グレーは淡青 hellblau - 原発事故関係

グレーは淡青 hellblau

 
13
 
P1060753_convert_20110314005701.jpg
とても懐かしい昭和の情景がいっぱいの展覧会で写真撮影ができないのが残念でした。

P1060754_convert_20110314005842.jpg



大阪梅田の阪神百貨店の8階で開催されている「昭和のこどもたち」を観て会場をでたところでゆらりと眩暈のような揺れを感じました。お隣にいた方が「揺れてますなぁ~、これ近くの地震やなっ!」と話しかけてきました。会場の整備員の方が「この建物は大丈夫ですのであわてないでください!」と、「そう言うてもこれからもっと続くかもしれへんしなぁ~・・・」との声も聞こえています。用事も終わっていたのでエスカレターで下へ降りることにしました。エレベターは一時安全のため止まっていました。

それからは大阪の方は揺れもなく娘が研修している事務所の近くの待ち合わせの喫茶店に少し早いけど、なるべく近くにいたいのでそこで待つことにしました。そこで聞いた臨時ニュースで東北地方の大地震とその後の脅威のつなみの様子をみて愕然としました。

やはり日本は地震国であったこと、そして今さらながら津波の恐ろしさを思い知らされるものです。娘の研修が終わってから東京行きも予定していたのですが、ドイツの家人、友人等も心配しているようなので今回は中止することにしました。


  
               
店主から一言
昨年12月のパソコンの故障でこれまでの写真の再生ができなくなったこともあり、別ブログ「古今東西骨董我楽苦多店」からの「ガラクタ店」への出品が思う様にいきませんので、もし興味があるものが別ブログの方にあればどうぞご遠慮なく価格の問い合わせをしていただければうれしいです。物によっては非売品もありますればなにとぞ不悪ご了承くださいませ!


 
26
 
今週のシュピーゲル誌では表紙のタイトルがFukushimaで、その中に世界の子力電所の各国保有数と現在建設中の数、そして将来建設予定されている数がWorld Nuclear Association,IAEAからの参照で載っていました。
(下の写真はすべてシュピーゲル誌より)

世界には443の原発が稼動中で、67が建設中、162が建設計画中

P1070026_convert_20110326173601.jpg
in Betrieb= 稼動中、 in Bau =建設中 、in Planung=建設計画中
上段はカナダ、中段はアメリカ、下段はメキシコ

P1070025_convert_20110326173959.jpg
左上から、オランダ、ベルギー、イギリス、フランス、右はドイツ


P1070023_convert_20110326174338.jpg
上段の左から中国、韓国、  下段左からインド、台湾、日本


つぅ言ったー


日本の原発保有数はアメリカ、フランスについで第3位という数の多さなんです。まぁ写真でお判りのようにこれからの建設予定数がべらぼうに多い中国にすぐに抜かれることにはなっていますが、こんなことで競争しても国民の利益には決してなりまへん!、ヘルが就職活動をした70年代前半の東京電力のお給料がよかったことをなぜか思い出しています。

国民に停電のない生活、豊かな生活をという電力王といわれた松永●ザエモンの意思はその後国民にエコとかクリーンとかのまやかしのもと、あふれるばかりの電気を供給し続けてきたのです。しかし今回の災害事故でその代償はあまりにも膨大で地震国、被爆国日本が進んではいけない道であったのではないでしょうか・・・

福島原発だけではありません、日本各地に点在する、それもすでに年月がたち建設当時の構造もはっきりしない原発が地震国日本に多く存在するという事実には決して眼をつぶってはいけないとおもいます。

ドイツではハンブルク、ベルリン、ケルンで今日(26日)すべての原発廃止という大規模なデモがおこなわれます。

日本でも70年代にはベトナム戦争反対の後の余韻であったかもしれませんが原発反対運動は盛んでありました。

今こそ日本人は自分たちの生活権を守るために違ったエネルギーを見直すことが必須で、最悪の原子力を封印することは未来の日本人が少しでも安心して暮らせる日本の存続をも担ってるよう気がするのはヘルだけではないような気がします。



いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ b_03.gif br_decobanner_20090831040225.gif


 
31
 
ラジオ一口メモ

現在、フランス大統領サルコジがアジア訪問で東京へ立ち寄っている。
世界首脳の中で放射能被害も気に留めず現在の日本の状況を視察という
表向きには立派な建前で感動ものであるが、企業として破綻状況である
東京電力に代わり、世界最大のフランスの原子力発電企業が進出を目論んでいるのではないかとドイツ放送は伝えている。






日本で予測地震危険地帯に作られてる原発の状況、

中部電力の水野明久社長は24日、浜岡原発3号機の運転再開の意向を
川勝知事に直接伝え、知事は理解を示した。
また水野社長は「原子力発電はぜひとも必要」と述べ
6号機の建設を進める考えを示した。
中部電力の水野明久社長は24日県庁を訪れ、
川勝知事に定期検査中の3号機の運転再開について、
3月29日に福島原発の事故を踏まえた訓練を行い、
地元へ説明を行ったうえで、
4月上旬にも運転を再開したい意向を伝えた。
川勝知事は「同じ考えだ」と述べ運転再開に理解を示した。


(上の記事は或ブログより転写しました。)




 
02
 
先日のこのブログ記事「世界原発数状況と日本」の後、このブログへのアクセスがかなり増え、履歴にも初めての方が多くなり、かなりこのブログに神経を尖らせてる人々がいらっしゃるようで、傲慢ヘルはブログ更新が少々嫌になっておりますが、まぁそのうちに失望された一見さんは来なくなるでしょうから、今更誰に気兼ねしましょうやら、気の向くまま更新することにします。

さて、皆さんは確か1950年代に書かれたオーウェルの「1986年」という本をご存知でしょうか、あのすべてが管理社会となり記号化された人間はコントロール下におかれて生活をするという描写が将来を予知しているのではと想われていたのですが、いざ1986年を迎えた時そうはなっていなかった世界がありました。そして映画の世界でいうとキュービック監督の『2001年宇宙の旅』とは違った2001年を私たちは迎えたような・・・

さて、ヘルが言いたい事は、車が空を飛んでいたり、宇宙都市のような建造物、核シェルターの中のような室内、食物はすべて錠剤、このような未来都市がフィクションの中ではすでに出来上がっていたはずなのに、実際の2011年はすでに皆さんもご存知のとおりです。

地震、津波、放射能にも強い建物ができていたならば、どれだけ多くの日本人が被害にあわないでこれからの生活を続けることができたでしょうに・・・と絵に描いた餅のように想い、ただため息をついているばかりです。





いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ b_03.gif br_decobanner_20090831040225.gif



ご迷惑をかけてはいけないのでリンク欄をしばらくの間、閉じることにします。




↓は家の階段の壁に飾られたクレーの複製画です。
当時、デジタル化されてなく、ましてやコンピューターなどもまだ形もない頃に描かれた絵なのです。

P1070080 (640x480)

P1070081 (640x480)



 
03
 

無一物 電気なくとも 生きられる   淡青


むいちもの でんきなくとも いきられる



日本にはまだまだ多くの知識人がいます!






日本で原発がいかに危険な状態におかれているのかをもっと知りたい方は少し長いのですが[More]でUPしています。




いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ b_03.gif br_decobanner_20090831040225.gif

別亭「淡青の五七五」へもどうぞお立ち寄りください!New  モンドリアンにも似た美髪館
「古今東西骨董我楽苦多店」 ←  覗いてみますぅ~、 日本からのお土産



ご迷惑をかけてはいけないのでリンク欄をしばらくの間、閉じることにします。

 
09
 
地震国、被爆国日本が数多くの原発設立の方向へ進んだのはなぜなんだろうとおつむてんてんではありますが考えてみました・・・

唐突ではありますが、それは戦後の日本国の軍隊、核保有願望の合法的な表れではなかったかと・・・、軍隊でいえば世界有数の国家予算を持つ自衛隊もその表れだったのではと素人ヘルには想えるものなのですが、やはり平和国日本では通用しない考えのような気がします・・・


あぁ~上の文章を書くのにかなり気を使っているのよねぇ~、まぁ~読者がそんなに多いわけではないんだけどこの気の使いようはバカッかみたいだわ~・・・



さてこれはヘルの思い出からの考察です、世界原発の数を見ていて想うのですが第二次世界大戦の戦勝国であるアメリカ、フランス、ロシアは飛びぬけて原発の数が多いのにイギリスの原発の数が少ないのです。

三年前に亡くなったヘルのハンブルクでの最初の隣人(長女のことを孫のように可愛がってくれた)の一人息子が当時(30年ほど前)23歳の若さでロイケミー(白血病)で亡くなった時、彼女がヘルに嘆いたことが今思い出されます。

それは彼女の息子が小さい頃イギリスで原発事故があったそうで、その影響で彼女の息子は発症したのだと言いきっていました。

当時ドイツに多いイギリス嫌いなドイツ人だとあまり気に止めていなかったことがなぜか今警鐘となって心に重く垂れ込んでいます。

よく頑張っていると想っていた若い官房長官が外国からの風評に惑わされてはいけないなどという発言には少々がっかりの素人ヘルではありますが、やはりこの大災害で日本の原発を根本的に考えなくてはいけない瀬戸際に立たされていることを日本人は認識(原発廃止)しなくてはいけないのだと想います。




管首相の被災地訪問が救済活動の邪魔でそのために原発への対策が遅れたという原子力安全委員会のメンバー(科学者としての自分の立場を忘れた)の御用学者をさらけだす発言、こちらのTVでみた日の丸の旗を持たされて歓迎する被災民には憤りを感じます。首相の被災地訪問は遅かったのではないかとこちらでは言われています。




  

最近ヘルは同じFC2で書かれているこのブログで日本の情報を得ることが多いです!




いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ b_03.gif br_decobanner_20090831040225.gif



 
11
 
昨日の日曜は快晴のすばらしいお天気で近くをお散歩しました。
P1070114 (640x480) P1070115 (640x480)



当時ソ連のチャルノヴィリ原発事故があって25年目の昨日、原発が必ずだす放射能の高い廃棄物(エコでもクリーンでもないんです!)の集積所の前での原発反対集会にグュンタ・グラス(「ブリキの太鼓」の作者)が参加して今までの彼の思想活動の延長なのですが演説をしました。昔の故小田実さんを思い出してしまいました。


画像はハンブルクアーベンヅブラッツ新聞より
P1070119 (640x480)

P1070118 (640x480)




いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ b_03.gif br_decobanner_20090831040225.gif





 
17
 
ヘルのつぅ言ったー

多分このブログでは原発に関することをとりあげるのはこれが最後になると想います。
ヘルはこういう問題を語る器ではないんですわ~・・・笑

ある歌詞にあったのですが「人は自分が望む答えだけを他人に期待するものだ 」 
ほんまにそのようですわ~・・・

ヘルのお愛嬌がわからない方とコメントでお付き合いする義理もありませんので、
これからは管理人の判断でコメント削除しますので不悪ご了承ください。




ドイツのTVのエネルギー問題の番組をみていたのですが、火山国(地熱)、国土の70%が山岳地帯(水力)、海に囲まれている(風力)日本であるから、原子力発電から他の電力への転換が世界でも一番早くできる国ではないかというコメンターがありました。

原発を廃止することは当初の電気料金が高くなることをドイツ国民、企業は覚悟しなくてはいけないという某政治家の発言、しかしいろいろと話し合われている中、ドイツは原子力廃止への方向へと確実に歩き始めているような気がします。


40年間以上も原子力学者の立場から原発廃止を訴え続けた京都大学助教小出裕章氏、もう皆さんすでにご存知の方も多いとはおもいますが、こういう学者をヘルは信じます。



中国電力(本社、広島)が2012年に稼動予定の上関原発反対への講演の一部です。




現在の福島原発事故で政府、東電発表は信用できないと想われる方はどうぞ→小出祐章(京大助教)非公式まとめ




忘れないということがいちばん被災者を励ます
阪神大震災を経験した精神科医、中井久夫さんの言葉です。

201104122006528ba.jpg
ブログ友NANTEIさん製作




 
20
 
ラジオ一口メモ、

地震国トルコで初めての原発反対デモがおこなわれた。

地中海、黒海に面する欧州人が安い観光休暇旅行をする国 トルコでこの国初の原発を地中海に面した地にロシアの原発企業による建設計画がすでにあり、その中止へのデモである。そして原発第2機を黒海付近に予定していていてその原発企業はTepco(東京電力の世界名)だそうで、トルコ政府は「リスクのない電力供給はない」と答えているそうだとドイツ放送(Deutschland Funk)は伝えています。



やはりこのブログ、原発の記事は続くようですわ~・・・


さて今日のお題目ですが、この春の娘との日本への旅もドイツへ戻ってきてはや1ヶ月近くになろうとしています。大災害でひかえていた日本への想いというものも多いものです。娘は今回の日本は四年ぶり(その間三回中国へ)で、やはり娘たちが好きな奈良の大仏様をお参りに行くのは恒例なのでいってきやした。そこでの娘の感想なのです。

P1070005 (640x480) P1060980 (640x480)

P1060996 (480x640) P1060998 (480x640)


ヘルは咋秋、姉と奈良に行き一泊(大阪在住なのですが奈良ホテルに泊まるんです)の予定だったのですが無知な私たちはその日が平成京新宮殿の式典の日とは知らなくもちろんいつも泊まれるホテルは予約が取れませんでした。皇后様が好きな姉は喫茶店でお隣に座った大阪のおばちゃんが車の中の皇后様を拝まれたというのを聞いてとても残念そうでした。


P1060958 (640x480)






現在の福島原発事故で政府、東電発表は信用できないと想われる方はどうぞ→小出祐章(京大助教)非公式まとめ



忘れないということがいちばん被災者を励ます
阪神大震災を経験した精神科医、中井久夫さんの言葉です。

201104122006528ba.jpg
ブログ友NANTEIさん製作

 
24
 
    
別亭「淡青の五七五」へもどうぞお立ち寄りください!New  管首相へ市川房江氏からの伝言




今日(24日)はオースターゾンターグ(イースター日曜日)、ウサギさんが玉子を運んでくるといわれています。

昨夜からドイツでは石油が足りないというニュースが伝えられています。

毎年イースター休暇前はガソリンの値上げがあるのはドイツでは恒例なのですが、今年は突然石油が足りないということでどうも原子力発電廃止に向けて動き出したドイツ国民への安い?電気を供給してきたという原子力産業の嫌がらせにもとれそうだよねぇ~、原発反対が強いドイツでも巨大なこの世界に立ち向かうには大変なことなのです。

ましてや停電、節電の不自由さが優先する日本国民には、福島の原発の事故を踏まえての現在もあやふやな地盤の上で稼動している日本の多くの原発を没にするなど悲しいかな到底できることではないような気がします。



   
今日(26日)は25年前チェルノヴイリ原発事故がおきた日です。25年ということで、また日本の福島事故のこともありドイツではいろいろと原発問題にかんする集会、討論も多いものです。

ウクライナの首相がEU諸国向けにまだまだ救援金の必要性(まだまだ危険だということです)を訴えていました。原発事業を押し進めたソビエト連邦は責任が取れないうちに崩壊、それを継いだロシアはもうチェルノヴイリのことは忘れているようです。しかし最後に安くてエコである原子力発電は必要だとEU諸国におべっかを言うことも忘れてはいませんでした。




       


前の記事「最悪に目を向ける」にこのブログへ初めてコメントをしてくださった Illusionist Kさんのブログでひまわりの花の効用ということで前向きな記事が更新されています。忌野清志郎さんや斉藤和義さんが歌う反原発歌 日本の原発状況がわかるアニメ「源八おじさんとタマ」などをUPされたりIllusionist Kさんの専門的なことでもいろいろと原発問題に積極的に活動されている様子がブログからも伝わってきます。

リンク再開の際はぜひヘルのブロ友にと勝手に希望していて その前にぜひ一度ブログ「Illusionist K Official Blog」←クリックしてたずねてみてください。




       






現在の福島原発事故で政府、東電発表は信用できないと想われる方はどうぞ→小出祐章(京大助教)非公式まとめ

↑は毎日更新されています


原発からは永久に冷やし続けなくてはならないゴミが大量に出続け、集積所に運ぶのにも危険を伴うのでドイツではいつもこの移送時に大デモがあります。

さて日本では・・・





別亭「淡青の五七五」へもどうぞお立ち寄りください!New  管首相へ市川房江氏からの伝言
「古今東西骨董我楽苦多店」 ←  覗いてみますぅ~、 面白い形の陶器たち



P1070189 (640x480)

P1070196 (640x480)

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


br_decobanner_20090831040225.gif

↑ クリックいつもありがとう!


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール






 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去記事(ログ)スクロール

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday