グレーは淡青 hellblau - レストラン、Cafe

グレーは淡青 hellblau

 
19
 
CIMG4177.jpg


レストランでのんびり昼食です。
12時開始直後のランチタイムでまだガラガラです。
エルベ河沿いにある公園の側にあります。

メニューは鱸の香味焼きとサラダ。

関西コムのセレブ主婦ブログふーう?!

 
10
 
先週は遠方から友人が泊りがけで来ていて近くのお気に入りの喫茶店へも行きセレブ主婦風にお茶をしました。

見て!このケーキ!セレブというより○○○風(好きな言葉を当てはめてね、ちなみに私は労働者風)。
セレブ主婦も節約主婦も考えることは同じでひとつ頼んで2人で半分っこしない!


CIMG4941.jpg


CIMG4936.jpg


その日の新聞にイブ・サンローランが亡くなったとありました。
CIMG4943.jpg


数学の問題はお遊びだから明日でもいいかしら?
 
24
 
6月15日から8月の末ごろまでハンブルクの味のよいレストラン(ミッシェランの星付きも何軒か参加)がお客の少なくなるこの時期に"SCHLEMMER SOMMER”(グルメの夏)といって2人でメニューが59.50ユーローで客寄せをする。先週記念日で行った「ミラベル」でもそのコースがありもちろん節約ドイツ人はそれを注文した。

食べるのに夢中で写真はとびお粗末はいつものことで不悪ご了承!



まずはメニューカルテが置かれたテーブル
CIMG5023.jpg

フランスの国民的俳優フェナンデル(1903-1971)の限定メニュー
CIMG5055.jpg

まずクレモン(フランスの食前酒でドイツのゼクト、イタリアのプロセッコと同類)で乾杯!。
その後小さなフラームクーヘンがアミューズ、それから
前菜はズッキニーの花にヤギのチーズを詰めて焼いたもの、
そして次が写真の温野菜とオリーブのアイス
CIMG5025.jpg

そしてメインの黒鯛のあげたもの
CIMG5027.jpg

口直しにソルベがでて、それから写真のチーズ
CIMG5029.jpg


〆はもちろんコーヒー

 
30
 
クレープのレストラン「ブルタニュー」、フランスのこの地方がクレープの発祥地です。パリの街角で売られるクレープ、今の時期はいい匂いが街路樹にも立ち込めていることでしょう。下の写真3枚はは9月初旬のものです。
CIMG6528.jpg

クレープ、ガレットにはシードレ(林檎酒)があうんです。グラスではなくこんなボールで飲むんです。庭の林檎でもただいま少しだけ発酵中でございます。

CIMG6532.jpg

初めて家の娘たちと上海のお嬢さん登場です。この日は学生街に部屋を共同で借りて暮らしている長女も一緒に昼食でした。
3人とも背が高いんですよ。



写真、動画削除しました


先週の土曜日におこなわれた音楽コンテストの様子です。娘はピアノの伴奏を頼まれて参加しました。


↓↓↓今日もようこそ起こしやしポチッもよろしゅうに!
 
25
 
用事があり出かけ先の近くにあるお気にいりのレストランで久しぶりに美味しいランチメニューをいただく。まず迎えてくれたのは壁に新しくかけられたウサギちゃんたちの絵々々・・・・
CIMG7030.jpg
CIMG7032.jpg


こちらでは最初に来るパン(おかわりできる)につけるディプ(今日はツナ入りクリーム)が美味しくちょっと食べすぎ・・・3コースで1はサラダかスープを選べる。今日は暖かく手作り味が出ているにんじんスープを選ぶ。
CIMG7029.jpg


2のメインは肉か魚、オレガノトマトソースで煮込んだ3種類の魚類がジャガイモのピュレーとほうれん草の上にのせられたもの。
CIMG7033.jpg


そしてデザートはパナコッタ
CIMG7034.jpg


これで9.5ユーロー(1200円ぐらい)です。おなかが膨れ、暖かくなりそしてお財布も軽くならない。

帰りの車ではロックがガンガン流れこのままどこかへ行ってしまいたくなりました。好きな女優二人が車で家庭逃亡する映画を思い出してしまいました。日本題名は知らないし映画の題名であった二人の女性の名前は『エルマーと?』うろ覚えなんです。

家に帰ったら夕食の準備のことは気になりますが、もちろん今日は手抜き!、大手抜きです。

それでいいんだポチッは力強く!!!

 
19
 
CIMG7393.jpg
前にもご紹介したレストラン「ミラベル」で長女の誕生祝いの食事をしました。オーナーシェフのアルザス出身のピエールが自慢のチーズのコレクションを運んでいます。
CIMG7389.jpg
CIMG7391.jpg

このCAFEはこのブログの最初に出てくる家の近くのお気に入りでよく通い新聞を読んだりします。

CIMG7026.jpg
CIMG7024.jpg

街で見た古い木製のアドベンツカレンダー
CIMG7028.jpg




 
19
 
CIMG7367.jpg

私が注文したモーニングサービス、友人はスコーンのセット

CIMG7372.jpg

CIMG7371.jpg

CIMG7368.jpg

CIMG7374.jpg



居心地がいいので長居してこんなのも注文することがある。
CIMG7373.jpg



この時期は太るんで~~す。困ったポチッです!

 
21
 
ドイツでは労働力の不足を補うためにまず最初にイタリアからの季節労働者がハンブルクにもやって来ました。イタリア人が多くなるとまずできたのが食を満たすレストランです。現在のように誰もがイタリア休暇旅行をできる時代ではなく、ゲーテやトーマス・マンのイタリア紀行でしか南国イタリアを知ることができなく、もちろんピッツァ、スパゲッティなども何のこと?というドイツ人が多勢でした。

その頃からこのレストラン「クニオ」はレーパーバン(ハンブルクの有名な歓楽街)にあるんです。


CIMG7698.jpg
気をつけてないと通り越していくような目立たない店構えなんですよ。

中には古い写真や本物の美術品が飾られてありましたがとてもシンプルなんです。

CIMG7702.jpg

テーブルにはイタリアのレストランの定番でオリーブオイルと酢(バルザミコであることも)と塩、胡椒が置かれています。そしてろうそく立てになっているのはこの店の初代のポートレートのラベルが貼られたワインの瓶です。

CIMG7705.jpg

さてまずはプロセッコ(イタリアのゼクト)で乾杯!そしてアンチパスタ(前菜)、それからメインにあわせてワインを頼み、魚の盛り合わせの焼いたものがメインの私は白ワインでした。そしてデザートはテラミスで最後にエスプレッソでしめました。1905(開店年)と書かれたコーヒー茶碗だけをご紹介することにしました。

CIMG7707.jpg


ごちそう様でした!これから今日の夕食の準備です。
あぁ~いやんなっちゃった・・・ガンバレのポチッ!
 
17
 
梅は咲いたか~、桜はまだかいな~

(この後があるのご存知ですか?!、実は私も知らなくブログ友のsakuragaiさんに教えていただきました。)

柳ゃなよなよ風次第~、山吹ゃ浮気で色ばかり~



そしてわたしゃ~

色気より 食い気が勝る 餓鬼のよう   淡青



北ドイツ料理の鰊の酢漬けとブラートカトフェル(ジャガイモいため)です。
CIMG7869.jpg

以前に撮ったこのレストランの外観とクリスマス時期の内装
CIMG4488.jpg

CIMG7438.jpg

このレストランCAFEの前の広場の土曜日の朝市によくお買物に来て、お茶をしたり食事をしたりしています。



ランキング~は記事更新の励みになっています!

 
17
 
さてどこに行こうかと彷徨ってみます。このベトナムレストランはどうかしら・・・でもコウリャンダー(香草)が嫌いなお方がいます。
CIMG8713.jpg

それともイタリアン
CIMG8716.jpg
CIMG8712.jpg

ここで画面が変わることなく3つのポチッ、 Danke sehr !




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

人気ブログランキングへ



やってきましたハンブルク港近くのポルトガル人が多く住んでいる地区
CIMG9109.jpg

「ポルト」このレストランには幼い娘たちが喜んで眺めた魚の水槽アクアリウムがあるのです。

CIMG9102.jpg

まずはのどの渇きを潤して

CIMG9104.jpg

ここのお勧めの魚介類のオジヤ(ブイヤベースに米が入ってる)はピリッとしたスープが美味しい!
CIMG9105.jpg

いろんな種類のワンプレート
CIMG9106.jpg

↓をちょっとみてみる?!・・・

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


br_decobanner_20090831040225.gif

↑ クリックいつもありがとう!


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール






 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去記事(ログ)スクロール

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday