グレーは淡青 hellblau

グレーは淡青 hellblau

映画、骨董(ガラクタ)、食べることが好きな在欧主婦の映画制作実現の日記、

 
11
 


6年と7ヶ月が経ちました











ほんまに身勝手な安倍自民党やでぇ~、国難なら今があんたが国民を

守らんかい!、なんで解散やねん、もぉー、怒りプンプンやでぇ~、

なんでぇ国民はもっと怒らんのでしょうか。。。



在外選挙民のヘルは明日から15日までにこちらの領事館へ行き投票します

先週2回も用事で街中へ出かけたのに今週もまた出かけなければならないとは~


15年ほど前に在外選挙ができるようになりすぐに登録はしていました

(登録しなくても旅行中でもその地の大使館、領事館で投票ができるスイス人いいなぁ~)

2011年の福島原発事故以来選挙(すでに5回目)には以前と違って

国民の義務を果たしているヘルなのです。


そして毎月11日はいまだ放射能たれ流しの福島原発大事故の日本を片時も

忘れては、忘れさせてはいけないとこれからも声を出して行きます!



小池独裁希望の党やらの脱原発は信用できまっしぇん!

この党首は「オスプレイは平地が少ない日本には適している」と事故が

多いのでアメリカでは使われないものを進んで多数も買った大支持者ですねんよ

資源がない日本にはやはり原発は必要である」と言うに決まってますやん、











中学の時初めて見た阿蘇山の火口を思い出すベスビオ火山、

イタリアも日本と同じで火山が多く、地震も多く被災した中世からの建物は

そのまま朽ち果てている過疎の町や村は多いのですが、イタリアには原発が

ないので人間が住めなくなることはありません
、イタリア人はいいなぁ〜






いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif


関連記事
 
06
 
昨夜寝付かれなく、なぜか記憶というものの身勝手さを考えていたのです、すると今夜のニュースで今年のノーベル文学賞に日系英国人作家Kazuo Ishiguro氏の授賞が報じられたのでなにやら因縁を感じてブログにでも書いてみようかとかねっ、


そして、長年村上春樹氏の授賞が期待されている中でのこのカタカナ表記の日本人名の作家を日本人はどう取り上げるのか興味あるところです。


実は彼の作品は映画化された今日の題目の映画を観ただけで、原作の本を読んでみようと思ったのですが、アンソニーとエマの演技を再び観たく『日の名残り』のDVDを買っただけになってしまいました。


彼の作品にはジョイスオースティンとカフカの影響がみられるとこちらのTVではコメントしていましたが、滅びゆくものの記憶を辿るようであり、『私を離さないで』では限りある命への反逆の虚無感が漂う、なんとも沈痛で世界の果てを見せつけられる気がし、打ちのめされたドンケルブラウ(ダークブルー)のヘルブラウでした。


5歳の時両親と一緒に長崎から英国へ行き英語で教育を受け英語で本を書くというイシグロ氏に日本的なものをみつけるとすれば少し控え目で寡黙であるような気がしますが、作家にはそういう方は多いものだし特別視するほどのことではありません。


彼の宗教観は知りませんが、ただ感じられるのはキリスト教の世界観ではなく仏教の無常観のようなもの。。。











いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
24
 










老舗洋菓子店ガンブリヌス






カラスやドミンゴもこの舞台で歌ったナポリ王国の頃からの劇場







まだサマーセールのイタリアブティクがあり、ハンブルクにはない店の衣類を何枚か買ったよー、

そしてまだ残る傘専門店で彫刻のようなウサギさんの把手がつく傘も店主と話しているうちに
何も買わないで出て行くのもなんなのでナポリ土産に買っちゃったー








いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
21
 
南イタリアはまだまだ夏の真っ盛り

ナポリ港からフェリーで45分、着いたのはカプリ島



坂道電車で高台の中心地へと行くとそこは有名ブティクが並ぶ高級リゾート地、

香水製造の老舗の店もあり、ちと匂いも嗅いでみたよ〜



サボテンの実も食べれそうねっ、典型的な蓋?されたピッツァ、揚げピッツァも名物、




カカオが充実のアイスコーヒー、この海で泳ぎたかったのに水着を忘れたー




帰路のフェリーから見たベスビオ火山とナポリ港湾












ソレントへは地元の人は利用しない(料金が倍、とは言っても往復15€)

観光客専用のような電車(クーラー付き)で行きましたよ〜






ベスビオ火山をソレント側の湾からみるのもいいね~



路地ではレモンチェロ(レモン酒)が売られていて、ふくよかな鳩もパラソルで休憩





ここでヘルは勇敢にもまだどうにかいける着れるビキニで

最後に海へはシシリアかクレタだったか忘れたんやけど、

地中海へドブンと入っていきましたんだとさぁ〜、

その姿は皆様のご想像におまかせねっ、 笑





いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
18
 
ポンペイの遺跡では最も新しく発掘されたその名もミステリアスという館が遺跡の隅っこにあり

その壁画が、色といいモチーフといいなにやら古代人の息吹を感じそうでヘルは佇んでいました








煉瓦色の屋根の下がミステリアス遺跡で庭には柘榴の実がなってます









他のポンペイ遺跡で見つけたミステリアスもあげてみるねっ

女?、男?、庭に転がっていたんよ






死んだように寝ていた犬、 鷲に捕まった兎の井戸の蛇口










あらっ、この人もミステリアス!?、







さて、ナポリ4日目は


ポンペイの発掘品が満載のナポリ国立博物館はやはり観ておかなくちゃねっ!

ということで今回の旅での唯一の屋内見学です









庭に転がっていたオリジナルがあったよー、遺跡で見たのが迫力あったなぁ~、笑










まだまだあるのですが、もうUPするのがしんどいのでこれでおしまい!




いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
16
 



↑ 空港からのバスから撮ったナポリ中央駅近くのビルに干された洗濯物、
東京駅の近くではみられへんわ~、大阪駅周辺ではありえるかもねっ、笑

↓ 地下鉄の駅は芸術してますねんよ、そして料金が安い!(1,10€でどこまでも~)








路地が多く、小売店も多く、人々の生活の匂いが濃いんだよねぇ













↑ ミラノと同じような規模のギャラリー(古いショッピングセンター)もあるんですよ~







ドイツのばあさんへ

↓ がお薦めのトラトリアNennellaで、最初のアンチパスタの皿だけの写真ですが、次にパスタ
メインに黒鯛のグリル、トマトとオリーブのサラダ付き 、デザートに桃がでて、会計時
にコインを貰い店の横の屋台でエスプレッソが飲めるんです。皿は陶器ですがコップは
プラスティックなんですよ、19時半開店ですが19時には席につけるので早い方がいい、






いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
14
 
まだまだ死ぬ気配などみられへんのやけど、誰が言ったか今日のお題目の

「ナポリを観てから死ね」を思い出しイタリア好きがまだ訪れてなかった

ナポリへとちょっくらフーテンの旅にでております。


やはり欧州の南の果てナポリは太陽の輝きが違うもので

汗かきヘルはなんと塩気の粉が吹いてるんよっ、ギョッ!


ナポリといえばすぐにあのベスビオス火山の噴火で灰に埋もれ消滅した街

ポンペイへと第1日目(今回はナポリのホテルに7泊滞在予定)は出かけたのでした。


遺跡から下界を見下ろすハンサム青年像


横顔も素敵! 正面もなかなかいいねぇ〜












ちとミステリアスな写真は次回に、お楽しみに〜





昨夜は街中へ出かけるのが億劫でホテルのレストランで夕食すませたので、

今夜は3月に友人とナポリ旅行をした次女娘のお薦めのイタリア人の行列が

できるトラトリアへ行きお料理、サービス、それに格安料金(3ガングメニュー

12or15€、1ボトルハウスワインが3€ 、エスプレッソ無料)
全てに満足で

ほろ酔い加減で地下鉄に乗りホテルへ帰って来ました。



今日はこれで、Gute Nacht !




いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
11
 
6年と6ヶ月が経ちました








↓ 2011年6月11日の「グレーは淡青」

まだまだ放射能を出し続けている福島原発事故はいろいろとこの地球上の生命体への影響、現在の資本主義唯一の社会の歪み等なども学ぶことが多いこの3ヶ月だったような気がします。

アメリカからの押し付けであれ、素晴らしい日本の平和憲法を脅かす核保有の願望がこれだけ多くの原発保有の日本へと合法的に利権に纏わりつく政治家、企業人、学者の手により作られていたということが、この事故で悲しいかな思い知らされることになった世界最大の被爆国民です、しかし考えようによれば世界最初に放射能に最も意識を高めた国民となるような気がします。

アジアで運よく植民地にならなかった歴史ある日本がたかが電気のために国を滅ぼすことになるとは、到底言葉にはできません、しかし放射能とはそういう怖しいものかもしれません・・・

放射能を産み出すウランのこの地球での含有量は石炭、石油に比べるとかなり少ないもののようで、石炭、石油が無くなるという恐怖感を政策として国民に植えつけた戦後の自由民主党の責任はすでにうやむやで、当時対策が遅れた公害(CO2,水銀・・・)からの脱皮という大名目をかかげ、さらに最悪な公害への道を進んでいった日本国への警鐘なのかもしれません。




現在50%しか稼動されてない火力、水力発電所をフル回転すれば、まだ開発途中で供給が安定しない太陽光、風力の電気を当てにしなくても原発がなくても停電はないという、すでに40年以上も原発反対運動されている原子力学者の真摯な意見に耳を傾けない利権にどっぷり浸かった日本国民に、この期に及んでもまだまだ原発推進派の天下である日本国に救いはあるのでしょうか・・・




前の記事からもう一度↓

ドイツのTVのエネルギー問題の番組をみていたのですが、火山国(地熱)、国土の70%が山岳地帯(水力)、海に囲まれている(風力)日本であるから、原子力発電から他の電力への転換が世界でも一番早くできる国ではないかというコメンターがありました。



以上がリサイクル記事、






近くの教会での結婚式で運よく雨もあがり素敵な写真が撮れましたよ~







いつも応援ありがとう!更新の励みとなります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ br_decobanner_20090831040225.gif
関連記事
 
08
 
ブログを放っぽいているうちに9月も3分の1が過ぎていようとは光陰矢の如しですわねっ、



こちらはやけに冷込みまして今朝は暖房をつけましたんよ、

明日の夜はローリングストーンズの欧州ツアーの最初の公演が

ハンブルクの野外劇場で予定されているのですが、

寒いし雨も降ってるしジャガーも盛り上がらへんやろうなぁ~




ヘルは若い頃からビートルズ、ローリングストーンズは好きやないし

ミックの性欲丸出しの腰フリフリには嫌悪感さえありましたんよ、

そやから行く気は毛頭ないんやけど、チケットの高さにはビックリ!、



このブログの常連さんはご存知でしょうが、ヘルが好きなんは、

ピンクフロイド、サンタナのような身体の底からジワジワ、チリチリの

音楽で、ちと痺れて逃避していたような。。。 笑


↓ これはジワジワと思い出涙ポロリやわ〜







さて話はごく身内に戻るんやけど、


現在ウィーンに住む長女娘が友人の結婚式参列のためハンブルクに来ていて

明日は彼女のパートナーも招いて家でブランチなので、今日は定例の

ブリッジ会でもあるのでその前にテーブルだけ準備しました。









来週からはヘルはこの寒いハンブルクから逃避することになっているので

次回は太陽が輝く南イタリアからの更新があることでしょう、

期待戦止まっててねっ???(変換っておもろいわ〜、)

期待せんと待っててねっ!






理屈ではなく行動は大切よねぇ~


人気ブログランキングへ
br_decobanner_20090831040225.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
関連記事
 
31
 
蝙蝠ってヴァンピア(吸血鬼)を連想するんやけど。。。、ドラキュア映画の見過ぎかしら

館の中庭でのショータイム、羽を広げると1 m以上もあるコウモリやけど

飛ぶことをなぜか知らないコウモリで餌をやる人にしがみついているだけなんよ。。。



fc2blog_20170831035747286.jpg






ハンブルクから車で45分ほど北へ行くとBad Segebergという古い保養地があります。

ここにはドイツの昔の少年少女を夢中にさせた冒険小説(ドイツウェスタンのようですが、

アメリカのとは違いインディアンがヒーローなんよ、sehr Gut !
)を書いたカール・マイ

の野外劇場があり今でも夏場のハンブルク近辺の子どもたちのお楽しみの場所なんです。










そこのお隣にあるのがコウモリが最大2万6千匹も住んでいたという洞窟で

洞窟の中は平均気温が9度で側をスゥーと飛んで行くコウモリにキャーと

叫ぶおばちゃんもいたよ~
















やっと洞窟から抜け出て、これから近くの湖に面したSeeHotelに行きゼクトでプロッス





昼食はビッフェ式でスープ、前菜、魚、肉(焼きたてを切ってくれました)、デザート、

試合の途中でCafeタイムもあり、満腹でブリッジするよりお昼寝したかったわ〜










試合の結果はどう?、って

パートナーとうまく橋がかけれなく、トホホの結果どした、 汗




br_decobanner_20090831040225.gif にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ







関連記事

プロフィール

ヘルブラウ

Author:ヘルブラウ
hellblau
Willkommen!、 ようこそ!

時々、淡青、浦島花子、赤銅鈴子、ハン子が書きます。

CIMG4080.jpg

2008年2月末ブログ開始

真面目には書いていますが
しょせん戯言でございます。

記事と写真には著作権があり、
無断使用は固くお断りします。

個人ブログなのでコメントは
管理人の判断で削除することが
頻繁にあります。


br_decobanner_20090831040225.gif

↑ クリックいつもありがとう!


毎日一句をめざす!
別亭「淡青の五七五」へも
どうぞお立ち寄りください。


広島のしおまち書房より
2014年2月27日出版

出版物 : 「淡青の五七五」
詳細は→「ここ」と ☝︎



私設の蚤の市
「古今東西骨董我楽苦多店」
20110222171218729s_20130122063207.jpg
NANTEIさん作淡青姐さん

↓ネットショップ
「古今東西骨董がらくた堂」
_ヘル(3)
NANTEIさん作マスコットガール






 ホームスティのご案内、

DSC01111 (640x425) 

一室、女性二名可、連泊は三日まででシーツ交換なし、

ネットフリー、広くて清潔な部屋、ガウン、タオル等付き、
朝食なし、台所は時間決めで使用可、浴室はシャワーだけ使用可、トイレはゲスト専用有、 

初日は最寄の駅まで車でお迎え、歓迎のワンドリンクサービス

料金は一泊25€、案内ガイド希望は特別料金で、家の中の古今東西骨董我楽苦多店も見学可、


しかし、ホテルのような合理的な快適さは期待できませんのであらかじめご了承ください。

詳細はコメント(メールアドレス明記)でお問い合わせください。

hellblau 亭 in Hamburg

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去記事(ログ)スクロール

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

Copyright © ヘルブラウ / Designed by Paroday