015/01 (14)

2014/12 (14)

2014/11 (12)

2014/10 (11)

2014/09 (12)

2014/08 (15)

2014/07 (14)

2014/06 (11)

2014/05 (14)

2014/04 (12)

2014/03 (12)

2014/02 (13)

2014/01 (12)

2013/12 (15)

2013/11 (11)

2013/10 (14)

2013/09 (14)

2013/08 (10)

2013/07 (20)

2013/06 (14)

2013/05 (14)

2013/04 (15)

2013/03 (12)

2013/02 (13)

2013/01 (17)

2012/12 (20)

2012/11 (15)

2012/10 (15)

2012/09 (16)

2012/08 (15)

2012/07 (17)

2012/06 (15)

2012/05 (19)

2012/04 (17)

2012/03 (16)

2012/02 (19)

2012/01 (16)

2011/12 (17)

2011/11 (17)

2011/10 (20)

2011/09 (14)

2011/08 (19)

2011/07 (29)

2011/06 (19)

2011/05 (15)

2011/04 (12)

2011/03 (14)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (18)

2010/11 (17)

2010/10 (17)

2010/09 (17)

2010/08 (16)

2010/07 (16)

2010/06 (18)

2010/05 (27)

2010/04 (18)

2010/03 (17)

2010/02 (19)

2010/01 (14)

2009/12 (17)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (17)

2009/07 (16)

2009/06 (17)

2009/05 (14)

2009/04 (15)

2009/03 (19)

2009/02 (23)

2009/01 (31)

2008/12 (21)

2008/11 (17)

2008/10 (9)

2008/09 (21)

2008/08 (20)

2008/07 (30)

2008/06 (27)

2008/05 (28)

2008/04 (27)

2008/03 (28)

2008/02 (1)

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday